HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  Marine Aquarium  »  アンモニア地獄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンモニア地獄

サンゴの調子は相変わらず・・・・・・・
ぱっと見で、ダメダメって分かります。

だらだらと延命していたサンゴを二つばかり捨てました。
残るサンゴは・・・・・・・・・・・・・泣







先週の記事のアンモニア。
試薬の問題を御指摘頂き、蒸留水のNH3/NH4を計測してみると。

09082501.jpg
このときと全く同じ、黄緑。(ちなみに写真は飼育水)

まだ購入してから1ヶ月くらいしかったっていないのに、もう古くなった?



最近、この手の問題に次から次へと直面しているYamamotochですが
こうなると、またしても信用できるものが無くなって・・・・・

新たに同じものを購入して測定。
すると・・・・・


普通のオチなら、
新品で測りなおしたら ”黄色の0ppmでした” といくところですが。



なんと、新品で計測しても 同じ黄緑の0.25ppm。
新品で蒸留水を測っても黄緑。

黄色で0ppmだったら、写真にしてと思いましが、新品でも黄緑でバカらしくなって写真も撮りませんでした。




使用しているのは、
RedSeaのアンモニア試薬
この試薬で、反応色が薄黄色でアンモニアが0ppmと表示される人っているのだろうか?
それとも、蒸留水で計測したのが ダメ だったのだろうか?


試薬が悪いとして アンモニアが0だとすると、
この水質ってそんなに悪くないと思い込んでますけど・・・・ダメ?


もしかして硝酸の試薬もいかれていて、ドップリと硝酸が貯まっている? とか

天然海水の中にサンゴに良くないものが含まれている? とか

シアノみたいな変なラン藻から毒素? とか

リン酸や吸着剤もダメダメ? とか

変な貝の食害? とか

とまあ、悪そうなことは次から次へ思い浮かびますが、目に見えないもが悪くなると対応が出来ないのは、CF誌に書かれていた ダメなアクアリストの典型ですね。


自分としては、それほど水質にこだわっているわけではなく、何か悪い原因が分かればと思っているのですが、結果的に 些細な水質の異常に振り回されてしまっています。


あ~~~~。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
目に見えない負のスパイラルに飲み込まれてしまった感じですかね。お気持ちよく分かります。今でこそ落ち着いてきましたが、崩壊してから2年近く最低の状態でしたから。

一度B箱に検査依頼してみてはどうでしょう? 私も行ってお願いしてみたい。
天然海水がクサそうですがそうでないとすると、
実は内の問題ではなく外の問題かも。。
・水槽部屋がタバコの煙で充満しているとか(←ウチです;)。
・照明の球が不良品で変な波長を出しているとか。
・送電線が近い場合、変な電磁波を水槽が浴びているとか。
むむむ。。考えればキリないですね。

カトキチ さん
完全に負のスパイラルです。このままだと、0を通り越してマイナスまで行きそう。
B箱でやってもらいたいのは山々ですが、遠いなあ~。

しかぱっち さん
水槽の脇にオムツ入れがあって、アンモニアを出しまくってます。きっとスキマーから吸入されているでしょう。

持ち家でホタル族です。室内禁煙なので・・・
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。