HOME   »  45cm水槽(タツノオトシゴ水槽)
Category | 45cm水槽(タツノオトシゴ水槽)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半リセット

GW明け頃だったでしょうか
2匹いたカリビアンシーホースがいなくなってしまいました。

給餌量が減ったことと、サンゴ水槽にうつつを抜かし手が回らなかった事が原因かも?
最後は、転覆病?みたいにおなかが浮いてしまいしっかりと泳ぐことができなくなっていました。

1匹が逝ってしまうと、翌日もう1匹が後追うように。
可哀そうなことをしました。



そのあと、水槽のほうは放置状態。
ヘライワズタがうっそうとしています。

10060502.jpg

上から見ると一見きれいそう?に見えるこの水槽も
前から見ると・・・

10060501.jpg

ひどすぎる。
海藻によるグリーンカーテン作戦は、思いのほか効果があり、水面まで覆い尽くす海藻で底砂にはほとんど光が入らず、結果的にLEDでも飼育可能であったディスクが半部くらい溶け、スターポリプもほとんど枯れました。
ガラス面はシアノで覆われましたが、底砂には全くコケが生えませんでした。


ただ、そこまで繁殖させると陰日のヤギにも葉が絡み、とても観賞に堪えるものではなくなります。
結果的には、このサイズの水槽で試そうとしたこと自体が無謀だったみたいい。

とい、いうわけで切れさっぱり掃除しました。

10060503.jpg

さて、何入れましょう。
さすがにタツはやめておきます。
スポンサーサイト

タツ水槽のその後

立ち上げの時、あんなにきれいだったタツの水槽。
09101304.jpg  09110501.jpg

って、見返してみると・・・・・・・・・・そうでもない。


ヘライワヅタばっかり増殖し、色目のヤギは徐々に減退してしまいました。
10020901.jpg
結局、アマモのグリーンカーテン作戦は失敗に終わりヤギコーナーにも日光が差し込んでいました。ヤギにまとわり付くトロロ藻が処理できず、藻を取っているうちにヤギも枯れてきてしまいました。

赤味が無くなった事との因果関係は不明ですが、スーパーオレンジだったカリビアンも
09102802.jpg


いつの間にか
10020905.jpg
ただの茶色・・・・・・・・・泣。


オレンジ復活を願って、赤味を追加しました。
10020904.jpg
メインは、オレンジ-ピンクのオキノセキ、水槽中央にドカ~~ンと。
右上はジュウジキサンゴ。
そして前面には、フトヤギっぽいヤギsp。

これに赤色LEDが加わると
10020903.jpg
一気に華やかになりました。

ヘライワヅタを無理やりキスゴムにくくりつけてグリーンカーテンに。
10020902.jpg
斜めから差し込む蛍光灯の明かりが月光のみたい?
結構気に入っています。

キサンゴ、イボヤギ系は非常に丈夫なので当分楽しめるでしょう。
ヤギ系には給餌もしていましたが、それでもなかなか維持するのが難しいかったです。
エサのあげすぎもダメみたい。

結局、ハードな陰日系を中心にしました。


ちなみに、
10020906.jpg
カリビアン1号はこんなに茶色になってしまいましたが


カリビアン2号は
10020907.jpg
なぜかオレンジがキープできています。






ところで、昨日紹介した水換えタンク。
タツ繁殖用水槽のポテンシャルを秘めていることに気付いたあなた。

マニアですねぇ

カリビアン水槽

今日の夕刊にサンゴタツの記事を見つけました。
アマモの密生する藻場が絶好の生息域とあります。

ウチの水槽にも、アマモの密生を夢見ていましたが、夢で終わってしまいました。
立ち上げ当初には10株ほど植えました。

09101301.jpg 09102402.jpg 09102401.jpg

前面にセンナリヅタ、ヘライワヅタ、背景にアマモです。
センナリズタは早々に溶けてしまいました。小株だったヘライワズタが爆増しています。

今は、こんな感じです。

09120702.jpg

アマモは、日に日に枯れていきました。
葉は青々としているのに、根と茎(の間で枯れて溶けて、葉っぱだけが水面を漂う。
その繰り返して、先週最後の一株もなくなってしまいました。

たぶんダメだと思いますが、今後の新芽を期待して根は植えたままにしてあります。

一方、ヘライワズタ。
これは、ものすごい増殖力です。

すでにヤギコーナーにまで根を張っています。
写真は昨日のものですが、すでに2回ほどトリミングをしています。

一部は、上段水槽に入れていますが、土(砂)が無くても水耕栽培でバンバン増えていきます。

上段水槽
09120701.jpg

影が出来るくらいに繁殖しています。
トリミングした藻は、ウニの餌にしています。

分かります?
中にいるのは、餌エビ。


さ~て、何匹いるでしょうか?
続きを読む

Janss' pipefish

本日のタイトル ”Janss' pipefish” ですが、
”ヤンシーズ パイプフィッシュ”
と読むらしいです。

てっきりチャイニーズ系の 楊(ヤン)さん と関係があるのかと思っていましたが違うみたい。
ちなみに マダム楊 の楊はYangと表記するらしい?


09110901.jpg

水槽立ち上げのときからいるのですが、岩陰に隠れていることが多くなかなか出てきてくれませんでした。
昨日、給餌のアミエビを放流したら、そろそろと顔を出してきたのでパチリ。

何を食べているのか良くわからないのですが、コペを流すとつまんでいるようです。

09110902.jpg

綺麗なんですがほとんど泳いでくれません。
壁際を行ったり来たりで、ほとんど岩陰に隠れています。


ヨウジウオってクネクネもっと泳ぐ魚だと思っていました。

正解です。

コメントを頂いた皆さん。
つまらないクイズにお付き合いいただきありがとうございました。


難しいと思います。
自分でも、実際に写真を取っていなかったら分かりません。


上の方で背を向けているオレンジのカリビアンはすぐに分かると思います。

ポイントは、手前の赤いヤギの裏でした。

09110502.jpg
(問題に出した写真とは別の写真です)

ヤギの真ん中に、白っぽい個体が分かるでしょうか?
これが尻尾を巻きつけているイバラタツです。

そして、その個体のすぐ左に同じように下を向いているオレンジの個体がいます。
続きを読む
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。