HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  45cm水槽(タツノオトシゴ水槽)  »  カニハゼ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カニハゼ

この週末、水槽の入れ替えをしました。

タツ、カクレ(ちび)、カニハゼを25cmキューブに入れていたのですが、30*30*40のちょっと大き目の水槽にお引越ししました。(今まで小さすぎたのですが・・・)
引越しに合わせて、小さめのライブロックも追加しました。

水槽全景は、また後日ということで。

古参の魚たちには、新たな生体が優遇されてしまうのも宿命と思ってあきらめていただきましょう。

で、先日購入したカニハゼちゃんはこちらです。

100_1449.jpg

こちらの、カニハゼうちに来て数日がたちますが、なんだかお腹がへこんできました。
砂は、ハグハグしているのですが、いったい何を食べるのでしょうか?

実は、この砂 CASISという光触媒の人工砂なんです。この子を買ったブルーコーナーさんが発売元なんですが・・・・今まで目に見えるような効果を実感したことはありませんが、ベントス系がいると効果があがるということで、使っています。(最近、お店のHPからも広告が消えてしまった。)

というわけで、この砂にはまだ微生物もほとんどいないんです。

一緒に、バックの緑も買いました。
フデノホ という海藻らしいです。
1つが5cmくらいの石ころにくっついていて、計4個入れてみました。

なぜか、貝たち(マガキ、タイラガイなど)が集まってきます。サボテングサのような石灰藻の一種らしいのですが、うまく維持していきたいものです。

追記:タツ(オオウミウマ)が冷凍アミエビを召し上がってくれました。
生餌のストックに難渋していましたが、何とかなりそう。。。。。。。。。これも、ネタとして温めます。

追記2:3月21日アカネハナゴイ4匹のうち、1匹が没。ここ一ヶ月くらい、餌の時には出てくるもののほとんど口にせず、拒食症で激ヤセしていました。 サンゴヤドカリ、ハナギンチャクの餌に。 あ~~~無常。

追記3:3月22日カクレ7匹のうち、小さいほうから2番目の子が没。原因は、いじめです。息のあるうちに隔離しましたが、間に合いませんでした。 無計画に購入したツケです。 反省。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
カニハゼは底物の海水魚の中でも長期飼育が難しい魚らしいですね。

CASISそういえば購入しようかどうしようか迷った覚えがありますが、効果は目に見えてないっぽいです?
かちゃやん さん

CASISの効果。目に見えません。
ショップでは、光を当てながら流動床フィルター的な使用の実験もしていたみたいですが、いつの間にかなくなりました。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。