HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  設備&器具  »  仮配管ほぼ終了

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮配管ほぼ終了

この週末、仮配管の大部分が終了しました。
立ったり、しゃがんだりの連続でやや筋痛が、、、、、

で、こんな感じになりました。

100_1490.jpg

あくまで、仮配管なので、この配管は一旦、すべて外します。
接着部位を確認しつつ、本組をするつもりです。

水槽内のホコリもだいぶ目立ちようになってきました。
ゴールデンウィークには間に合いたい。

キャビネット内部です。 (上記写真)
果たして、こんなんでいいのかどうか?
自分なりには整理されていますが、何分初めてなものですから。
次はありませんが、もう一度同じような配管をする機会があれば、もう少しうまくできると思います。 

キャビネットの裏側はこんな感じ

100_1493.jpg

これは、サンプ内循環のために作ったのですが、途中にもバルブを入れてしまいました。
貴重なブログネタなので、説明は後日。

こっちは、裏側からチャンバーのアップです。

 100_1494.jpg

全く、センスなしですね。
当初の計画では、チャンバーへもストレートで入れるつもりだったんですが、、こんなことに。

これでもメイン循環は極力シンプルにしたつもりで、裏側のゴチャゴチャ配管は、主にサンプ内循環と排水系なんです。

長さを合わせたきっちり配管は技術的にできなかったので、ホース接続を多用してしまいました。
ホースバンドも、ステンレス製にすると馬鹿にならない金額です。

コスト的には、ホース1mと塩ビ1mでは約10倍、ホースのほうが高くつきます。
でも、失敗した材料の分を差し引けは、ホースのほうがよほど効率てきか?


先日、紹介したポンプの配管、コーラルフィッシュを読んで変更しました。

100_1487.jpg

以前のメインポンプへのU字でしたが、メインポンプのソケット、サンプの第2槽から引いており、サンプ内にも約30cmのパイプがあるため、短縮しました。

雑誌の記事を読んでいるとき、マックシェークが、なかなかストローで吸えないことを思い出したのは、私だけでしょうか?送り出す以上に、吸い込むことはポンプに負荷がかかることだと納得しました。

スキマー用ポンプは、他の配管との干渉のため、そのまま。
壊れないことを祈ります。
結果的に、ストレートの配管はできず、45エルボで接続しました。

45エルボは、両端1cm、計2cm短縮しました。
塩ビカッターで意外と簡単に切れました。
ソケットの受け口は、25mmに浅くなりますが水圧がかかる場所ではないので、いいかな?と。 ダメでしょうか?ホースバンドはする予定。

写真にしてみると、これはこれで意外といいかも? 単に自己満足です。

追記:昨日のハマさんからのコメントの返事を書きつつ、不安が・・・・・
シールテープって、ネジ締めで、シール自体も締まり込む方向に巻けばいいと思っていたのですが、実際自分がどっちに巻いていたか、不安になってしまいました。

もう一度、初めから巻きなおそうかな~~~。
シールテープって何周くらい巻けばいいんでしょうか?

ある製品の付属で、シールテープが巻いてるものがあるんですが、それは3~4周程度しか巻いてありません。
あるホームページでは、楔状になるまで、と書いてありました。

ん~~~~。誰か教えてください。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
凄いですね。
何が何だかチンプンカンプン^^;
本組、頑張って下さいね^^
シールテープって巻く向きあるんだ!
こん○○は、

凄すぎて私のレベルでは何が何だかサッパリですが、Yamamotchさんの情熱とマックのシェイクが吸いにくいことは私にも伝わってきますwシールテープは巻きすぎると閉めこめないので閉めこめる程度でいいのではないでしょうか、4週くらいで十分な気がします、
これなら地震が来ても万全ですね、
配管かなり凝ったものですね。
私は基本的にシ-ルテ-プは不安を感じて、バルブ部分以外は使っていません。
配管の組み立てには、水道配管で使うエンビパイプ用の接着剤(ヒシボンド)を使っています。
ホ-ムセンタ-へ行けば簡単に手に入ります。

外れたり、漏れが無い為確実でしょうね。
只、後で分解出来ないのが難点だったりしますが・・・。
補足
バルブへのネジ部分(バルブソケットを使う場合)は、シ-ルテ-プ5回程巻いてやれば大丈夫だと思います。
水道圧はかなり高いのですが、殆どの場合これで漏れませんので、水槽でもそのくらいの巻き数で良さそうです。
勿論締まっていく方向に巻いて行くのが基本です。
一旦締めた状態の物をもどくと、シ-ルが切れてしまい使えません。
再度巻きなおす必要がありますよ。
たらふくさん
追々、説明書きますね。

カールさん
巻きすぎに注意します。

うみうさぎさん
いろいろとありがとうございます。塩ビパイプの接続にはすべて、塩ビ用の接着剤を使用しました。
全般的にシールテープを巻きすぎているようなので、一から巻きなおしてみます。

皆さん、コメントありがとうございます。
配管は、自分でもやりすぎ、複雑すぎと思っています。時間をかけすぎました。後悔もしてますが、一度やってみてから、必要があればやり直します。 まあ、何事も経験ということで。
ものすごい配管ですね。
フェチの私にはたまらないです(笑
ところでショップで配管がシールテープなのは漏れても店なので問題ないのと、場所を変更する可能性が高いからでしょうね。

自宅で変更する予定がないのであれば、ボンドで接着した方がいいと思いますよ。
こん○○は。

配管が凄いですね。
最近知ったのですが、カキショウテンさんのHPにこんなのが欲しかったと言うパーツが出ていますよ。
 
そして配管の逆ネジの件ですが、配管部材に関してはあまり詳しくないのであるかないかは申し訳ないのですが知りません。
普通のボルトではたまに見かけますが。。。
参考にならなくて申し訳ないです。
かちゃやん さん

お店のシールテープ、そういう理由だったのですね。移動する予定はありませんが、不備が明らか担って、後日変更に迫られる可能性はありそうです。

はま さん

今、使っているパーツのほとんどはカキショウテンで購入しました。サイズはありますが、バルブ系、継ぎ手系の特殊なものは、ほとんど一度は注文してしまいました。 結局、使ってないものも結構ありますが・・・・。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。