HOME   »  設備&器具
Category | 設備&器具

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィルターチャンバー交換

 活性炭、リン酸除去剤のフィルターにフォスバンリアクターをつかっていまいたが、Oリングがへたり、ふたから海水がダダ漏れになってしまったので、フィルターを交換しました。

フォスバンでもよかったのですが、こちらのほうが安くて大きかったので・・・・・

12122401.jpg 
MMCが販売しているH2 Oceanのリアクターです。

いろいろ入っています。
12122403.jpg 
フォスバンと違って、ホース、逆止弁が付属していました。
おもちゃ品質ですが、ボールバルブも付属しています。
3回くらいコックを回していたら、中のゴムがよれてしまい使い物にならなくなりました。

12122402.jpg 
スポンジは荒目の細目が2種類。
入れるメディアによって使い分けます。

12122404.jpg 

底面
12122405.jpg 
ペレットリアクターになるだけあって、渦ができそうなそこの形状です。

2本直列に接続しています。
12122406.jpg 
ちょっと大きいので、サンプにふたができなくなりました。
ボールバルブはフォスバンの物をそのまま使っています。

久々の用具ネタでした。


スポンサーサイト

ネタがあるようなない様な

サラサハタ、元気です。

11071104.jpg
隣にいたパープルファイヤー、飛び出しました。
いまだ行方不明です。
実はこの水槽は背面濾過なのですが、背面の濾過槽まで飛び出しました。
濾過槽のコケがひどくて生死が確認できません。
念のため、エサだけはばらまいています。


サラサハタ、とっても元気なのですがこの隔離槽から逃げ出すすべを覚えてしまったみたい。
すでに2回脱獄しております。
幸いエサになった子はいないみたいですが、脱獄中はどの魚も岩陰から出てきませんでした。
家内によると自分で出て、自分で戻ることもある?みたいですが私は確認していません。


シャバには、食べごろのハゼたちが何匹かいるのでエサになる前に、監獄の補強をしました。

11072501.jpg
飛出し防止用フタ。
先日のパーツの残り物で作成。

11072502.jpg
エサ用の窓も作りました。
思った以上の出来に自己満足しております。

新たな水槽も無理なので、当分はこのスタイルで継続します。

電磁弁を変更

DIフィルター破損事故の改善その2です。
前回、リレースイッチを変更しました。

今回は、そのリレーに接続する電磁弁の変更です。
今までは、2ポート電磁弁を使用していました。
11062907.jpg

今回は3ポート電磁弁に変更です。
11062902.jpg

11062905.jpg
手前がCOMポートで入り口側、その反対側がNCポート
さらに上に飛び出すポートがNOです。

NC:normal closeで、通電時のみ弁が開きます。
11062903.jpg

NO:normal openで、普段は開いていて、通電時のみ閉鎖します。
11062904.jpg

我が家では、NCをメイン水槽に接続し自動足し水、NOを水換え用タンクに接続しました。
今までは、非通電時には二つの出口がいずれも閉鎖しておりフィルター内の圧が高い状況が考えられましたが、このポートの使用で、いずれかは必ず開いている設定です。

そして、この電磁弁はフロートスイッチとは関係ないタイマースイッチで動作するのでチャタリングは起きないはず。
一定時間のみ開いて、時間が来たら閉じる設定です。

さらに、電磁弁の上流にチェックバルブを装着しました。
11062906.jpg
理屈では、DIフィルターの圧は上がらず、電磁弁開閉による水の逆流も起きないはずです。
電磁弁の信頼性が不明なので、メイン水槽につながるラインには、今までの電磁弁もつけています。

結果的に、こんな感じの配管図
11062908.jpg
自分の中では、ちょっとだけシンプルになった気がしますが、依然として難解、複雑のままです。

リレースイッチを変更

DIフィルターの破損トラブルの続きです。
何が原因かはよくわかっていません。
電磁弁を外すとなると、水位コントロールのために全く別の手段が必要になりそうなので、電磁弁を使用しつつマイナーチェンジで対応しようかと思います。

まずは、リレースイッチを変更しました。
原因の一つにフロートスイッチと電磁弁のチャタリングが関連している可能性を考え、リレーをディレイONタイマー内蔵型に変更しました。

今までは、OMRON LY2Nを使用していましたが、フロートスイッチのONから0~120秒(調節可能)遅れてリレー側がONになるタイマー付のH3Yに変更しました。
11062701.jpg
11062702.jpg

Yamamoitchの時はAKBまで行ってアルミケースを調達しましたが、今回は絶対にさびない樹脂性
11062703.jpg
超~安上がり


穴あけ加工を追加して、リレーを納めると
11062704.jpg
ギリギリでした。

11062705.jpg
穴はふさいでいませんが、ふたをしっかりすれば、なんちゃって防水に。
リレーの動作状況はLEDで確認できます。

これで、リレーボックス出来上がり。
リレーとソケット、もろもろ入れても5000円はかかりませんでした。

自己責任でやってます。


浄水器のバージョンアップ

先日、浄水器をインラインタイプからハウジングタイプにバージョンアップしたのは記事した通りです。
11030502.jpg 
インラインタイプのセディメント、カーボン、DIフィルターが10インチのものより割高と感じている方も少なくないはず。

私の場合、初めにM社の浄水器を購入しました。この時はセディメントカーボン+ROメンブレン(75G)の組み合わせ。次に、Kショウテンのコンパクトタイプ(100G)を購入、ここでDIフィルターまでそろえました。1年半で100GPHのメンブレンはいかれてしまい150Gに変更しました。

もしかしたら、このメンブレンの交換が良くなかったかもしれません。
メンブレンの精度がおちてDIフィルターにかかる負荷が大きくなっていたかもしれません。RO/DIの産生量は増えたのですが、DIフィルターの寿命が短くなったような気がします。

プレフィルターやDIフィルターのコスト削減を求めて、ハウジングタイプに変更する決心をしたわけですが、また一式そろえるのではコストがかさみます。
希望としては、価格も馬鹿にならないメンブレンフィルター、メンブレンハウジングをそのままに、プレフィルターおよびDIフィルターのハウジングのみを購入すること。

いろいろネットで調べていたら、私の希望をかなえてくれるお店がありました。

良品生活 さん

非常に良心的なお店です。
上の写真、3本の10インチハウジング、金属製のブラケット、その他JGのコネクター類一式。新たに購入したものです。
ハウジングの色(白、透明)、キャップの色(白、黒)などなどお好みで選べます。

逆に、ブラケットの上に載っているメンブレンハウジングは以前から使用していたものです。

出来合いのものではないので、少々は自分で組み込むことが必要ですが、十分に満足のいく品物です。
しかもお値段が安い。

HP上に公開されている値段を一つずつ足していけば、おおよその見積もり計算は可能です。現在発売されているどのハウジングタイプよりも安価で、ハウジングタイプの浄水器が手に入るはずです。相談すれば何が必要かも親切に教えてくれるはず。

しかも、アフターサービスまで良くしてくれます。

実は、初期導入した際にDIフィルターが破損するというトラブルに見舞われましたが、その件について相談したところすぐに新しいDIフィルターを郵送していただきました。
その時、別のインナーシェル(入れ物)も一緒に送っていただき、トラブルに見舞われたイオン交換樹脂を詰め替えて使用していました。(写真左)
11032101.jpg 
詰め替えをしても、結局元々の量すべてを入れることができず、1~2割程度は樹脂の量が少なくなってしまいました。
もしかしたら、RO/DIのリン酸が高めなのは、このもったいない精神のために捨てそこなったフィルターが原因かも?と思い、交換してもらった新品のフィルター(写真右)に交換しました。

一応、高流量タイプとのことです。
11032102.jpg 
今までとは、ちょっと違った雰囲気でいい感じ。
大事なのは、見た目より結果ですが・・・・・

ちなみに三島の水道水:0.58ppm(HANNA)もあるんです。
今までのフィルターだと、出来上がりのRO/DI水のPO4が0.28ppm、ちなみにこの時点でもTDS:0~1でほぼ0

今日、新たにフィルターを交換してみると、0.14ppm(HANNA)と約半減。
交換した効果は出ているようですが、0ppには程遠い。
ちなみに、ROメンブレンの後、DIフィルター前のTDSは5。
DIフィルター後のTDSは、0です。

DIフィルターってこんなものなんでしょうか?
ネットで見ていても、0になる方と0にはならない方に分かれるようです。

もしかして、うちのメンブレン逝かれていたりして・・・・




Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。