HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  Marine Aquarium  »  セルフ 水質検査会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セルフ 水質検査会

久々でもありませんが、久しぶりに持っている検査薬のすべてを使っ水質測定をしてみました。

測定当日、100Lの水換え。
その約10時間後、メタハラ点灯1時間前にサンプル採取。

水温:24.5℃
比重:1.025(20度補正)
pH:8.1(pHメーター)
NH4:0.25ppm (RedSea)
NO2:N/A
NO3:0 (RedSea)
KH:6 (Dupla)
Ca:425 (RedSea)
Mg:1440 (RedSea)
PO4:0~ (RedSea)
I:0.06~ (RedSea)
ORP:107 (LSS)



微量元素をどうのこうの評価する前に、水質の根幹がなってません。

最大の問題点はNH4です。
ここ最近、計測するたびに0.25ppmが検出されています。
09082501.jpg
バクテリア製剤の投入をしていますが、なかなか下がりません。
むしろ上がっているかも。

ベルリンでもアンモニアは0が基本らしい、調子も上がらないはずです。


亜硝酸は試薬が切れて計測不能。


不思議と硝酸が検出されていません。
アンモニアも分解されていないので、硝酸も上がらない?


KHはやや低めの6
天然海水のKHが6前後で、6で落ち着いてしまっているのでリアクターの調整が必要かも。
天然海水は緩衝能力が低いらしいので、緩衝剤で補うのも可?


Caはそこそこ。


Mgは十分でしょう。


リン酸は、ほぼ0ですが、若干色づいているような印象。
まあ、ROWAが効いているみたい。前回よりは確実に低下しています。


今回、初めてヨードを計測しました。
測定方法がめんどくさいと思って敬遠していましたが、やってみるとそうでもない。
最新のCF誌を読んでいたら、根元からの白化はヨード不足とあったので、測る気になりました。
意外にも、0.06のスタンダードよりも色はやや薄め。
見た目には、0.07くらい?
ちなみに、ヨード剤は添加していません。

ORPは・・・・・・・・・・泣き。



アンモニアが検出されている理由としては、
生体数、給餌量とスキマー処理能力のバランス。
スキマー処理能力と生物濾過のバランスが悪いからだと思います。

要は、スキマーの処理能力と比較して魚入れすぎ、餌あげすぎ。
魚を減らすか、スキマーをパワーアップするか。

スキマーで処理できない分のたんぱく質がアンモニアになっていると思われますが、生物濾過が整っていれば、アンモニアは消えるはず。
今のベルリンでは、生物濾過はライブロックが担っているはずなので、ライブロックが足りない?



では、
魚の数を減らせるか?
たぶんNo; これから増えることはあっても減る事はないでしょう。

給餌量を減らせるか?
たぶんNo; 現状、そんなに多くはあげていないので、今より少なくするのはちょっと無理

スキマーのパワーアップが可能か?
Yes~No; 不可能ではないが、先立つものが・・・・・・
今後への大きな課題

ライブロックを増量できるか?
Yes; 水槽内のfree spaceは減ってしまうが、LRの増量は可能
これが一番手っ取り早く、生物層も豊富になって良さそう。
ただし、効果が?

生物濾過の強化は出来るか?
Yes~No; 強制濾過を追加すれば、生物濾過の強化は可能だが、硝酸蓄積の問題が。
でも硝酸が貯まったときにはあれを使うか。



なんていうくだらない考察をする前に、すでにあるものを投入してしまいました。
負の連鎖の始まりかも・・・・・。


今日、アンモニアを測ってみよう。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
以前、B箱で測定してもらった時、同じようにアンモニア検出されてました^^;
その後自分で測っても変わってません。
あるものの正体がきになります。
効果があれば、真似させてもらいます(爆)
レポ期待してます!
こん○○は

アンモニアですか~いまだに測定したことがありませんでした(汗)
アンモニアが検出されているのに硝酸塩が検出されないなんてあるんですね、うちでは硝酸塩さえ許容範囲ならアンモニアも亜硝酸も大丈夫だろうと勝手に思い込んでいましたがちょっとヤバイかもしれませんね

前記事のニシキアナゴはご無事だったんですね!?驚きましたw
ということは以前お邪魔したときも私の目の前で砂の中に隠れてたんでしょうかね^^
ヒゲオヤジ さん
まねしない方がいいですよ。

カール さん
もしかしたら不調の原因はアンモニアではないかもしれません。これくらいは大丈夫だと自分も思っていました。 何気に今も思っていますが・・・・・・

奥のほうから引っ越してきたのかも知れません。気付かないものですね~。
こんにちは。

流動濾材の導入は如何でしょう?
と水質を気にしないおいらが言ってみるw
ケンシロウ さん
なかなか鋭いところを突いてきますね~。
あれ、が観れない。。なんでしょう?
>微量元素をどうのこうの評価する前に、水質の根幹がなってません。
うう、耳が痛いです。我が家に比べればYamamotchさんトコは超清浄ですよ。。
KHなんてここのところずっと3ですから。。
pHがそのくらいだとアンモニアの毒性は低いのでは?と思って我が家ではそんなに気にしていないのですが、やっぱダメですかね。。
しかぱっち さん
あれですか? 
あれですよ。

たぶん水質問題ではないのでしょう。
何やっても裏目裏目で・・・・。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。