HOME   »  2012年05月
Archive | 2012年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青テグリ、赤テグリ

今日の金環日食、見える地域の中心線上にいたにもかかわらず曇り・・・・・・
部分日食は時々見えましたが、肝心の金環日食は全然見えませんでした。

残念。


生体追加第2弾はこちら
12052101.jpg
ニシキテグリ
またの名をマンダリンフィッシュ。

体色が濃いめでブルーが強いものと、明るくて赤が強い物が一緒の水槽にいたので、それぞれ一匹ずつ。
全般的に、大き目の個体が青っぽかったような気がします。
同じ入荷であることから地域変異でもないでしょう。
性別の違いでもないようです。


可愛そうにこの2匹、一回り小さい先住のスポテッドにいじめられています。



スポンサーサイト

生体追加

リセット後、徐々にテンション上昇傾向です。
ちょこちょこ生体を追加しています。

第一弾。
12052001.jpg
水槽中央の島に、イソギンチャク2匹。
見えますでしょうか?
ライブロックの影に触手が3本。

同じような蛍光グリーンのサンゴイソギン(タマイタダキ?)を2個体。


この時は、うまく中央の島に2個体とも導入成功と喜んでいましたが、やっぱりイソギンは気まぐれです。
翌日には
12052002.jpg
水槽の左端。
いや~~な所に移動しておりました。

もう一匹も
12052003.jpg
なんと、ライブロックの裏側・・・・・・・・

そしてもっと悲しいのは、住人になるはずのカクレ達が見向きもしてくれません。
ブリード物の性か?
未だにタコアシブランチに寄り添っています・・・・・・・・



綺麗なハタゴとカッコいいクマノミを探しています。


12052004.jpg

久々の水質検査

およそ3か月ぶりに水質検査をしました。
リセット後は初めてです。


pHはリセット後にしては、すでに低め?
期限切れになったSENEYEのセンサーで見る限り、意外と数値は安定しています。

ペレットを減らした為か?、若干NO3が出ています。

リン酸は案の定上昇しています。
今のところは、吸着剤も入れていないのでこんなもんでしょう。

人工海水のせいかもしれませんが、Mgは低めです。
サンゴも入っていないので、添加もしていません。

Feは相変わらず0ppmでした。

底砂追加しました。

12051405.jpg
リセット後、こんなに汚かった水槽に底砂を追加しました。

使用した砂はこちら
12051401.jpg
今回は#1のパウダータイプを2袋約9Kg。
12051402.jpg
貝殻とか粒石は後々汚れが目立つので、ブレンドは無し
これだけです。

このパッケージにはこんな記述
12051403.jpg
がありますが、さすがに1回では厳しいと思います。
結構、木くずのようなゴミが混ざっていますし、洗うと濁ります。
もし1回で済ませるなら長めの1回がよろしいかと。

ただ、通常の底砂よりも濁りは少ないし、あっという間に濁りも取れます。
下手なライブサンドより濁りは少ないかもしれません。

そして、白い。
社長が勧めるだけの事はあります。
12051404.jpg
左が今までの底砂、右がスーパーアラゴナイトサンド。
明らかに白いです。
そして、ピンクの粒々いり。
どこかの**ピンクのような感じです。

そして、仕上がり
12051406.jpg
たっぷりの遊泳スペースと白い砂。
砂の厚みは、うんと減らして2㎝弱。
良い感じです。

Desktop Aquarium

オフィスのデスクになんちゃってテラリウムを設置しました。
12050901.jpg

ここの送料無料作戦にまんまとはまり、ついでの買いをしてしまいました。

住人はこの子たち
12050902.jpg
ヒメダカで3匹

こんなきれいな水景が数千円で作れるなんて・・・・・・・・
これで十分癒されそうです。



オレンジ鹿の子

なんとなく気分転換でテンプレート変更してみました。
黒基調から一転白基調です。

所々不具合があるかもしれません。
ちょっとずつ直します。




いつもお世話になっているかの氏より海産物が届きました。

12050701.jpg

前日、こっそりブログをチェックしていたので、もしかして???
と、予想しておりましたが、期待通りのものをいただいてしまいました。

12050702.jpg

厳重に梱包された海産物であります。

12050703.jpg

ざっと50匹以上はいるでしょう。
どうやら、4個体から増えた近親*姦もの?
この種の貝は、無性生殖で増えるのでしょうか?

1匹の没なく到着しました。

ただ、水槽に移す際にポロリと1個。
探したのに見つかりません・・・・・・・・・・



数か月前、オキシドール事件で壊滅的なダメージを与えてしまったにもかかわらず、こうして海産物を送っていただけるとは。感謝、感謝でございます。

本当にありがとうございました。
リセットしたての水槽で大事、大事に育てて3倍返ししたいと思います。

ほぼ完了?

3日前より始めたリセット、完全なリセットではありませんが、とりあえずは今日でひと段落しました。

水槽内は、報告の通りですが何よりも真っ先に、バイオペレットをリセットしました。
量は今までの約半量、300ml弱です。

昨日までに90%程度抜いた砂の残りを抜きました。
12050601.jpg
まだ残っていますが、底のガラスが見えています。

12050602.jpg
心配していた白点も今の所出ていません。

そして、改めてライブロックを組みなおしました。
12050603.jpg
LRもだいぶ減らして、今までの2/3~1/2程度だと思います。
底砂を入れるか止めるか・・・・思案中。

サンゴは無くなりましたが、何よりも水流が良くなった事を実感します。

水槽内をリセットしたことで、やや気持も上向き。
水回りの改良もしたいので、当分はこれでいこうかと思います。

ただいまリセット中

冬場に枯れてしまった思っていたクレマチスが、3月頃から目が出て今ちょうど綺麗な花をつけています。
12050507.jpg

あいにくの雨でしたが、これもなかなか
12050508.jpg

水槽のリセット
普通の人が1日で仕上げる所、チマチマとやってます。
この辺りテンションがある時ならば一気にできるのですが、半日やるとなんだか・・・・・

テンションと言うよりは、体がもちません。

5月4日朝
12050509.jpg
いまさらながらに結構底砂入れていました。
軽~~く10cmはありそう。

あの頃は、こんな厚底が流行っていたんです。
この分だけ、汚れもたまるはずです。

無謀にもライブロックを脇にずらして、魚を泳がせたまま底砂を抜きました。
完全手作業
12050510.jpg
90%以上の砂は取れました。

随分濁りますが一晩経てばこの通り。
以外にも、黒ずんだ嫌気層はありませんでした。

厳密には嫌気層はあったと思いますが、黒い硫化水素を発生しているような塊は全く出てきませんでした。
多めに混ぜていた貝殻が役に立ったのか?
でも、この貝殻は、後々非常に見た目を悪くします。
今回、砂を抜く決心をしたのも、この貝殻抜きたい事が理由の一つ。

あすに続く




腰あげる

最近特に重くなった腰をようやくあげました。


5月3日朝
12050501.jpg
きれいな頃ならまだしも、こうも色味が無くなるとただゴチャゴチャで汚いだけです。

約2ケ月間、水槽の掃除をせずに放置。
12050503.jpg
水槽の前面にまで石灰藻が・・・・
まあ、石灰藻が減衰せず、むしろ増殖できる水質を維持していたということか?

ひどいのは側面
12050502.jpg
いつの間にか、床屋さんの金魚鉢みたいにガラスが緑に・・・・・・・
ここまで緑にしたのは初めてかも?
とは言っても、2ケ月放置した割にはむしろ綺麗な方だと思います。


それはさて置き、まずはサンゴの整理。
12050504.jpg
元々の土台が出てきました。
改めてみると、我ながら良い岩組みしてるじゃん。

ん~~~~
これを崩すと2度と元には戻れない・・・・・・
残したままでは、いつまでたっても良くならない・・・・・・

どっちにしても、底砂を減らしたかったのでちょっとだけ救ってみると・・・・・
12050506.jpg
が~~~~~ん。
とても砂とは言えない濁り水。
泥色でございました。

4年分のデトリタスがジュワ~~とたっぷり滲み込んでいるようです。
過剰に添加された炭素源も含まれている事でしょう。

さすがに見過ごすことはできず・・・・・
12050505.jpg



あすに続く


Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。