HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  Marine Aquarium  »  リアクターの設置の前に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアクターの設置の前に

週末は天気も悪く、土砂降りの中で水換え(80L)、と同時にCa リアクターを設置しました。

ちなみに設置前(水換え直後)の水質

比重:1.023(20度補正)
pH:8.0(前回よりちょっぴり上昇、PO4-の効果?)
Alk:1.6(KH:4.48)
Ca:350
PO4:0~

Alk(KH)はRedSeaのAlkキットで計測しているので正確な値は?です。
KH=Alk*2.8でしたっけ?
いずれにしても低いことは間違いありません。

燐酸はだいぶ下がってほとんど検出されなくなりました。
色見本をなくしてしまったため、ROと天然海水と一緒に測りましたが、どれも薄い黄色の0。
(ROのフィルターがいかれていないことが前提ですが・・・・・)

ちなみに2週間前に、リン酸吸着剤(カミハタ)を1000L分、PO4マイナス(Korallain)を隔日規定量より少なめに投与しましたが、それなりの効果は出たようです。

Ca、思っていたほど低くありませんでした。
一瞬、リアクターやめようかな~と思いましたが、KH補給を主眼に設置を続行しました。

まる一日かけて設置は完了したのですが、こんなことしてたらあっという間に半日が過ぎてしまいました。

これ、ウールボックスのフタです。

08082501.jpg
(加工済み)
写真のように5箇所に穴を開けました。


目的はこれ

08082502.jpg

チューブホルダーです。

今まで適当につるしてましたが、ちゃんと固定したい、でもチューブホルダーを購入する元手が無い。
結局、DIYになってしまいまいた。

ホルダーといっても、元々のフタ(塩ビ)に6mmの穴を開けてリーマーで太さ調節、チューブが落ち込まないように内径5.8mmのOリングで固定しただけです。

このOリングで塩ダレも防げればと思っていますが、たぶん無理でしょう。

ウチのサンプは、水槽からの戻り水はすべてスキマーを通る流れですが、脱窒フィルター、リアクターからの酸性の強い海水が、シャワーとスキマーで少しでも中和されることを期待しています。

ちなみに、チューブは左から

RO給水用(白)
Biodenitrator(黄)
予備
Ca reactor 1(緑)
Ca reactor2(オレンジ)

です。
他のがどうか分かりませんが、ウチのリアクター、outletが2本あります。そのうち1本は余剰CO2の排出用。
あまり見かけないタイプだと思いますが、他社製を見たことが無いので分かりません。

果たしてちゃんと機能しているかどうか???・
マニュアルどおりに、炭酸ガスバブル数、産生水スピードを設定して12時間、今朝産生水のpHを測ってみたら

なんと、pH:8.7   ・・・

水槽循環水よりもpHが高いって・・・・・どういうこと?
ガスが少ないのか、ポンプがうまく回っていないのか、これではメディアも溶けなさそうですから・・・KHとか測ってません。

ラインから空気でも入っているんだろうか?
今晩もう一度測ってみよう。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Caリアクターの調整って難しそうなイメージありましたけど、やっぱり面倒そうですね。
パープルアップを毎日フリフリしている私にはレベル高すぎます><;
こん○○は、

私も添加剤しか使ったことがないのでなんとも言えませんがリアクターなら急激な水質変化がないので安定した飼育が出来るでしょうね、
しかぱっち さん

うちは3日に一度、フリフリしてます。それさえも面倒なのでリアクターなんですけどね。

カール さん

どうなんでしょう?しばらく試行錯誤の繰り返しになりそうです。しくじって、崩壊しなければいいのですが・・・・・
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。