HOME   »  2008年10月
Archive | 2008年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンゴ礁検定

大した検定ではありませんが、こちらの検定に合格しました。

だから?って感じですが。
私は、ダイバーではありません。
続きを読む
スポンサーサイト

新しいサンゴ

私の場合、店買いと通販では、やはり地域事情から通販で購入することが多いのですが、そのとき気になるのが送料。

送料のことを考えると、ついついまとめ買いしてしまう悪い癖がありますが、今回もレタススラッグが目的であったはずなのに、特価だったこちらを購入してしまいました。

以前にハナサンゴモドキを枯らした経験がありますが、先日とあるショップで束になっておいてあるレイアウトを見てから物欲を抑えることが出来ませんでした。
続きを読む

水質改善策

先日のイエローベリー捕獲作戦も水質改善策の一環ですが、第2弾としてこんな事もしています。

08102804.jpg 
二枚貝MIX 20個。
ヤドカリたちに食べられないように、ペットで隔離中、潜るところが見てみたいのであえて砂には埋めてません。
導入から3日経過、今朝あたりは砂の上に残っているのは10個くらいです。

いつもお世話になっている
The Eighth Seaさんより調達致しました。

同じ二枚貝でも、前に入れたアサリとは全く異なります。
貝殻もすべすべ、全体に白っぽくてとても上品な二枚貝。
養殖のアサリとは違い品のある二枚貝ですね。

思いっきり宣伝ですが、このお店、まだ10月というのにすでに歳末セールに突入しています。
あんな物こんな物が色々やすくなってますよ。

ぜひ一度皆さん覗いてみては?

でも、ちょっと20個では少なすぎたみたいです。
雰囲気としては、この10倍くらい入れたいですね。

さらに、こちらの皆さんにもご協力を。

続きを読む

捕まえました。

我が家には、魚は沢山いるのですが、大きな水槽には9匹しかいません。
そのうち30%を占めるMajorがStarting Fishとして入れたイエローべりー。

08061501.jpg

最初は、おなかも黄色くてとってもキレイだったのですが、やはりソラスズメ。
あっという間に暴君と化し、ずっと厄介者でした。

MA誌にはリーフタンクに最適とありましたが・・・・・・・・・
エサの半分を食らい、あっという間に1.5倍くらいに成長。
底砂を巻き上げ、ライブロックが崩れる原因に。

ずっと、捕獲を試みましたがなかなかうまくいかず、とうとう先週には反しの無い釣り針まで購入。
絶対に吊り上げるつもりでいましたが、その前に捕獲成功です。

続きを読む

とうとう、我が家でも・・・・・

とうとう、我が家でも発症しました。
原因は、いろいろ考えられるのですがこればっかりは手の打ちようが無いですね。

お亡くなりになったのは、こちらなんですが、
08102201.jpg

今の水槽を立ち上げて初めて来たミドリイシ。
正確な種も分かりません。

通称:ミドリイシ テーブル グリーン
です。

最近、ポリプの開きが今一で色も落ち始め、調子悪いな~と思っていた矢先でした。

今週月曜日の朝までは、いつもと変わらず・・・・・
そして一晩、家を空けて火曜日に帰ってみると・・・・・・・・
続きを読む

2nd Aquarium

先日、こんなものを作っていました。

08091707.jpg

これにもう少し継ぎ足しをしてこんな感じになっています。
続きを読む

2nd Stageの効果

Denitratorをはずして1週間が経過しました。はずしたreactorはCaリアクターのセカンドステージとして使っていますが、そろそろ効果が出てきたようです。

Aquarium

 pHCaKHAlkORPPO4NO3
Aug. 288.0375-1.8-  
Aug. 298.1--2.0-  
Sep. 28.1450-2.2-  
Sep. 158.04508.5-211  
Oct. 128.14508--0.10
Oct. 198.245011--0.10

Ca reactor
 CO2DrippHKHCa 
Aug. 2814606.6-675 
Aug. 29141006.8-585 
Sep. 2141006.8-550 
Sep. 1512406.563725Drip rate: 70/min (up)
Oct. 19181306.824600with 2nd Stage




Ca reactorは炭酸ガスの量を増やしても、排液は6.8以下には低下しないようです。
今まで、reactorの産生量を増やしてもなかなか上昇しなかったpH, KHですが、飼育水のpH:8.2、KH:11とほぼ理想値に落ち着いてきました。

もう少し、reactorの生産量を減らしても良いのかもしれません。

一番目に見える効果としては、コケの発育が明らかに遅くなりました。
普段、メイン水槽の飼育水を使って小型水槽の水換えをしていますが、魚の数が多い割りに小型水槽にはほとんどコケが生えません。

照明の要因もあると思いますが、以前はそれでもコケっていたのでそれだけでもないと思います。

つまり、魚の多い水槽に移してもコケが生えないことを考えると、メイン水槽の飼育水にはほとんど栄養塩は無いことが想像できます。そうすると、コケの原因としてはCO2が疑わしかったのですが、2nd Stage効果で水槽内に入り込むCO2が減ればコケも少なくなるのでは?と思っていました。

今さらながらに当たり前のことですが・・・・・・自分の予想が実証されるとなぜがうれしい。

先日、導入したキイロハギも結構、藻、海藻系を食べているのでそちらの効果も徐々に出てきたみたいです。来週は、更なる藻対策を打つ予定。
効果が出るといいのですが・・・・・・

立ち上げ以来、毎週90Lの水換えを実施しており、ここ1ヶ月は漁港でもらえる天然海水で水換えをしています。その効果もあるとおもいますが、硝酸はDenitratorをはずしても今のところは、0。

このまま、0を維持したいものです。

燐酸は、0.1ppmですが、ちょっと試薬が古いので???ですね。
0.1ppmならまあまあと思うのですが、リン酸の理想値ってやっぱり0なのでしょうか?


サンプのお掃除

水槽を立ち上げてから、5ヶ月が経過しましたが、今までサンプの掃除をしていませんでした。
底の方には、相当のデトリタスが蓄積していたので、天気も良かった昨日、思い切って掃除してみました。

感想。
大変でした。
サンプ内にアレほどまでに汚れが貯まるとは。
ウチのサンプは、Yamamotchオリジナルですが、サンプの掃除のことを全く想定していなかったので、非常に掃除しにくいです。

今後のことも考えて、デトがたまらないような工夫の必要性を感じました。
これでも掃除後ですがキレイになりました?

08102001.jpg

ところで、サンプ内の汚れですが、元々サンプ(sump)の語源には沈殿槽の意味合いもあったと思いましたがどっちがいいのでしょうか?

  1. 水流を作ってデトリタスが沈殿しない方がいいのか?
  2. 流れを緩やかにして沈殿させて方がいいのか?

サンプにたまらないゴミはスキマーで取り除かれればいいのですが、結局は水槽の底にたまってしまうのでしょうか?

掃除すると、一時的にしろ水質は悪化しそうだし・・・・・

1つ落して、1つ追加

先日、追加したこちらの珊瑚
08100701.jpg

たぶん、落ちました。

実は、ポリプにヒラムシが・・・・・・・・・
何を考えていたのか、真水で洗ってしまいました。

写真は、洗った後に水槽に導入したものですが、ポリプ満開だったので大丈夫だと思っていたのですが、それから数日後、全く開かなくなりました。

いろいろ調べてみると、アワサンゴに淡水浴は禁忌!!!
やってしまいました。

しかも、ポツポツと茶色のヒラムシも散見。
このままの経過観察では、ヒラムシだけが蔓延しそうなので、別水槽に隔離しました。

今も、ただの石ころのようになっています。

と、言うわけではないのですが、先週1つアワを追加しまいた。
続きを読む

リアクターメモ

Denitratorの経過

NO3 reactor
 DrippHORPNO2NO3 
Sep. 15657.6-20100Drip rate: 130/min (up)
Sep. 16130-113--Drip rate: 85/min (down)
Sep. 1785--156-- 
Sep. 1885--205--Drip rate: 100/min (up)
Sep. 19100--186--Drip rate: 115/min (up)
Sep. 20115--136-- 
Oct. 7110--230--Drip rate: 160/min (up)
Oct. 12160-110  reactor off

Aquarium

 pHCaKHAlkORPPO4
Aug. 288.0375-1.8- 
Aug. 298.1--2.0- 
Sep. 28.1450-2.2- 
Sep. 158.04508.5-211 
Oct. 128.14508--0.1



迷走していたDenitratorですが、この週末にはずしました。

結果的には、リアクター内をORP:-50~-200にコントロールするのが非常に困難なことです。
流量を増やすことで、ORPが上昇しますが、数日後には-200を越え嫌気状態に突入。
温泉のにおいがただよい始めます。

硫化水素が発生していても今まで何も無く経過してきたので、このままでも良いような気もしますが、毒をばらまくよりは何も出ないほうが良いかと・・・・・

はずした状態で硝酸が上がらなければですが・・・・

我が家の場合、ベルリンで回していますが、おそらくこのフィルターが無くても硝酸塩はほぼ0なのではと思っています。その状況下でDenitratorを回すと、リアクター内の酸素化合物(NO3-など)の供給不足によりあっという間に無酸素環境から嫌気環境へ移行してしまいます。

結局、流量を増やしてもしばらくすると嫌気性菌の増殖のためか、少量なりとも硫化水素が作られ始めてしまうようです。結局いたちごっこになってしまい、今では恐くて流量を絞ることが出来ません。

要は、反硝化菌のえさ不足であり、少なくとも現状では必要無いと決め付けました。

将来的に、硝酸が上がってくるようであればまたつけるかも?しれません。
ただ、そのときは、ORPコントローラーが必須と考えます。

そのままにしておくのはもったいないので、こんな使い方をしています。

続きを読む

Denitrator メモ

Denitratorの経過

NO3 reactor
 DrippHORPNO2NO3 
Sep. 15657.6-20100Drip rate: 130/min (up)
Sep. 16130-113--Drip rate: 85/min (down)
Sep. 1785--156-- 
Sep. 1885--205--Drip rate: 100/min (up)
Sep. 19100--186--Drip rate: 115/min (up)
Sep. 20115--136-- 
Oct. 7110--230--Drip rate: 160/min (up)



9月20日の時点では、”ORPは良い感じになってきました。”

と思っていたのですが、途中でORPを計測すると、また-200を超えていました。
昨日、とあるブログ様の影響もあり改めてチェックしてみました。

滴下数は、いつの間にか110滴/minに減少して、何を調節しているのかわからなくなりましたが、結果は上の表の通りです。

滴下数を徐々に増やしているにもかかわらず、ORPが徐々に低下、いつの間にか無酸素状態に陥っているようです。
昨日のサンプルもかすかではありますが、卵の腐ったにおい(硫化水素)がしています。

思い切って、滴下を160まであげてみました。



たぶん、このフィルターはずすと思います。

アワサンゴ コーナー

水槽前面の右隅。
照明を左よりにしていることもあり薄暗くなっていますが、この一角をソフトコーナーにしています。

08100703.jpg

手前にアワサンゴ
右奥がトゲトサカ
左ちょい奥が高級マメスナ。
以前にも紹介した リアルブルー マメスナギンチャク。
こんなちっちゃいのに、1諭吉以上 しました。

一時期、別水槽に入れていたのですが絶滅しそうだったので、最近こちらに移動。
徐々に復活しつつあります。

それはさておき、私のアワサンゴコレクション。またまたですが先週一つ追加しました。
続きを読む

黄色い子悪魔

最近、海藻の増殖がすごいです。特にリアクターをつけてから増殖が加速しています。

08100504.jpg 08100505.jpg
08100508.jpg 08100507.jpg

そして、
08100506.jpg こんなのをほっておくと

08100503.jpg こんなになります。

これはこれでキレイなので今まで放置していたのですが、最近あちらこちらで飛び火、増殖して来たので、生物兵器を探していました。

ウチの水槽には紅藻系が多いのですが、緑系は俗に言うハネモでしょうか?
むしりり取ろうとしても、表面は昆布系でヌル、ニュルで意外と厄介。

で、先週東北まで出張した帰りに東京駅で降りて日本橋のお店に行ってきました。
これだというものは無かったのですが、小ぶりの子がいたので、もしかしたら食べてくれるかもと思い、つれてきてしまいました。
続きを読む

案の定・・・・・

仕事で東北方面に行ってきました。東北のショップには行く時間がありませんでした。

でも・・・・・・・・・

およそ3週間前に来たこちらのサンゴ

来た当初は
08090902.jpg

な、感じで非常に美しかったのですが、案の定こうなってきました。

08100401.jpg 

見る影もありません。
実物ではもう少しブルーが残っているのですが、写真では表現できない程まで色落ちしています。

さすがに見かねてレイアウトを変更しました。

続きを読む

脱皮しました。

カールさんがスイハイに見えてから1週間がたちます。

非常にたくさんのお土産を頂いたのですが、まだ紹介していないものがありました。

というのも、いただいたものの一度もポリプを開かなかったのです。

自分自身は知っていたのですが、何も知らない人が見たら・・・・・・・・




枯れ枝にしか見えないような姿でした。

カールさんの手前、あのような姿をさらすわけにも行かず、ずっと復活を祈りつつ、放置していました。

そして、ついにその時が来たのです。

あの姿からは、全く想像もつかない姿になって復活してくれました。
続きを読む
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。