HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  設備&器具  »  水槽設備 第4弾

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水槽設備 第4弾

配管作業は、ゆっくりと進行中。
今週の週末は、クーラーの仮置をしました。 クーラー(KDA-500)のソケットからピンクの水が出てきたけど大丈夫なんだろうか? 経験のある方います?

水槽設備の紹介も第4弾です。
果たして、何人の方が読んでいてくれるのやら、、、、それでもカウンターは200を越えています。
皆さん、御訪問ありがとうございます。

よろしければ、相互リンク、コメントお願いいたします。

第4弾はサンプを紹介いたします。   (長文の予感です。)

サンプ1
このサンプは、ウエイブクリエーション ヤマダ さんで作っていただきました。

 


濾過槽 Sump for water filtration

 

メーカー
Wave Creation YAMADA

サイズ
650(W) * 450(D) * 450(H)

濾過槽
変則 3槽式
サンプ3 後面から
I:   第1槽
II:  第2槽
III: 第3槽

ソケット
サンプ2 上面から

  1. 50A ウールボックス サイド溶接仕様 シャワーパイプ
  2. 20A リフジウム戻り用
  3. 40A スキマー戻り エルボーソケット
  4. 25A オーバーフロー排水用ソケット
  5. 20A メインポンプ用ソケット
  6. 20A スキマー用ポンプソケット
  7. 16A 排水用ソケットバルブ
  8. 13A フィルター戻りソケット(第1槽:写真には写っていません)

その他
スノコ あり
フタ 450(W) * 450(D)

ウールボックス
200(W) * 450(D) * 150(H)
底面排水口 2箇所
J パイプ ドレイン
(こちらを参考にさせていただきました)

こだわり Point!

いろいろとこだわっていますが、要はいろんな方の良いとこ取りです。ご自身の仕様を公開されている方、ありがとうございます。
私も、自分の仕様を公開することで罪滅ぼしを。

すでに同じような仕様にしている方もおられると思いますが、基本的には自分で考えました。おそらく構想6ヶ月以上です。

このサンプですが、第3槽から始まります。ここには、水槽からの戻り水がウールボックス経由で入ります。

第3槽の海水が、スキマーに送られ、スキマーを通った海水は第1槽に戻ります。

第1槽の海水は第2槽に移動しますが、第1槽、2槽の仕切り板の追加は、第一に泡消しですが、ある程度水流を確保し、吸着剤、濾材を入れられるようにと考えています。

基本的には、ベルリンで濾材は入れないつもりですが、もしかして濾材が必要なときには第1槽に入れるつもりです。スノコも、このために一応つけました。

第2槽からメインポンプに給水されます。
メインポンプから水槽へは、スキマーを通った綺麗で、酸素たっぷりの海水が供給されるはずです。

第2槽と第3槽はオーバーフローフェンスで仕切りました。

スキマーとメインは同じポンプを使用しますが、配管抵抗から

スキマーからの水量 > メインポンプへの給水量

となるはずです。
メインポンプに給水されない海水は、第3槽へオーバーフローしてくれるはずです。
(実証できていません)
つまり、水槽で汚れた海水は、原則的には第2槽へ流れ込まないはずです。

でも、もしものときに、スキマーポンプの流量が減った場合、第3槽から2槽へオーバーフローして、第2槽が空っぽになることを防いでくれるはずです。   たぶん。

写真では、第3槽のオーバーフロー分は、排水されてしまいますが、実際の使用時には、25Aの排水ソケットの内側にエルボーを追加して、排水水面をあげる予定です。

排水ボールバルブは標準では13Aですが、16Aにしました。
排水スピードを上げることも目的の一つですが、将来的にエクストラポンプの必要に迫られたときにも使えるはずです。

ポンプを回しながら排水すれば、サンプ内の海水はすべて排水される予定。

25Aの排水用ソケットですが、万が一のサンプからの漏水回避のためにつけました。25Aを選択した理由は、床につけた洗濯機用の排水口(飼育水要 排水栓)が25Aがぴったりだったからです。

配管のときに紹介しますが、25Aの排水と、16Aの排水パイプは途中で合流します。

サンプのフタですが、ウールボックスを置いた状態では、45cm x 45cmの正方形です。このメリットは、三角の開口部(電源コード、チューブ用に開いているところ)がフタを回転させることで左右、前後どこにでも設置可能になります。

てな、感じでしょうか?
ウエイブさんでも、この手のサンプは初めてといっていました。
ということは、、、、、、、大失敗の可能性も???
まあ、そのときはウエットに変更するということで。 なんとかなるんではないかと。 無理?

もし、問題点にお気づきの方がいましたら、是非コメント下さい。
お願いします。

 

関連記事
スポンサーサイト
Comment
すごいっすね、濾過槽(笑
うちもウェイブクリエーションさんですが、2層で仕切り一枚入れて、考えたのはスキマーのあわ切りと濾過槽でも魚を退避できる仕様だったのですが、スキマーの勢いのある戻し水流で隔離水槽にはできませんでした><

後は来てから自分でだいぶソケットつけちゃいました。
こんなに細かい図面引けるとはすばらしいですね。
感心してしました。
かちゃやん さん

スキマーの戻し水など、想像できません。心配になってきました。 やっぱりだめかな~~~

図面なんて呼べる代物ではないですよ。
パワーポイントでお絵かきしただけですから。

自分ではソケットつけられないので、つけてもらいました。かちゃやんさんの記事を読んだときうらやましく思っていました。

早く、水入れたいです。
思い切って一度穴を開けると、いくつでもあけれるようになりますよ(笑

そうそう、クーラーは新品でも一度は強力なポンプでお湯を空回ししたほうがいいですよ。
うちもなんかピンクの物が出てきました。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。