HOME   »  Seneye
Category | Seneye

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Seneye Android アプリ登場

このネタにどれくらいの人が関心があるか・・・・
今となってはほとんどどうでも良い様なseneyeにやっと登場。

seneyeのandroidアプリです。

当初私が購入する前(かれこれ半年前)の広告にスマホ対応がうたわれていたので、やっとといった感じです。
今朝、Google Playがら取ってきましたが、ダウンロード数が10+でした。

果たしてどれくらいのユーザーがいるのでしょうか?

Log in
12071801.jpg

先日、seneyeのPC用アプリがver. 1.26にバージョンアップしました。
ずっと安定しています。
大したメンテもしていませんが、データはlogされているようです。
12071802.jpg

pHは、センサーが期限切れなのであてになりません。
もともと感度が良すぎて??高めに出ているので、やっと本来の数値に近づいた?
12071803.jpg

水温もほぼ実測通りです。
照明は消えている状態なので、いずれも0を示しているのはある意味正しい値です。

センサーとしては、高級水温計に成り下がっていますが、ブログのネタとしてはもう少し遊べそうです。

スポンサーサイト

復活しました。

無くなったように見えた1か月分のデータ。
supportにメールして、直してもらいました。

12030101.jpg
温度計のデータです。
何らかの原因で、不良データが書き込まれるとそれ以前のデータとのつながりが取れずグラフが書けなくなってしまうようです。
データが無くなったわけでは無いので、sever側で何らかの操作をしてもらえれば修復できるようです。

今のところ、メールして24時間以内に復旧しています。
最新バージョンのコントローラーだと、その現象は改善するとの事でした。
ただver.1.19は、ver.1.18よりフリーズしやすい様な気がします。

でもって例のrestarterなるソフトを併用しているのですがなかなかうまくいきません。

seneyeがフリーズすると、PCをrestartしてくれる所まで行ったのですが、再度seneyeが立ち上がってモニタリングを開始する所まで行けてません。
まあ、まじめに設定してない事が原因と思いますが、なかなか面倒で・・・・・・

seneye+交換しました。

さすが大人の対応ですね~
質問した訳ではなかったのですが、素早いお返事ありがたい限りです。

新しいBPリアクターが発売される模様、楽しみですぅ。

国内では発売が見送られそうなSeneyeですが、今の完成度ではしょうがないでしょう。

12022901.jpg
今日のpHのグラフです。
いつの間にかFeb.24以前のデータが無くなりました。1か月間のデータどこ行ったのでしょう?
これで、データが消えてしまうのは3回目。
前の時はメールしたら復活していたけど・・・・すべてのユーザーそんな対応しているのだろうか?

2月25日にpHとNH4のセンサーチップ(seneye+)を交換しました。
pHががくんと落ち込んでいる部分です。

交換直後の24時間の測定値は全くあてになりません。
それでもアラートメールはきました。

古いチップではpHが8.5あたりに高止まりしていましたが、新しいものに変えたら8.3前後に落ちつき照明によるpHの変動が確認できるようになりました。
前は、4、5日でこの変動が消えてしまいましたが、今回はいつごろまで持つでしょう?
待っているうちにデータが飛んでしまうかも知れませんが・・・・・

バージョンアップされました。

こんな記事を書いた事と関係ないとおおいますが、Seneyeのコントロールアプリがver1.18から1.19にバーションアップされました。そして、ソフトのフリーズ対策も・・・・・

旧バーション
12012602.jpg

新バーション
12022701.jpg

センサーそのものは、キャリブレ不要のはずなのに、アジャスターがつきました。
ちなみにpHは0.1単位、温度は0.01度単位で計測値の補正が可能となりました。

これは、今まで使っていたセンサーとのマッチングを考えるとうれしい機能です。
seneye+のチップをかえても、pHは相変わらず高めの数値ですが・・・・・・


もう一点。
アプリのコンフリクト問題、どうも私のPCの不具合ではなさそうです。
seneyeのHPにフリーズしてからの対策方法が紹介されています。

http://www.knas.se/Applications/Restarter.aspx

これって、なんの解決にもなっていないような気がするけど・・・・・
こんなのアリ?

Seneyeの照度計をネタにできない訳

Seneyeに飛びついてしまった理由の一つが照度が計測できるからです。
計測できる単位はPAR、LUX、ケルビンです。

PARとは?光合成有効放射の事らしいのですが・・・・・・・?
LUXとは?1平方メートルの面が1ルーメンの光束で照らされるときの照度の事らしいのですが・・・・・
KELVINとは?これは時々出てくるのでなんとなく

なのですが、そもそもPARとかLUXが良くわかっていません。
まあ、なんとなくケルビンくらいが計測できればいいのかな?なんて思っていたのですが・・・

にも関わらず、なぜ記事にしていなかったのか?



理由は簡単。

計測値がうまく保存できないからです。
厳密にいうと、保存したデータが閲覧できないからです。


コントロールソフトには、照明データを保存できるようなボタンがあります。
12012113.jpg
フロッピーのマークがそれ。
このボタンを押すと、押してから5秒後のデータが一応保存できます。
データに名前も付けられます。
しかし、そのデータがどこに保存してるかも分からなければ、どうやって見るかも分かりません。



で、Seneyeに問い合わせたところ。
保存したデータは、Seneye.me(サーバー)に保存されるようです。私のデータもちゃんと保存されていると返答をもらいました。ただ、そのデータの閲覧には、現在のソフトが対応していないとの事・・・・・つまり見えないと。

次回のバージョンアップで正式対応するのでそれまでは、保存したデータを見ることができません。
でも、確実にデータは保存できているから心配するなみたいな返事帰ってきました。



もう一つデータを保存する方法に、計測中のデスクトップ画面をスクリーンショットで残す方法があります。
ただし、これを一人でやるのは大変です。
センサーは、水中で計測することが前提になっています。
片手を水槽に突っ込んだまま、PCのFn+Ctrl+Print Screenの三つのキーを同時に押すのは至難の業です。
下手したらPCが海水まみれになって・・・・・・・怖くてできません。
これを実行するには、どうしても大人の手がもう1本必要なのですが、ここはちょっとした家庭の事情が・・・


というわけで、seneyeのdeviceを水面に水平に保持しながら測定値を確認することができないので記事にできてません。
ちなみに
12012113.jpg
虹色のラインは、計測値ではなくて、理想値?のようです。
グラフ内のグレーのラインが計測値の様です。
ケルビンの枠が黄色ですが、測定値によって色が変わるようですが、いまいち確信がありません。

先日のSeneyeへの問い合わせでは、次回のバージョンアップではLED照明用のモジュールが追加されるとの事です。


家庭の事情が許せば、測定値を記事にしてみたいと思っていますが・・・・・

Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。