HOME   »  2009年09月
Archive | 2009年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現状紹介

皆様に色々とアドバイスをいただきましたが、ボツにした現状を紹介します。

09093001.jpg
ドライからの排水スペースを左右からパンチングボードで仕切っています。
この仕切り板も一応DIYですが、可動式にしたのが失敗でした。

仕切り板の台座をきっちり長方形にすればいいのですが、フランジがあるために大きな長方形にすると濾過槽何に入りません。
小さくするとぐらぐらして、すきまが出来てしまいます。

09093002.jpg
ためしにシロタマを少しだけ入れてみました。
一応グルグル、フワフワと漂っていい感じですにはなるのですが、仕切りをはずすと・・・・・・・
回収が意外と大変。

いつの間にか本水槽で2個のシロタマを発見しました。



まあ、新たに小さなスペースを作るのが手っ取り早そうなので、本日追加の部材を発注しました。
完成予定日は未定。




ところで、オーシャンランナーを使っている方います?
うるさくないですか?

初期不良だと思って、一回は交換してもらったのですが相変わらずブルブルと騒音が止まりません。
これって異常?
スポンサーサイト

完成!! **水槽 改め シッタカ貝水槽

御無沙汰しておりました。
メイン水槽は相変わらずが続いています。
この状態では、早晩LPS水槽になってしまうでしょう。

流動濾過を入れた為か、硝酸が検出されるようになりました。
今まで一度も検出されたことが無かったのに・・・・・・・・
やはり、硝酸製造装置であることは間違いなさそう。

ベルリンのゆっくり分解に期待してアンモニアが残留してしまうよりは、早めに硝化されて硝酸になった方が毒性は低いような気がしますが、どうなんでしょう?
結局、水槽スペックの割りに生体の数が多すぎなのは間違いありません。



ところで本日の本題の**水槽、だいぶ引っ張りましたがようやく完成。
週末から水を回しています。
続きを読む

アワサンゴ 再生工場

ヒラムシに覆われたアワサンゴを、別水槽で静養しています。

09091902.jpg 

ヨード系で薬浴したあとにこの水槽へ。
この中には、このコ達を2匹いれています。
09091901.jpg

入れてから彼是2週間が経過していますが、食べているところは確認できません。
ヒラムシは若干減っているような気もしますが、まだまだ残っています。

ヨード系の薬浴ですが、原液をぶっかけたら、こんなになってしまいました。

09091903.jpg

御注意を。

ドライ濾過槽

徐々に進行中の**水槽。
DIYに一生懸命で、中身をどうするかは・・・・・・ **のままです。

台がほぼ完成したので、システムも作り始めました。

**には、生餌たっぷりを想定しているので、ベルリンではなく、しっかりとした生物濾過システムを。
その一環として、ドライ濾過槽を設置してみることにしました。
続きを読む

自家採取

実家に帰省した時に、海を見に行ったら、堤防の岩にびっちりと貝がくっついていたので取ってきました。

きっとどこにでもいるやつでしょう。

09091601.jpg
何匹いるか数えていません。

アオサにも微小生物がびっちり。

09091602.jpg

結構動きも早くて、元気もよかったので綺麗さっぱりコケがなくなると期待していましたが

09091604.jpg
がっかりです。
もうすぐリセットする予定の、45cm水槽に入れてみましたが、ガラス面に張り付いたままほとんど動きません。

取っているときにこんなのも網に入ってきたので一緒に連れてきました。
09091603.jpg
ホンヤドカリに混ざって、足が縞模様のものがいたのでつれてきましたが、さほど珍しいものでもなさそう。
ユビナガホンヤドカリ?


働きがよければ、メインに入れようと思っていましたが、ダメですね。
この貝たち、この後どうしましょう・・・・・・・

DINOS対策

皆様、温かいコメントありがとうございます。
ヤッコの方は、しばらくお休みして別な方向へ逝ってみたいと思います。


シアノだかDINOSだか分からないうちの赤藻。
一応、悪性度の高そうなDINOSを想定して、いくつかの対策を実施中です。

ただ、目に見えて効果があるのかどうかは?
というか、ほとんど変わりません。
ご参考まで。

通常であれば、3日分くらいのネタが詰まってます。
続きを読む

あ~~~~

あちらこちらで悲しい記事を目にしますが、我が家の水槽も・・・・・・

自動投稿で紹介したクイーン。
投稿当日には、フラフラになっていました。

そのまま、すぐに隔離しましたが、休暇が終わって帰宅してみると、逆さまに。
すでに、冷たく、固くなっておりました。


ど~~んと気分が落ち込んでいるときに、もう一つの悲劇が明らかに。
続きを読む

Queen Angelfish 混泳成功?

書き溜めてあった記事の自動投稿です。
-------------------------------

今日から遅めの夏休み。
しばらくコメ返できないと思います。

水槽があんな状況なので、ショップめぐりもしないと思います。
**水槽でも完成させたいと思います。


例のQueenちゃんをメインに放しました。

案の定、
キイロハギが猛烈にアタック。
次に、ブルーフェイスがアタック。
マルチは、軽いジャブ。
シマは、近寄るだけ。
スミレは、マイペース。

って感じです。


一晩、様子を見ていたのですが、Qちゃんのヒレが欠けていたので、真っ先に黄色を捕獲。

何とか、混泳が成立しているみたいですが、ブルーフェイスの攻撃がちょっと強くなり微妙。
マルチも時々ちょっかいを出しています。

やや出不精になっているので、それなりにストレスがかかっているようです。

早く、No2くらいにのし上がってほしい。





09090201.jpg

09090203.jpg

09090202.jpg

クイーンの写真は、ヤッコの中でも最高に難しいです。
結局一枚もピントが合いませんでした。

新たな戦い  Dinoflagellates (Dinos)編

ずっと前から、水槽の不調の原因はこれだろうと思っていました。

09090301.jpg

ただ、こいつだとするとあまりにも強敵そうなので、別の原因であってほしいと思いから、色々と探索を続けていました。
結果的には、比重、アンモニアect.などの検査結果に惑わされずいぶんと遠回りをしてしまいましたが、覚悟を決めました。


その敵とは、通称 DINOS!!!
正式名を Dinoflagellates と言うらしい。
アクアリウム界では ”水槽の癌” とまで呼ばれ、多くの水槽をリセットに追い込み、多くのアクアリストが水槽から離れていくきっかけになるような病気らしい。


詳しくは この検索結果 から。

はじめの4、5タイトルを読むと恐ろしさが分かります。
続きを読む

ご回答

実は、週明け早々にアンモニア試薬の件で販売元に問い合わせしてみました。


蒸留水(精製水)のみで計測してもアンモニアが計測されたということでしょうか。 通常、精製水のみで計測された場合0ppmの数値が出ます。


との回答が来た後に、昨日の写真を送ったら


弊社でもアンモニア試薬を複数個実験致しましたところ、精製水(薬局市販)でも カラーチャートで記載しております完全な黄色ではなく少し緑がかった黄色が出て おりました。
 尚、弊社飼育水槽でも計測致しました結果、緑がかった黄色に近い色もございま したが精製水よりも濃い色が計測されましたので、現在販売しております試薬は、 カラーチャートとは異なりますが0ppmが緑がかった黄色となるようです。
上記の件に関しましては本国のレッドシーに報告させて頂きますので、結果が上が り次第改めて報告させて頂きます。

 大変ご迷惑をお掛け致しますが。ご使用の試薬は蒸留水で計測致しました色を0p pm(基準)とお考え頂きまして、カラーチャートの判別色よりも濃い色での判断して 頂けます様お願い申し上げます。


という回答が来ました。
なんか、釈然としませんがそういうことみたいです。
でも、蒸留水を測定した色が0.25ppmなんですけど・・・・・じゃあ本当の0.25ppmの色は?

と言った所で、答えが分かるわけでもなく、あの程度の試薬にそこまでの精度を求めてはいけないのでしょう。 きっと。

その結果に惑わされて、あんな事やこんな事をしてしまった私の水槽は・・・・・・・・・
比重地獄に続き、またしても余計な出費を。
こんなことなら、ライブロック総入れ替えのほうが安上がりだったな~。。


まあ、当分ブログのネタには困りそうもありませんが、ミドリイシは数えるほどになってしまいました。
たぶん1ヵ月後には、なくなってしまうと思います。


近々、私の愚行を紹介します。

小ネタs

しつこいですが、昨日の続き。
自分自身は、アンモニアが陽性でも陰性でもどっちでも良くなっています。

これが、昨日問題にした検査結果です。
09090103.jpg

A:蒸留水をちょっと古い試薬で
B:飼育水をちょっと古い試薬で
C:蒸留水を新しい試薬で
D:飼育水を新しい試薬で

この検査薬の0ppmってこんなもんなんですかね?
黄緑色に見えるけど。
新しい試薬で測った飼育水がちょっと色が濃い気がしますが、実物ではほとんど分かりませんでした。

まあ、小ネタの一つということで。
この程度の小ネタさ最近沢山あります。
続きを読む
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。