HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  設備&器具  »  リアクター設置のその後

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リアクター設置のその後

リアクター内で起きている化学反応についていろいろと妄想を膨らませていましたが、結局のところ私自身の設置方法の不備による可能性が大きいです。

皆さん、お騒がせしてすみません。



昨日の朝、ブログを書く前に

CO2:18/min
生産水:60滴/min

変更してました。
帰宅後(約12時間後)

pH:8.1

とpHの低下傾向が・・・
さらにその晩

CO2:25/min
生産水:70滴/min

に変更して8時間後の今朝

pH:7.1

まで低下していました。
慌てて

CO2:18/min

に変更。
その後の経過は、今晩計測してみようと思いますが・・・・・

Caは低いままなんです。
Red SeaのCalcium Proで計測していますが、Caは100を切っていると思います。

ちなみに水槽内

pH:8.1で0.1pt上昇
Ca:370でほぼ横ばい
Alk:2-2.5で上昇

です。

で、単に炭酸ガスの投与量が少なすぎたのかと思っていたのですが

カールさんに御指摘いただいた

”カルクワッサーを早いスピードで添加したときに似てません? ”

のコメントで私の愚行に思い当たるふしが・・・・・・・・・・・

今回の設置にあたり、メディアは洗ったのですがリアクターに入れる前に極簡単に。
私の不確定な記憶では、Caリアクター用のメディアはほとんど洗う必要がないと思っていました。

ただ、洗わないもの心配なので、リアクターに充填あと、通水を閉鎖、CO2を添加しないで循環させていました。

ガスを入れないで、約3~4時間は回していたでしょうか?
まわしていた汚れた海水は捨てるつもりでした。

捨て方は、新たな海水を通水して汚れた海水を洗い流そうと考えていました。
リアクターから出てくる海水は、バケツにとって捨ててしまおうと・・・・・・

で、その通りやったんです。
しかも、リアクター容量の2倍近くの海水で。


でも、そのときリアクターの循環ポンプは止めていました。
もしかしたら、水が噴出してくるのでは????と心配になしまして・・・・・・・・・


ここに、大きな問題点がありました。

08082701.jpg

この構造だと、ポンプを回していなければ、新たな海水を注入してもポンプを通り抜けて、そのままoutletから出てきます。つまり、リアクターのチャンバーを洗浄したつもりが、ポンプの内部だけを洗浄していたことに・・・・・・・・

やってしまいました。
今から思えば、洗っているはずなのに、ずっとキレイな海水が出てきていました。
そのときは、やっぱりメディアは洗わなくて良かった・・・・と納得していたのですが・・・

単に、ポンプに海水を通しているだけだったとは・・・・

と、言うことは・・・・・
ここ数日、メディアの洗浄水のpHやCaを計測して試行錯誤していたことに・・
お恥ずかしい限りです。

それをまた、マニュアルの滴下を守り、40滴/分でまわしていたのでいつまでたってもリアクター内部がきれいにならず。
この3日間、時間をかけてメディアの洗浄水を水槽内に投与してしまったことになります。


溶質が異なるので、カルクワッサーといわないと思いますが、カルクワッサーsp. にはなっていた可能性があります。
メディアだけを、強制循環したので、とっても薄いアラガミルクになっていたのでしょう。この洗浄水そのものが、アルカリ性だと思いますが、それに、CO2を添加したために、Caが沈殿し、生産水のCa低下を招いたと考えられます。かつ、添加したCO2はCaと結合したために海水中のCO2飽和度がいつまでたっても上がらず、高pHのままであったと。


昨日、生産量を増やしたことでリアクター内の換水が加速され、徐々にpHが飼育水レベルに。
さらに、徐々にCO2が海水に溶け出し、pHが低下してきたと考えるとすべての説明が付きます。

現状のpHでは、メディアは溶けていないのでCaは上がらない。

とすると今日当たりから、沈殿したCaが一気に溶け出す?????
やばいかもしれませんね・・・・・



というわけで、今まで立ててきた仮説が正しいか、誤りかは分かりませんが自分の中では納得できました。

結果的には

リアクター  も悪くなければ
メディア   も悪くなく
Mg Pro   も悪くありません。

悪いのは、私です。


本日より、改めてCCO2、生産水をマニュアル通りの初期設定に戻してはじめからやり直してみます。
理屈からいくと、pHの低下に伴い徐々にメディアが溶け出し、Ca、KHが上昇していくはずなんですが・・・・・

でも、理屈では説明できないことが起きるのがアクアの世界。
暖かく、見守りください。

最後に、コメントをいただきました皆様、いろいろとアドバイス、御指摘を頂きありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
原因がわかってよかったですね。
今度はうまくいくといいですね。
こん○○は、

そうですか、ということはメディアにもよると思いますが洗ってから使ったほうがいいみたいですね、勉強になりました、
たしかにアクアの世界は理屈では説明できないことが起きますよね、でもその仮説を考えるのも楽しいですね、
しかぱっち さん

スッキリ!!です。ありがとうございます。
それにしても、キレート、電解質関係にお詳しいですね。また、今度教えてください。

カール さん

無い頭で考えていたので、この数日間はCaとCO2とpHが頭の中を駆け巡っていました。
正直、楽しいです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。