HOME   »  2011年08月
Archive | 2011年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーラカンス・ミュージアム

先週、BCに行ったら目ぼしい魚はいなかったのですが、貴重な情報をゲット

こんなチラシが置いてありました。
11083101.jpg
駿河湾の深海とシーラカンスをテーマにした水族館のようです。

場所:沼津港
11083102.jpg
詳しくはこちら

そういえば先月のBCでは、15度前後の低水温でエコシステムが成り立つかどうかの実験をしていました。
深海性のハナダイが泳いでいたけどどうなったのか?

館長が手配師さんだけにどんな展示になるか楽しみですが、駿河湾の深海魚ではあまり派手な展示は期待できないような・・・・・・・少なくとも一つの水槽は、西伊豆名物 タカアシガニで決定でしょう。

周りにはお食事やショッピングもできるお店もできるようです。
11083103.jpg

この辺りには、おいしいお寿司さんや魚屋さんがたくさんあります。
話の・・・に一度くらいは良いかもです。


スポンサーサイト

新入り2匹

11082302.jpg
夏休みに訪れた水族館で、レア?な2匹を見つけたのでゲットしてきました。


11082901.jpg
左がニシキアナゴ、右がチンアナゴです。

とっても可愛いのですが、イマイチ使い道が不明・・・・・・・・・
ただのマグネットなんですけどね。


って、ちゃんと動く新入りもいますよ。
11082902.jpg
チョウチョウ魚の入門種、アミチョウとトゲチョウです。
ご近所のBCから連れてきました。

エサを食べそうな個体を選んで購入したこともあり、すでに粒餌爆食い状態であります。

今までもチョウチョウウオにはチャレンジしてきましたが、なかなか長期飼育できていませんでした。
今回の2匹、奇跡的に導入時の白点も無く順調です。

Mgの消費量

先週は、我が家の水槽のMg消費量をチェックしていました。

第1クール(4日間)のMg濃度の低下は、1400mg/L から 1325mg/L
第2クール(3日間)では、1350mg/L から 1300mg/L

仮に我が家の水槽の総水量をAリットルとすると・・・・・一日あたりの消費量が 75/4 x A = 18.75 x A mg
第2クールで計算すると、50A/3mg = 16.7 x A mg

平均すると一日あたり 約17.8 x A mgのMgが消費されていることになります。

問題は我が家の水槽の総水量。
おおよその目安として500Lとしているが、実はきわめて不正確。
実際どれくらいの海水が回っているのか分かりません。

仮に500Lとすると、Mgの1日あたりの消費量が8900mg、400Lとすると7120mg。
一日あたり、7~9gのマグネシウムが消費されている?

1週間当たりでは、50~60gになってしまいます。
想像していたよ量よりもずいぶんと多い気がしますが、マメに添加してこの計算が合っているかどうか検証してみたいと思います。

と言っても、Mgの測定限界が50mg/Lなので、結果の解釈もだいたいって事になると思います。


5-1=4

あれから1か月が経過しました。

混泳から1週間姿を見せなかったスミレが一番やばいかも?
と、思っていましたが、何とか

11082401.jpg
今朝の写真です。
相変わらず、マルチに猛烈に追われています。
そのため、他の魚たちが泳いでいるときはめったに姿を見せません。
そして、マルチが寝静まった頃、水槽裏のドロップOFFでツンツンしながら泳いでいます。

このまま表に出てくることは期待できないかもしれませんが、それも良しです。

結果的に、最初の脱落はインドニシキでした。
早々に隔離しましたが、1週間後に★。

その他、4匹はすべてセーフです。
シマヤッコ2匹も健在。
小ぶりのマーシャルシマの方がエサ食いがいまいちでいまだに心配です。
ただ、この1か月でさほど痩せた様子もないので何かしら食べているのでしょう。

パープルタンを入れたのは正解でした。
いつもいじめ役のキイロハギは、今回ばかりはパープルタンを単独攻撃。
その間、ヤッコたちは意外と簡単に折り合いがつきました。

今では、パープルタンとキイロハギの立場は逆転。
キイロハギが追いかけられています。

このまま、パープルタンが第2の暴君にならない事を祈っています。


夏休み

お盆休み中、こんなのがたくさんいる水族館に行ってまいりました。
11082302.jpg


オーストラリアのボックスフィッシュの水槽にも惹かれましたが、やっぱこれでしょう。
11082301.jpg
優雅でございました。

ただ、見ていたほとんどのお客さんが同居しているシーポニーと同格と思っていたのが悲しい。
夢の無い話になってしまいますが、魚たちの名前の横にお値段を表示しておくのはいかがでしょう?
きっと入場料が安いと感じ、水族館にもっとありがたみを感じるでしょう。

リーフィーは、確か光に非常に敏感であったはず。
バチバチフラッシュを焚かれる中に泳いでいました。

我が家の水槽の魚たちにバチバチフラッシュを当てても何とも思わないのに、なぜか水族館の魚達には憐れみを感じてしまいます。

縮小中 その2

テラに続き、休み中にもう1本の水槽を閉鎖しました。
11081902.jpg
2段水槽の上段部分です。
上段に水槽があると、どうしてもコンセント類に水がかぶる心配があります。
さらに、大全体の重心が高くなり、危険っぽい。
しかも水槽台は自作で強度もいまいち心配。

という事で閉鎖を決めました。
これも地震対策の一つです。

もともと、上段では伊勢海老の養殖をしておりましたがそちらも終了。
その伊勢海老、伊豆の海に帰してあげようと思ってバケツの中に入れていたら、水温上昇のせいでしょうか?
30分後には絶命しておりました。

もともとはみそ汁の出汁になる運命、半年以上にわたり駿河湾産の生桜海老を食し、脱皮をするまでに成長しておりました。
元の海に帰してあげたかったのですが、残念なことをしました。

合掌

水槽の上段に電源関係を集約して水はかからないようにしました。
11082201.jpg

すべてがむき出しで、とっても見苦しいのですがやらないよりマシと思っています。


縮小中

超~~久々のテラネタ。
我が家のアクアテラ
11081901.jpg
ほとんど水換えもせず、足し水だけでまあまあの調子を維持していましたが、この度閉鎖しました。
最近では、足し水も週一で、霧発生装置が壊れている事にも気付かず。

いまさら、霧発生装置を買い替えるテンションもなく・・・・

最大の理由は、地震対策です。
この水槽、玄関先のカウンタースペースに置いてあるだけの簡単なもの。
大きな地震でずれれば、簡単に落下しそうです。

後ろに落ちれば、メイン水槽に多大な被害が。
前に落ちれば、一番の避難経路がガラスの破片入り水浸し。

問題は後者です。
停電した暗闇の中をはだしで玄関に降りたら・・・・・・・ギャ~~~って事になりかねません。
という理由で、撤去となりました。

11081903.jpg
単なる荷物受取窓口になりそうです・・・・・・・・・


メッシュフィルター交換 その4

ま~るく切りあがった網戸の網

11081805.jpg

うまくフィットさせることができるでしょうか?


いきなりメッシュをパイプに挟もうとしましたが、なかなか中心が取れず、簡単にずれてしまうため、まず中心を止めました。
中心部分は、灰色のパーツでメッシュを抑え込むような感じ、ほとんど挟み込みはありません。

メッシュが赤いパーツに固定された所で、上から透明パーツをはめ込みます。
ほぼ均等に3~5mmのはみ出し
11081807.jpg
このまま、ぎゅ~と押しこめば良さそうな感じですが、ここからが一苦労。
なかなか、すんなりとパイプがはまりません。

やっとはまりこんでも
11081808.jpg
部分的に網が滑ってしまいます。
つまり、メッシュにたるみができて今一の出来栄え。

型を大きくしてみたり、固定する順番を変えたりしてみましたが、なかなかうまくいきません。

結局の所、オリジナルのメッシュより市販の網戸の網は明らかに厚みというか糸の太さが違います。
メッシュの厚みの分だけ、はめ込みに無理な力がかかり、網が滑るために均一なテンションがかけられずたるみができてしまうようです。

20メッシュ、26メッシュの網戸を使えば、糸が細い分厚みも薄くなるかもしれませんが、メッシュがつまりやすくなるかもしれません。難しい選択です。

但し18メッシュの今の状態でも、メッシュはそこそこ固定されていて機能的には問題なし。
フィルターの役目は果たしているので、そのまま使っています。

ということで、ホームセンターの網戸(18メッシュ)では、元通りに交換するのはちょっと難しいかもしれません。
その5、その6では、もうちょっと薄手のメッシュでやってみたいと思います。

メッシュフィルター交換 その3

ちょっとばかり、短い夏休みで自宅を留守にしておりました。
実は前記事のその1、その2は予約投稿だったのですが、いよいよフィルター交換のその3に入ります。

メッシュ交換の際、個人的に気になるのは、フィルターからはみ出したメッシュのビロビロと、メッシュのたるみです。
購入直後の製品では、素晴らしくきれいな仕上がりだったので、交換の際もビシ~~っと美しい仕上がりを目指したいものです。
11010610.jpg
購入直後の使用前


まずは、はみ出すビロビロをどうするか?
一番簡単のは、周囲を引っ張りながらメッシュを固定して、固定した後にはみ出した部分をカットする方法でしょう。
でも、この方法の最大の欠点は、私のようなど素人がメッシュにカッターをあてると、高い確率で赤いパーツやアクリルパイプに傷をつけてしまうであろうという点です。
使って半年、いまさら傷なんて・・・ですが、傷をつけるよりは付けない方がまし。

と、言うことであらかじめメッシュを丸く切る方法からチャレンジしてみました。

使用したのはこのカッター
11081801.jpg
ホームセンターで見つけました。
コンパス型のカッターでまん丸に切る事が出来ます。

まずは、網戸の網を下敷き代わりのアクリル板に固定します。
11081802.jpg

オリジナルでは、分解した際のネットの直径が88mmだったので、ほぼ同じ大きさでカット。
11081803.jpg
素晴らしい出来栄えです。
これは、行ける!!!と思った次の瞬間
   ?????
大きな問題点に気付きます。

はい、その通り。
内側の穴が開けられません。

そもそも、紹介したカッターが直径25mmの穴は開けられませんでした。
でも一部の部品をはずしてぎりぎり直径25mmの穴が開けられました。

まず、内側の穴(直径25mm)をあけて
11081804.jpg

外側(直径88mm)を切り抜きます。
11081805.jpg

ほぼ思い通りのものができました。
命名:ドーナッツメッシュ
外径:88mm
内径:25mm

明日は、これのメッシュを使って元通りに組み立てます。



メッシュフィルター交換 その2

メッシュフィルターが装着されているこのカップ。
11081402.jpg
実は接着されていません。

以前にこのカップを床に落としてしあった事がありますが、そしたらグレーのパーツがポロリ。
その時は、”やってしまった!”と焦りましたが、単なるはめ込み式。
意外と簡単に外れる事は分かっていました。


では、分解してみましょう。


11081601.jpg
分解前の状態です。

まず、グレーのパーツをはずします。
11081602.jpg
裏側から押しだせば簡単に外れました。

次にアクリルパイプと赤い枠パーツをはずします。
11081603.jpg
やや硬めですが、ジワリジワリで外れます。

当然ですが、メッシュは完全にフリー。掃除できない場所は結構汚れています。
11081605.jpg

元のメッシュの大きさは、直径8.8mmで中の穴は2.5mmでした。
この機会に、関連する部位の径を計測しておきました。


アクリルパイプ 外径: 80.5mm
赤枠外側 内径: 80.2mm

赤枠内側 内径: 25.1
グレー 外径: 25.4

パイプが収まる赤枠の深さは5.3mmでした。

実測値です。公称のサイズとはずれがあるかもしれませんが、それぞれ0.3mmの差がありました。


分解して変わりましたが、ホームセンターで買ってきた網の方が明らかに厚みがあります。
使われている樹脂の糸も太い。
はたして、うまくネットを挟む事が出来るだろうか????


不安になってきました。

メッシュフィルター交換 その1

ReefOctopusのバイオペレットリアクターは、ペレット流出防止用のフィルターにパンチングボードやスポンジフィルターではなくメッシュフィルターを使用している事が特徴の一つですが、メッシュ自体がこんなになってしまい、フィルターの役目を果たさなくなってしまった事はありませんか?

11081402.jpg
これくらいで済んでいればまだいいのですが、もっとひどくなることも。
目が崩れないように洗っているといつまでたってもきれいにならず。
かといってゴシゴシ洗うと後が大変。

バイオペレットのおかげでPO4が0ppmになった事は間違いなく、このリアクターとも長い付き合いになりそうなので、純正のメッシュはあきらめ、DIYで張り替えることにしました。


まずは、使われているメッシュ。
11081403.jpg
拡大して初めて分かりましたが、縦糸が2本で横糸が1本で編まれています。
網目の数は:16メッシュ

そもそもメッシュという単位、今回調べて初めて分かりました。
メッシュとは、1インチの長さの中にある網目の数。
数字が大きいほど、目が細かくなります。

ちなみに、昔ながらの網戸は18メッシュ。
18メッシュでは、小さな虫の侵入を許す事になるので、最近では20メッシュや26メッシュといった目の細かい網が使われているようです。

BP-1600に使われている16メッシュ。
ネット経由では手に入りそうですが、我が家の近所のホームセンターには売っていませんでした。
結局、ホームセンターで切り売りしてくれたのが、網戸用18メッシュの網しかなかったので、今回はこれで。
11081503.jpg
汚れが目立つように黒にしました。


さて、これでうまくいくのでしょうか?

目詰まり問題

超~~久しぶりにバイオペレットです。
実は先週のサンプの大掃除の時に、思い切ってバイオペレットリアクターBP-1600の掃除もしました。
掃除と言っても、いったんペレットを全部とりだして海水で軽くすすいだだけ(少しペレットを減らしました)、チャンバーの内側はしっかり掃除しました。

にも関わらず、1週間経つとこの有様。
11081501.jpg
フィルターのパイプにびっしりとこびりつく白っぽいもやもや。
ぬめりからしてバクテリアフィルムでしょう。

悪玉なのか善玉なのか?
PO4があっという間に下がった事象を考えると、脱窒性ポリリン酸蓄積細菌(DPAOs)の塊と思いたいのですが、最近増殖スピードが速すぎてリアクターの通水性の障害になっています。

BP-1600の特徴であるメッシュフィルターも1週間でこの有様。
11081502.jpg
黒い粒々は、たぶんフィルターから流れ出たROWA
半分以上の目がつぶれています。

そして、このフィルターを洗うと、待っているのがこの状態。
11081402.jpg
今まで、一つ一つ目をなおしていましたが、いい加減面倒になってきました。


この問題についてL社に問い合わせたことがあります。
丁寧に対応していただき、将来的には修復サービスもするかも・・・・・・・・でしたが、
現状では、自分でホームセンターで網を買って来て直してくださいって事でした。

と、言われても最新マニュアルにも交換方法の記載はなし。
以前に問い合わせた時には、近日中にネットだけでも発売すると言っていましたが、いつもチェックしているページでもアナウンスはなし。


メッシュフィルターを交換したような記事も見当たらない・・・・・・
ということで、メッシュフィルター交換に挑戦してみました。


ただ、これがなかなかうまくいかず・・・未だ試行錯誤中。
明日以降、記事にしていきます。

やっとここまで来ました。

先週サンプの大掃除をしました。
大きなトラブルもなく経過は順調です。

相変わらず、ヤッコ同時投入の煽りで未だに大量の餌をばら撒いています。
おかけでスミレも1日い~2回は観察可能に。

ほっとするのとは反対に、餌の与え過ぎに起因する富栄養化を心配しておりました。
1週間静観して恐る恐るPを計測してみると

11081401.jpg
思わず2回計測したくなる気持ちがやっとわかりました。
例外にもれず、私もしっかり2回計測しました。

2回と0ppmでございました。

すっかりバイオペレットの熱も冷めた今頃0ppmになるとは・・・・・

サンプにたまるデトリタスもP上昇の原因になるのでしょうか?
我が家の場合は、サンプで冷凍生餌で餌付けなんて事をしていたので、十分に可能性がありますが・・・・
いずれにしても掃除しておいてよかったです。

ちなみにリン酸吸着剤(ROWA)併用しています。

自動販売機でお買い物

先日、ネットの自動販売機で購入したものが届きました。
11080901.jpg
自動販売機と言ってもネット通販ですが、思っていたより良いものができたので紹介します。

今回注文したのは こちら(KOWA)
見たまんまですが、カラスの水槽蓋です。

一応、地震対策、水漏れ対策です。
これで、大幅に減ってくれるといいのですが。

こんな仕様で注文してみました。
どんなものが来るのかわからなかったので、今回は1枚だけ。

透明ガラス(高透過ガラス)
縦: 200ミリ
横: 575ミリ
厚さ: 5ミリ
形状: 角丸[35ミリ]
エッジ処理: 角磨き仕上げ

水槽の奥行きが60㎝、ガラス厚が12mm。
一応1mmの遊びをとってサイズを決めました。

11080902.jpg
もともとフランジ付なので、フランジに乗せるだけ、余計なフタ受けをつける必要がありませんから、見た目もすっきり。
やっぱ5mmは、ずっしりと重く高級感があります。
蓋というより、ガラステーブルの天板って感じです。

11080903.jpg
1mmの遊びのおかげでしょうか?蓋のスライドもスムース。

蓋をすると光の減衰が気になりますが、一応高透過のものを選択しました。
見た目には、蓋のあり、なしではほとんど同じ、PO4が下がると同時に、やや色とびしがちだったのでちょどいいかもしれません。

本来の水漏れ防止効果がどうなのかは、まだ分かりません。
ずっとわからないままが良いのですが・・・・・・・・


とっても、気に行ったので反対側にも追加注文するつもりです。


サンプの大掃除

昨日は、予定通りサンプの大掃除をやりました。
11080801.jpg
昨年は、GWにやっていたのですでに1年以上が経過。

ついでにポンプの掃除も
11080803.jpg
こちらは1年ぶりです。
昨年の2年ぶりのぞうじより汚れている様な・・・・

カルシウムの沈着などは無く、水洗いで簡単にきれいに
11080804.jpg
また、1年頑張ってもらいましょう。

そして、よりによってこんな時に職場からの緊急呼び出し。
11080805.jpg
あわてて、もとに戻しました。
11080802.jpg
やっぱりサンプはきれいが良いですね。


帰宅後、水漏れをチェックすると・・・・・・・・
Oリングはずれがありましたが、事なきを得ました。


が、この時期にサンプの掃除はダメですね。
朝、8時から11時までの3時間の循環停止でしたが、循環時より1.2度も上昇。
しかも水換え用に溜めている海水まで上昇してしまうために、余計に時間がかかります。
途中で呼び出しが入ったのであわててかたずけましたが、ゆっくりやっていたらもっと上がったと思います。

やはりこの手の掃除は、気温20度くらいの時期が良いようです。

思ったより良かった。

久々に水質検査をしました。
SPSの調子はいまいちですが、水質はさほど悪くありませんでした。
PO4は、やや低下して0.14まで下がっていまいた。

0.32を記録してから水換えもしてなかったのですが、ちょうど半減。
ペレットは効いているようです。

最近、バクテリアフィルムだと思いますが、バイオペレットリアクターに白っぽい藻みたいなものがすぐに増えてきます。
そして、あっという間に網目がつまり流動が悪くなってしまいます。
リセットするかどうか思案中。

明日は、サンプの大掃除の予定です。

よかった!! 生きてたのね~~

昨夜、風呂上りに何気なく水槽に目をやると・・・・・・
いなくなったはずのあの魚が・・・

11080301.jpg
マルチに瞬殺されたと思っていたスミレちゃん。
ちょうど1週間ぶりに生存が確認できました。

特に白点などの病気も出ていませんでした。
つかさずエサをまいてみると、パクリパクリ。

何とか、つまみ食い程度は食べているみたいです。

リン酸の急上昇でエサを減らそうと思っていた矢先です。
当分、減らせそうもありません。


この直後、再びマルチの強烈なアタックを受け、岩陰に消えていきました。
そして、この二日間、ニシキを見ていません。

元の木阿弥

昨日の地震、結構揺れました。
水槽の電源まで落として逃げる準備に入りましたが、大事には至りませんでした。

水漏れも無く、すぐに電源を復旧して床に就きました。
一安心。


と、思いきや今朝PO4を計測すると・・・・・・
な、な、なんと

0.32ppm

ge, ge, ゲ~~
もしかして、過去最高?
どっちにしても、やばい数字です。

先週末が、0.15程度だったので倍増してしまいました。

やはり、エサのあげすぎでしょう。
ここ最近、ヤッコたちの為にいつもの倍以上のエサをばらまいておりました。


今日あたりからちょっと減らします。

京都

仕事と家族サービスを兼ねて京都に行っておりました。

11080102.jpg
京都へは何度か行った事があるのですが、ゆっくり観光したことははじめて。
世界遺産見てきました。

子供たちはこっちの方が大好きみたい。
11080101.jpg
トロッコ電車

二日間、家を空けましたが水槽に大きな変化はありませんでした。

やっぱり、スミレはできません。
どうやら瞬殺されてしまったようです。

キイロハギxパープルタンのハギバトルは大分落ち着いてきました。
バトルしていたほうが、他のヤッコたちにとって安心なのですが・・・・

心配していインドニシキは、隠れながらもこっそりエサを食べています。
でも、こっそり食べているようではダメなような気がします。

2匹のシマは、今のところ大丈夫そうです。
内1匹は結構暴れん坊かもしれません。




MTの球が、交換して1年たってしまっています。
カウンターで右の球が1年経過していることに気づいてはいたのですが・・・・・・・
左の球も1年を迎えてしまいました。


みなさん1年で交換しているのでしょうか?
ちなみに私、昨年交換した古い球がいまだに捨てられません。
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。