HOME   »  2008年05月
Archive | 2008年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予告

今週末、お魚10匹投入予定。


では無くて、到着予定でした。



とうとう、アカネハナゴイ 1匹になってしまいました。
いったいダレが・・・・・・・・

ハマクマノミ・・・カクレたちを次々傷物に。
隔離しました。

やはり、いじめっ子を隔離するのが定石ですね。

領土争いをしていたイソギン。2匹。
カクレの新居になっています。

ハタゴがいなくなって、およそ半年。
ホームレス状態からの脱却です。
スポンサーサイト

昨日のネタの続き

昨日、書ききれなかったことがあるので、というか書き忘れ。

水換え直前の水質。

pH:8.2
NH4:0-0.25ppm(ほとんどキイロ)
NO2:0.05ppm
NO3:ほとんど0
比重:1.024(屈折計:20度補正)

でした。

水換え後の水質

測ってません。

比重は補正値の1.024は、24度では、1.023に相当するみたいなので、適当に薄めていましたが、偶然にも理想値。水温が、5度違うと、比重にして0.001程度変るみたいです。

手持ちの屈折計が、自動補正機能付きなので、勝手に20度に補正してしまいます。
比重はその値も大切なのですが、それよりも安定のほうがもっと大切ということなので、しっかり維持したいと思います。


私が水換えで使用したこちらのケース。

08052501.jpg

ホームセンターで1980円で購入したゴミ収容ボックス120Lタイプ。

ダメです。

水をためるとケースが変形し、フタもできなくなります。
ヤワヤワ。

内部の仕切り板もあって、これでと思ったのですが、、、、、、、、
今後同様のものを購入される予定の方、つくりがしっかりしているものが良いですよ。

ウチでは、本来の用途に使おうかと思います。

100L、200L水換えしている人って、何使ってるんでしょうね?
ローリータンク?

もう一点はこちら。


続きを読む

42匹 いきまーす!

水槽立ち上げから2週間。
色々、やりました。

普通のブログであれば、4日分のネタが詰まっています。

まずは、初水換え
一応、150Lのつもりで、先日からRO水120Lを貯めました。

残りは、天然海水。

でも、塩が足りませんでした。

いざ、塩を溶かそうとしたところ、90L分しかありません。

ストップするはずのストッパーもうまく働かず、、、、、、、多くの水を無駄にしてしまいました。

それでも、90L分。激しい雨、風のなか海水を作りました。

それも、本日到着予定の40匹のため。


 配管のテストも兼ねて

08052501.jpg
まずは、屋外で海水を作ります。
クーラーと同じスリーブを通して、屋内へ

08052502.jpg
写真、中央の右からの配管が屋外とつながる配管。

08052503.jpg
バルブ操作で、オーバーフロー管へ流れ込みサンプへ。

この後、サンプ循環で、水温調整を。

08052504.jpg
てっきり、温めるものと思っていたら、いきなり25.5度
クーラーが動き始めびっくりです。

暑かったんですね。

ここで、サンプ循環の本領発揮

10分後

08052505.jpg
24度まで下がりました。

無事、水換え終了。 バルブを3つひねって、本循環へ。
でも、思ったより時間かかりました。

 


 

 水抜きをしたついでにこんなこともしてしまいました。

08052506.jpg
全く、問題なく動いていましたが、水流低下の原因になっているため、実働2週間で撤去です。

08052507.jpg
今後、大幅に変更するかもしれませんが、とりあえず、同じ長さにチーズを切り、配管(仮?)

チャンバーと塩ビジョイントの恩恵にあずかりました。

配管作業中も循環は回したままの作業です。
差し替えも、ジョイントを外して楽々。

変更作業自体は、およそ10分程度で終わりました。
もちろん、ジョイントを外したときは、水漏れしますが、想定の範囲内で問題なし。

もともとコーナーボックスへの配管ですが、表層には十分水流があるので、下部(SWM付)にのみ給水。
上部は、管内が止水にならない程度に少量の循環です。

この1週間、色々とバルブ調整を行い、そこ砂の粒が流れに乗って動く程度の水流は出来てきました。
それに伴い、その砂の厚みにもムラが出来始めています。


ここまで、引っ張った本日の本題。

 

続きを読む

アサリの使い道

先日、知人からアサリをいただきました。
今回は浜名湖産。

以前には、比較的大きいものを水槽に入れました。
以前の記事は、
こちら

ちなみにこのときのアサリ、まだ活きていると信じています。

今回の物はやや小ぶり。

08052401.jpg


このアサリたち、今回は水槽に入れず、こうしてみました。
続きを読む

領地争い

新水槽も、ちまちまやってますが、今はじっと我慢の時期なので大したネタはありません。

で、波紋を写してみました。

08052101.jpg


弱いながらも、ランダムな流れはありそう。
評価するものが無いので・・・このまま。

底砂が掘れてしまうほどの強さはありません。

SeaSwirlはストレートに繋ぐべきでした。
今後の課題の一つです。

で、今日の本題はこちら。
続きを読む

水質検査

水槽に大きな変化はありません。
底砂、ライブロック投入後、スキマーのバブルがはじけてして、ポンプの出力を絞って調節していましたが、最近やっと落ち着いてきました。

立ち上げから、1週間が経過し水質を測定しましたので御報告

pH:8.2
NH4:0-0.25p.p.m.
NO2:0-0.05p.p.m.

です。
でも決して0ではなさそう。

NO3はまだ計っていません。

アンモニアは、3日前よりやや薄くなりました。
が、ほっておくとうす緑になります。
亜硝酸は、入れた瞬間から薄い青に変わりますから、少なからずバクテリアの活動はありそう。

08051901.jpg


ライブロックにくっついていたシッタカも元気。

もう一週間、じっと我慢します。

水の蒸発も激しいです。
比重は、1.022程度まで調整してきました。

そろそろ、例のものも完成させなくては・・・・・・・
といっても作り方が???????

自動給水に使うフロートスイッチと電磁弁にリレーって必須なんでしょうか?
そのリレー回路ってどうやって手に入れるんですか?

誰か、教えてください。

New Marine Aquarium

本日より、New Marine Aquarium のカテゴリーを追加しました。

立ち上げ中の水槽の経過を報告します。

ほぼ水も透き通り、予定通り??アンモニアも検出されています。
ちゃんと、消失するのか不安になりますが、ここはじっと我慢。

まずは、2週間は見守りたいと思います。

ちなみに、アンモニアは、Red Seaの試薬で、上から2番目。
15分では薄い緑。

時間が経つと、ちょっと濃い目の緑です。
(写真撮り忘れました。)

で、現在の水槽は、
続きを読む

悪魔の水槽

現在、回している45cm水槽

タイトル通り、悪魔の水槽のようです。

一昨日、アケボノハゼがいなくなりました。

気づいたときには、すでにイライトイソギンの餌に。

肉片をハマクマノミとマルチが争奪戦。

おやっと思ったときには・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、1週間に1匹の割合で、生体が減っています。



結局争奪戦は、ハマクマノミが勝って、イソギンチャクに餌をあげたのですが、それを脇で見ていたホワイトソックスが、イソギンチャクの中に手(足?)を入れて、横取り。

お肉を両手に頬張り、ライブロックの陰に隠れていきました。

まさしく、海老の利を得た形です。


写真の無い、文だけのブログって映えませんね~~~~。
すみません。


では、すまないと思いますので、こんな写真を。
続きを読む

底砂

立ち上げから、2日間経過しましたが、初日からやってしまいました。

ヒータートラブル・・・・・・・・

我が家のサンプ、ちょっと特殊で、メインポンプ、スキマーポンプを回して、初めてすべての水が循環するのですが、、、、、

バクテリア製剤投入のため、スキマーを一晩停止。
朝、起きてみると水温が21度とやや低め、、あれっ?

スキマーを停止したため、ヒーターの設置槽(第1槽)に水が循環していません。

が~~ん。

ほとんど、お湯?

ここで、良く考えて、この海水を捨てればよかったのですが、慌ててスキマーのスイッチをON。

水温には、ほとんど影響は無かったのですが、この温まったサンプには、一昨日のあまり物を入れていたのです。

このだし汁が水槽内へ・・・・・・・・・

後の祭りです。

水が若干にごっているのですが、この水のせいなのか?バクテリアのせいなのか?単なる初期の濁りなのか・・・・・判定するすべも無く、

活性炭だけサンプにぶち込みました。

当然、入れてあったライブロックの残りも破棄。
実際、どれくらいの水温になっていたかは?

夜は、結構寒かったからな~~~~。

バクテリア入れたばかりで、水換えするのも・・・・・・

アンモニアが、あまりに高ければ、水換えします。

と、経過報告。

本日は、こちらを紹介。

続きを読む

立ち上げ 最終章

本日、届いたもの。 第1弾。
C.P.F.のライブアラゴライトサンド。

CPFのライブサンド、最近サンゴ砂からアラゴライトに変更。
注文時点で始めて分かりました。

で、来た物がこちら。

08051001.jpg

HPの写真でもそれとなく感じていましたが、砂自体はパウダーというよりは、若干粗目。
色も、やや黄色っぽく、砂浜のイメージです。

砂自体は、しっとりとして既製品のライブサンドと殆ど同じ。
果たして、この中にプランクトン? って感じでした。

これなら、プランクトンパックでも良かったかもしれませんが、CPFのバクテリアは、通常のバクテリア製剤よりも良質らしいので、これはこれで。

追加したところがこちらです。

08051002.jpg
水槽前面

08051003.jpg
水槽後面

当初の予定より、2cm程度、多くなりました。
水槽前面で、7~8cm、水槽後面で、10cm~13cmになりました。

深層の白い砂がカリブシー、表層が、CPFのライブサンドです。
表層は、白いほうが好きなので、さらにパウダーを5mm追加。

折角作ったアクリル剣山、ライブロックリフトの役割よりも、沈み込み防止としても役割になりそう。

と、同時にもう一品が到着しています。

これが、予想以上に絶品。

続きを読む

いよいよ明日は、、、

GWのバブルの様なアクセスも一段落し、いつもの皆さんのアクセスに落ち着いてきたようです。

スキマーの活躍もあり、水槽のにごりもほとんどなくなりました。

サンプには、白い粉がたまっています。
これって、カルシウムの元になるだろうか?
一瞬、掃除するのを躊躇しています。

明日は、例のものが到着予定。

我が家の水槽もやっと日の目を見ることができそうです。

照明 点灯

配管作業も大詰めを向かえ、ほとんど立ち上がりと言って良いところまで来ています。
水槽のラップをガバッとはがしたい衝動を抑えつつ、逆にストレスがたまりつつあります。

この連休中は、主に電気周りを設置しました。

08050702.jpg 08050701.jpg 080500703.jpg

名づけて、パワーコーナーです。

もしもの時に水はかぶらないように、電源、コード類は高い位置に設置しました。
キャビネット内にもタップがありますが、メンテナンスを考えて、こちらでON-OFFが可能なようにしてあります。

一応、2系統から電源を取っています。
各々が、30Aの容量。 足りると思うんですが・・・・・・

で、設置したものがこちら。

続きを読む

下準備 Part 2

皆さん、コメントありがとうございます。
水槽には、水もたまり、準備?は着々と進行しております。

皆さんのご意見では、海水を回し始めた時点を水槽の立ち上げ記念日としている方が多いようですが、、、、、
で、現在の状況。

こんなになってます。

08050401.jpg


続きを読む

下準備 Part 1

現在、純水を貯めています。

貯水量から時間純水生産量を計算すると、約13L/hrです。
浄水器の排水、純水の比率を2.5:1程度にしているので、こんなものでしょうか?

もっと、生産量を増やすことも可能ですが、しばらくはこの設定で。

で、明日には、塩を溶かすことが出来そうですが、その前に下準備を行いました。
続きを読む

実験 と 検証 と ?

一応、あく抜き、通水試験終了しました。
スキマーからの漏水、皆様からアドバイスをいただきましたが、シールテープのみで今のところ漏水はありません。再発するようであれば、御指導どおり改修してみます。

結果的には、初めてやった塩ビパイプでの配管作業。大きな水漏れも無く終了しました。
まさか、こんなにうまくいくとは?です。

といっても、使っている倍以上の配管材料を無駄にしました。
でも、だいぶこつもつかめ、今後、配管変更もそれほど苦にせずできそうです。

丸3日間水道水を回しましたが、すでにかすかなにおいを発している様な気がして、早速水道水抜いてしまいました。

その前にいくつか、実験をしています。
続きを読む
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。