HOME   »  2009年03月
Archive | 2009年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィルターメディア

すでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、最近Filter mediaを変えました。

今まではROWA Phosを使用していました。
使用開始直後に飼育水がま茶茶になる以外には大きな問題はありませんでしたが、如何せんKgあたりの単価が高いのでもう少し安いものに変更です。

ウチの水槽では、PhosBanに250mを入れたものを2個併設。
各々を2ヵ月ごとに交換していました。
実質、1ヶ月ごとに250mlの交換です。

規定量の数倍で使用していました。
交換直後は、リン酸は0ppmに低下しますが、使用して2週間後には0.1ppmにまで上昇。
それ以上にあがることはありませんでした。

にもかかわらず、コケコケがおさまる気配が無く。
ちなみにRO/DI(現在TDS=8)で足し水。
水換えは天然海水。

コケ対策としてリフをリセット。
マッドは撤収しました。

コケ対策一環として、メディアも変えてみました。
若干、水は透き通った気もします・・・・・・・・・・
続きを読む
スポンサーサイト

ハナダイ? 実は・・・・・

リセットしたリフに泳がせている魚。
ハナダイ系であることに違いありませんが、正確にはハナゴイ。

もったいぶる様な高級種ではなく一般種です。

09032501.jpg
続きを読む

コリン星人去る

2週間前嵐のように訪れたフィーバーに乗ってしまいました。
来月分のお小遣いを前借してまで・・・・・・・・・・



しかし、来月のお小遣いの日が来る前にコリン星人はコリン星に帰ってしまいました。

自分の飼育技術の未熟さを痛感。
コペをついばむようになっていただけに残念。

生コペも頼んでしまっているのに・・・・・・
続きを読む

ニセモチって

トゲサンゴを購入したお店では、もう1個体連れきました。

タイトルどおりニセモチです。

今までずっと、ニセモチウオと思っていましたが、正式にはニセモチウオ。
すっかり ”ノ” を忘れていました。

とはいっても、本家のモチノウオがどんな魚かは今一不明のまま。

Googっても似ているような魚に当たりませんでした。

体長3~4cmの小さめの子です。
続きを読む

実は・・・・・

実は私、とある海水魚の雑誌にすでにデビューしております。

そろそろほとぼりも冷めた頃だと思いカミングアウト。
水槽が紹介されたわけではありませんが、チラッとだけ自分自身が写っておりました。
イケメンでもなければ、チョイ悪でもない ただのオヤジです。

先週、そのお店に行ってピンクのサンゴを購入。

前回記事の写真にチラッとだけ写っていたのですが、誰も突っ込んでくれないのでカミングアウト。
続きを読む

スギ林

以前にTRYしたトサカの森構想。

あえなく失敗しました。
まずトゲトサカ-オレンジ:無給餌でいつの間にか消えてなくなりました。
次にカワラフサトサカ:根付きが悪かったので土台を取り替えようとして失敗。異臭を放って溶けました。


なかなかうまくいきませんが、そうしてみるとC.P.F.のトサカは丈夫です。
同じような環境でびくともしません。
ほとぼりが冷めた頃にもう一度チャレンジしてみたいと思います。


そして、新たに取り組みはじめたものが スギ林 構想。
第一弾は、ハイレベルキーパー御到達をうたうお店から通販してみました。
続きを読む

R10

昨日のマメスナブルーもそうですが、最近RICHO R10でサンゴを撮影しています。
コンデジですが、1cmまでの接写が可能。

マクロ写真は普通のサンゴも綺麗に見えてしまうので、もう手放せません。
デジイチだともっと綺麗に取れるとおもうと、ついついほしくなります。

今のところ、カメラよりサンゴですが・・・・・・・

手抜き記事で写真集です。
続きを読む

ナイスショット

久々にいい写真が取れました。
以前にも紹介したことがありますが、沖縄から取り寄せたサンゴ。

購入時のカタログ写真
qaz1914080523.jpg

我が家に到着直後
08060205.jpg

写真の写りだけでこれだけの違いがあることが分かります。
一時、メイン水槽より撤去し減退しましたが、徐々に復活

復活中
08110808.jpg




そして、今は・・・・・・・・・
続きを読む

自然発生

以前にも紹介した事がありますが、ライブロックから自然発生したアザミサンゴ。

09012402.jpg
(ライブロックからはがす前)
せっかくここまで大きくなったサンゴを捨てるのには忍びなく、リセットの際にライブロックからはがして静養しています。

はじめは、サンゴの名前も分からなかったのですが、なが~~いスイーパーを出していることが判明し、アザミサンゴと命名しました。

これでも一応ハードコーラルで、ポリプごとに枝分かれしています。
一回り、小さくなりましたが、やや照明の強いところに置いておくと色が上がってそれなりの綺麗なサンゴになってきたので改めて御紹介を。
続きを読む

水質測定

メモとして残すのは久々ですが、時々水質検査はやってます。
Phos reactorsを入れてからPO4は、0~0.1で推移していますが今ひとつガラス面のコケが減りません。

でもこの飼育水を使って水換えをしている魚水槽はほとんどコケが出ず、3週間に一度の掃除で大丈夫。
ちなみにこの魚水槽、100Lそこそこのwet system。
給餌量もメインの3倍くらい上げています。
照明は、いつ切れてもおかしくないくらいに暗くなった150Wメタハラ。


メインは、リアクターを稼動させてからコケコケになってきてしまったので、CO2が原因かも?
なんて考えリアクターへのCO2添加を電磁弁によるタイマー管理にしました。

CO2添加時間:12時間(PM3:00~AM3:00)
照明:6時間(PM9:00~AM3:00)


 pHCaKH
AM 6:00
8.03757
PM 6:00
7.94008


 pHCaKHAlkORPPO4NO3
2008
Aug. 288.0375-1.8-  
Aug. 298.1--2.0-  
Sep. 28.1450-2.2-  
Sep. 158.04508.5-211  
Oct. 128.14508--0.10
Oct. 198.245011--0.10
Nov. 38.0-8--0.10
Nov. 168.1-9-37600
2009
Mar. 18.03757--00
CO2の添加時間としては、照明が点灯している時点、消灯している時点どちらかいいのでしょうか?
当然ですが、CO2の添加量を減らすとCaとKHは案の定下がっています。

これにはもう1つ理由がありまして・・・・・・
続きを読む

定番DIY

ここのところ、生体の追加がほとんど出来ていませんが今週のお休みもDIYで終わってしまいました。
今回作ったものは、今頃?と言われそうな代物で、作ったというより組み立てただけ。

にもかかわらず、時間も予算も結構かかりました。
綺麗なテーブル1個くらいは買えてしまいますが、将来への投資ということで自分を納得させました。

作ったものは・・・・・・

今まではこんな感じにしていましたが、徐々に重くなって自由度も無く見た目も悪いので作り直すことにしました。

08091502.jpg
続きを読む
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。