HOME   »  2008年08月
Archive | 2008年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアクター生産水 メモ

その後、リアクターは安定の方向に行っているようです。
少なくとも、飼育水にはも急激な変化は起きていないようです。

DateAug 28Aug. 29
Ca reactor
CO2 (/min)1414
Outlet rate (/min)60100
pH6.66.8
Alk18-
Ca675585
Aquarium  
pH8.08.1
Alk (/min)1.82.0
Ca (/min)375-

ややpHが下がってきたので、drip rateをあげたら、良い感じになってます。


今のところ釘は入れていないのですが、wario7さんのリンクを追加させていただきました。
スポンサーサイト

リアクター設置のその後、のその後

やはり、昨日の仮説 「メディア洗浄液 測定疑惑」 は正しかったようです。

昨日の朝、二酸化炭素の滴下量を

CO2:18/min
生産水:70滴/min

に設定しました。
およそ、12時間後のリアクター生産水の値です。

pH:6.7
Alk:15(飼育水を5倍希釈で測定) KH:42相当
Ca:580

リアクターのマニュアルによると(他機種に当てはまるかどうかは分かりません)次の式の相関関係があるみたいです。


KH x Outlet Drip Rate = CO2 Bubbling Rate x 100


はたして我が家の結果が当てはまるのでしょうか?

42(KH) x 70(生産水) = 2940
18(二酸化炭素) x 100 = 1800

全く当てはまりませんでした・・・・・・・
確かに、マニュアルにもおおよその目安としてと記載されています。


しばらくは、リアクター内に析出したはずのCaが溶けてくる可能性もあるので不安定期間が続くと思われますが、まあ原因が何であれCa除去装置から、Caリアクターとしての働きをしてくれるみたいなのでほっとしています。

お騒がせしました。
というか、自分だけが混乱していたのですが・・・・・・・

結局、今は

CO2 Bubbling Rate: 14/min
Outket Drip Rate: 60/min

で設定しています。

ちなみに、飼育水のpH、KH、Caにはまだ変化が現れていません。

何の根拠もありませんが

  1. KH:8-10
  2. pH:8.0-8.2
  3. Ca:400-450

この優先順位で、計測値を目標にしようと思っています。
あくまで目標ですけど・・・・・
続きを読む

リアクター設置のその後

リアクター内で起きている化学反応についていろいろと妄想を膨らませていましたが、結局のところ私自身の設置方法の不備による可能性が大きいです。

皆さん、お騒がせしてすみません。



昨日の朝、ブログを書く前に

CO2:18/min
生産水:60滴/min

変更してました。
帰宅後(約12時間後)

pH:8.1

とpHの低下傾向が・・・
さらにその晩

CO2:25/min
生産水:70滴/min

に変更して8時間後の今朝

pH:7.1

まで低下していました。
慌てて

CO2:18/min

に変更。
その後の経過は、今晩計測してみようと思いますが・・・・・

Caは低いままなんです。
Red SeaのCalcium Proで計測していますが、Caは100を切っていると思います。

ちなみに水槽内

pH:8.1で0.1pt上昇
Ca:370でほぼ横ばい
Alk:2-2.5で上昇

です。

で、単に炭酸ガスの投与量が少なすぎたのかと思っていたのですが

カールさんに御指摘いただいた

”カルクワッサーを早いスピードで添加したときに似てません? ”

のコメントで私の愚行に思い当たるふしが・・・・・・・・・・・
続きを読む

Calcium Reactor

この記事、事実が判明する前に書きました。 お読みになる方がいましたらあわせて こちら もお読み下さい。

カルシウムリアクターを設置して、2日間が経過しました。

マニュアルに従って循環水(生産水)量と二酸化炭素量を決定しましたが、

循環量:40滴/分
二酸化炭素:10滴/分

一般的に言われている量よりもだいぶ少なめ。
海外のレポートを見ても、少なめの炭酸ガスで機能するのがこのリアクターの特徴のようです。

この設定で
pH:6.5-6.8
KH:25

程度になるとこのとですが・・・・・・・・

我が家で起きている現象は、理解不能です。

pH:8.7
Ca:おそらく200以下(測定不能なほど低下)
KH:10前後

ちなみに水槽水は

pH:8.0
Ca:350
KH:5前後


 リアクター内のCaが低下している事を考えると

Ca2+ + CO32-  >  CaCO3

の反応が進行しているのでしょうか?
とすると

CO3-の供給源として考えられるのが、添加しているCO2と言うことになりますが

CO2 + H2O  >  H2CO3
H2CO >  HCO3- + H+
HCO3 >  CO32- + H+

と結果的に2コのH+が残りpHは下がるはずですが、上昇している。

一報、pHが上昇し、KHが上昇している事を考えると

H+ +CO32-  >  HCO3-

の反応が進行していることになる。
本来であれば

CaCO3  >  Ca2+ + CO32-

となるはずだが、Ca濃度が低下しておりあり得ない。
とすると

2OH- + CO2  >  CO32- + H2O

OH-起源は不明だが、この反応が進んでいるのだろうか?
仮に大量のOH-とCO2が供給された場合

2OH- + CO2  >  CO32- + H2O
Ca2+ + CO32-  >  CaCO3 (Caの低下)
H+ +CO32-  >  HCO3- (pHの上昇)

で説明出来そう。 全て妄想で何の裏付けもありません。

ではOH-は?

一般的に水槽内のOH-は、水酸化カルシウム Ca(OH)2 カルクワッサーから供給されます。

そういえば、カルクワッサーとしては使ったことありませんが、

デルフィスのバッファーとか、パープルアップとか、水酸化カルシウムやOH-が含まれていても不思議では無いですね。
さらに、リアクターのメディアに混ぜているものがあるのでそれが一番の原因かもしれません。

 ん~~~~困りました。
結局、リアクターのメディアは全く消費されず、Ca低下装置になってしまっています。

多少なりともKHが上昇しているのは何よりですが、炭酸ガスの投与量を増やしてみて生産水のpHが低下しなければ、リアクターリセットしてみなくては・・・・・・・・・・・・・

 

使っているリアクターはこちらですが。
以前に書きためてあった記事なので、上記とつじつまがあわないところがあるかもしれません。

続きを読む

リアクターの設置の前に

週末は天気も悪く、土砂降りの中で水換え(80L)、と同時にCa リアクターを設置しました。

ちなみに設置前(水換え直後)の水質

比重:1.023(20度補正)
pH:8.0(前回よりちょっぴり上昇、PO4-の効果?)
Alk:1.6(KH:4.48)
Ca:350
PO4:0~

Alk(KH)はRedSeaのAlkキットで計測しているので正確な値は?です。
KH=Alk*2.8でしたっけ?
いずれにしても低いことは間違いありません。

燐酸はだいぶ下がってほとんど検出されなくなりました。
色見本をなくしてしまったため、ROと天然海水と一緒に測りましたが、どれも薄い黄色の0。
(ROのフィルターがいかれていないことが前提ですが・・・・・)

ちなみに2週間前に、リン酸吸着剤(カミハタ)を1000L分、PO4マイナス(Korallain)を隔日規定量より少なめに投与しましたが、それなりの効果は出たようです。

Ca、思っていたほど低くありませんでした。
一瞬、リアクターやめようかな~と思いましたが、KH補給を主眼に設置を続行しました。

まる一日かけて設置は完了したのですが、こんなことしてたらあっという間に半日が過ぎてしまいました。
続きを読む

1ヶ月の山

 先日、いなくなったのはこの子です。

08073001.jpg

シテンヤッコ ベビー でした。

昨日、ヤドカリの群れの中に頭の骨がむき出しになった状態で発見しました。
死因、、、、分かりません。

もしかしたらエサが少なかったかもしれません。

外表から分かる病気は無かったように思います。
エサも一番食べてました。

水槽の前に立つと真っ先に前面に出てくるほど元気だったのに・・・・・

水質の悪化を恐れ給餌量を減らしていたので、食べている割りに絶対量が少なかったのかもしれません。
最近1週間、若干、体色がしろっぽくなっていいたのが気になります。
やせてるわけではなかったともいますが・・・・・・・

水槽が大きくなってから、魚に関しては本当にうまくいっていません。

お魚テンションが激、激、激ダウン中です。
魚も少なめで今のままにしようかと、頭をよぎるぐらいです。

買った魚がすべて生きていたら・・・・・・・・逆にサンゴが崩壊していたかも・・・





で、サンゴのほうは今のところ、落ちたものはなく恐くなるくらいに順調に来ています。
先日来たサンゴ。

今週紹介してきたサンゴも超お買い得価格で購入させてもらったんですが、
尚且つ、オマケももらってしまって・・・・

こちら には足を向けて眠れません。

自分で買ったものよりもこれが一番気に入っているかも、というくらいグリーンのポリプがキラキラです。
続きを読む

地震対策 その2 と サンゴ。

先日、MTの安定器の場所を変更しましたが、安定器の重ね置きは良くないとの御指摘を頂き、急遽変更しました。

突貫工事で、、、、、、配管周りが木くずだらけになりながらもこんなことしてました。

08082003.jpg

自分で組み立てた棚なので、何の躊躇も無く棚板に穴を開けてしまいました。

ホールソーで4箇所に穴を空け、穴通しをジグソーで切るという非常に単純な日曜大工。

今回は、こんな置き方です。

08082004.jpg

縦置きにしました。
以前、雑誌などでもこのように置いている方を見たことがあるので、たぶん大丈夫だと思いますが・・・・

ダメかな~?

重心は高くなりましたが、天辺においているよりは数段まし。
安定器も転倒しません。

ちょっとした物も置けそうで・・・・火事にならないように気をつけます。


ネタとしては、これで十分なんですが、 サンゴ紹介シリーズ 第4弾も一応。

昨日すでに、写っていたので紹介するまでもありませんが、こちらです。
続きを読む

Acropora listeri sp.

ミドリイシシリーズ、第3弾。

08081901.jpg

正確な学名がわかりません。
一応、リスター似ミドリイシということで購入しました。


写真では実物の色合いが出ていません。
ベースは赤っぽい茶色で先端がパステルパープルって感じです。
先端がパープルですから、ベースも濃い紫ということでしょうか?


購入前の写真ではもっと明るいピンク系と思っていたのですが、実物はだいぶ違っていました。

これはこれで結構キレイ。


このミドリイシ、思わぬおまけが。
色、形よりむしろこのオマケが気に入っています。
続きを読む

タコの足、6本?!

先週、地元の夕刊を読んでいたら、タコの足が6本という学説が発表されたらしいです。

8本のうち、2本は明らかに役割が異なり、手としての働きに近いらしく、結果的に残りの6本を足と呼ぶのだとか・・・・・・
足の方を器用に使う動物もいるわけですから、6本が手で、2本足かもしれないのに・・・

と、バカなことを考えながら、子供に向かって

タコの足 何本? 

と聞いてみました。



ちゃんと、

8本と答えが返ってきたのでほっとしましたが、思わす正解に困ってしまいました。

そのうち、手と足で値段が変ったり・・・・・・しませんね。

 


 

ところで、先週来た生ものですが、残りはすべてミドリイシなんです・・・・・が、なかなかうまくレイアウトできません。

妥協したところで、こんな感じになっています。

08081802.jpg 

なんとなく、良く見える水面からの写真。
一番、最初に来たユビ系?も色があがってきました。

左側のスゲ系もパープルが強くなってきていい感じで来ています。

中央が今回購入した珊瑚です。

続きを読む

なんちゃって 地震対策 その1

東海地震の危険性が叫ばれてから、はや何十年。

地元では、大した学説でもないのに国家予算の獲得のための自治体が祭り上げた・・といううわさも聞こえます。

とは言っても、これだけの水量があふれたらただではすみません。
周りは、電気だらけ・・・・

以前は、水害を心配してメタハラの安定器をこんなところにおいていました。

08050701.jpg

DIYラックの上です。

元々がきゃしゃな上に、あんなに重いものを天辺に乗せていたので、非常に不安定でした。

ある日、大きな地震が来たらこのまま水槽側へ倒れるのでは?・・・・
と不安になり、クサリやらテープやらいろいろとつけましたが、いつまでたってもグラグラ。

水槽の周りは、すでに配管類でグチャグチャ。
結局、こんなところに置き換えました。

08081601.jpg

入れ物は同じですが、できるだけ下の方。
果たして、こんな風に2段置きにして良いものか・・・・まねしないでください。
ちなみに、平行一段はスペースの問題でできませんでした。

2008.8.20追記
この置き方は安定器の破損の原因になるらしいです。 絶対にまねしないで下さい。
我が家も、こっち に置き換えました。

これなら、もし倒れても水槽にはぶつかりません。
手前のホースは、水換えようでメインの循環には関係なし。
多少の遊びもあるので大丈夫かな~~と、かって思っています。

後は、このスペースに水対策をしなければ・・・です。

これをしながらやっていたのがこちら。
続きを読む

お盆休み

世の中、お盆休みの方が多いみたいですね。

毎朝、他県ナンバーの車で渋滞しています。

皆さん海水浴に行かれるのでしょうか?
あ~~。うらやましい。



久々に水質検査をやってみました。

pH:7.9
NH3:0
NO2:0
NO3:0
比重:10.23 /10 ( しかぱっちさんの御指摘により修正)
リン酸:0.25

でした。

pHがやばいです。
ずっと、8.2をキープしていましたが、水換えしても8.0とまり。
やはり給餌が多すぎるのでしょうか?

リン酸も上がっています。

今週から、PO4マイナスの投与を開始しました。
あまりやりたくは無かったのですが、スキマー始動までのつなぎとしてバッファーも入れ始めました。


投与後は、明らかにスキマーの泡の粘度がアップしています。
規定量の半分づつ入れてますが、今の所pHの改善は見られません。


ん~~~~。
水換えしかないですね。

今度は・・・・・

この週末、土曜は海水浴(昨日の記事に写真アップしました。)、そして昨日は花火。

今年は、あっちこっちで花火を見ていますが、最高にきれいでした。

昨日見たのは伊東の按針祭の花火、

規模もさることながら、海岸線の間近で見ている分だけものすごい迫力で見ることができます。

残念ながら、写真ありませ~~ん。


毎年8月10日がお祭りです。

是非一度いかれてみては?


と、非常に充実した週末を過ごしておりましたが、午前中はこんなことも。
続きを読む

人間観察

行って来ました。

海水浴。

カールさんに紹介してもらった取って置きのスポット・・・・・・・・

いました、いました、たくさん。






人間様。

08081101.jpg







それにもめげず、ソラスズメ、並チョウ、ベラ、その他数種。


周りの人(勿論他人様ですが)に、密漁、密漁・・・・と、いわれながら。
こっちに聞こえるような小さな声で・・・

冷たい視線を感じながらも網を使ってソラスズメを・・・2cmの幼魚ですがゲット。

決して密漁ではないので、堂々と採取しましたが、、、子供たちに見せてリリース。




あれだけの人がいる割には透明度は良好で十分観察できました。

ただ、時期が悪かったとおもいます。

お盆前の最後の土日。

係りの人にも、混んでるからやめたら?といわれる始末。

もっと深いところであれば、もっと色々と観察できていたと思いますが、午後一時が満潮と潮も良くない。





でも、子供たちは初めての海で大喜び。
海水浴としては、付加価値の高い海水浴でした。

カールさん有難うございました。



来年は、もっと早い時期に行って見ようと思います。

掘り出し物?

一昨日、掘り出し物?と思い込んで購入した珊瑚はこちら。

08080501.jpg 
スミレちゃんも元気です。

ただ、正確なサンゴの種類が分かりません。分かる方教えてください。

08080402.jpg 
フラッシュなし

08080401.jpg 
フラッシュあり

08080504.jpg 

結構キレイじゃないですか~?

 

購入を決めるまでの経緯は・・・・・・・・・・・・

続きを読む

地元のショップ

人様のお店を評価できるほどの者ではありませんが、若干思うところあり。。。。。
個人的な感想です。 現状はご自身の目でお確かめ下さい。



昨日、近所のお店の店主がテレビで取り上げられていました。
小売店というよりは、卸業が中心のお店。

率直な感想として、水族館へは最高の状態の魚が納められているかもしれませんが、少なくとも我々が飼えそうな一般種、店内の展示水槽を見る限りは最高の状態とはいえないと思います。

以前は、それも普通と思っていましたが、何年かこの趣味を続けていろんなお店を見てしまうと、あの状態の魚を買おうとは思わなくなってしまいました。


すべてのアクアリストに最高の状態の魚を! の精神でやってもらえれば、、、、、

あの手配師にはなかなか会えませんが、会う期会があれば御本人にも直接伝えてみたい気もします。




もう一店。
最近、沼津インターの近くに新しいお店がオープンしました。
まだ7月にオープンしたばかりのお店。

一応、サンゴ専門店ということだが、、、、、、、、、
続きを読む

Tank data & Tank Mate

今週は今のところ、追加生体はありません。

先日、タツノオトシゴを落としてしまいました。給餌回数が減った事が原因と思われます。
一つ水槽を畳んで、隔離槽に入れていたのがよくなかったのかもしれません。

気づいたときにはエサを食べる力が残っていませんでした。

これに伴い、SeaHorseのカテゴリーは削除しました。

また、タツノオトシゴは買ってみたいと思いますが、しっかりと給餌ができる体制を整えてからにしようとおもいます。エサの確保さえできれば、何とか飼育できる感触を得ました。

遅まきながら、Tank Data, Tank Mateのページを作成しました。
ご参照ください。時々更新していきたいと思います。

Tank Data

Tank Data of 1200mm aquarium

Aquarium
 

Sump
    

Cabinet 

Main Pump

Protein Skimmer
Pump

Chillar

Heater


Sterilizer

Wave Maker
    

Main Lighting

Sub Lighting
   
  

Ca reactor


Phos reactor

Base Sand
  
 
 
 

Live rock

RO/DI system

Sea Salt

Adagio: AMP 1200(W) x 600(D) x 600(H) 12/12
black slicon , corner box type (50/16x2)

Wave Yamada: 650(W) x 450(D) x 450(H)
Yamamotch original design

The Eight Sea original: 1200 (W)x 600(D) x 900(H)

SANSO: PMD-1561B2P

Aqua C: EV-240
SANSO: PMD-1561B2P

ZENSUI: KDA-500
controlled by temperature controller (ZY-130)

KOTOBUKI: Ceramic heater 500W
KOTOBUKI: Ceramic heater 300W
KOTOBUKI: Ceramic heater 300W

Napco. Ltd.: QL-40

Wavy sea
Echotech Marine: VorTech MP-40

Mz-one: MT-250 x2, coral grow
Super cool 115, ABN

Power LED: blue x3
Jun Co.: LED lighting system 60 blue
Kuramata New Azuro blue

Korallin: C-3002
Korallin: S-1506: using for 2nd stage

Phosban 150x2
ROWA phos

C.P.F.: live sand 18kg
Carib Sea: Super Reef 18kg
Carib Sea: Grand BAHAMA 27kg
Carib Sea: Aragamax select 13kg
Carib Sea: Ocean direct 9kg

branched type 30kg,  (The 8th Sea)
branched type 2.5kg, (Pisces)

Kakishoten: Aqua Uno Pro EX3
automated water level controller (made by Marine Brz)

Instant Ocean, etc.

2009.1.5

 

Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。