HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  Marine Aquarium  »  ご回答

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご回答

実は、週明け早々にアンモニア試薬の件で販売元に問い合わせしてみました。


蒸留水(精製水)のみで計測してもアンモニアが計測されたということでしょうか。 通常、精製水のみで計測された場合0ppmの数値が出ます。


との回答が来た後に、昨日の写真を送ったら


弊社でもアンモニア試薬を複数個実験致しましたところ、精製水(薬局市販)でも カラーチャートで記載しております完全な黄色ではなく少し緑がかった黄色が出て おりました。
 尚、弊社飼育水槽でも計測致しました結果、緑がかった黄色に近い色もございま したが精製水よりも濃い色が計測されましたので、現在販売しております試薬は、 カラーチャートとは異なりますが0ppmが緑がかった黄色となるようです。
上記の件に関しましては本国のレッドシーに報告させて頂きますので、結果が上が り次第改めて報告させて頂きます。

 大変ご迷惑をお掛け致しますが。ご使用の試薬は蒸留水で計測致しました色を0p pm(基準)とお考え頂きまして、カラーチャートの判別色よりも濃い色での判断して 頂けます様お願い申し上げます。


という回答が来ました。
なんか、釈然としませんがそういうことみたいです。
でも、蒸留水を測定した色が0.25ppmなんですけど・・・・・じゃあ本当の0.25ppmの色は?

と言った所で、答えが分かるわけでもなく、あの程度の試薬にそこまでの精度を求めてはいけないのでしょう。 きっと。

その結果に惑わされて、あんな事やこんな事をしてしまった私の水槽は・・・・・・・・・
比重地獄に続き、またしても余計な出費を。
こんなことなら、ライブロック総入れ替えのほうが安上がりだったな~。。


まあ、当分ブログのネタには困りそうもありませんが、ミドリイシは数えるほどになってしまいました。
たぶん1ヵ月後には、なくなってしまうと思います。


近々、私の愚行を紹介します。
関連記事
スポンサーサイト
Comment
なんでもやってみなけりゃ分からない^^
やってみてなんぼのアクアリウム!
あ~楽しい^^
お財布は寂しくなるけど知識は増えたってことで
前向きで楽しく逝きましょう^^
あの後、久しぶりに我が家のベルリン水槽のアンモを
測ってみたら同じく0.25ppm・・・深く考えないでおきます^^
ホビーレベルの試薬とは言っても、、そんな曖昧な色じゃ試薬の意味がないだろ~! と思いますよね。
検査の結果から良かれと思ってやったことが悪い方向へ向かってしまったようですね。お気持ちお察しします。
とりあえずアンモニアの心配はないと分かっただけでも良しと思うしかないですね。
やっぱりロットによって違うんですね。私の同社のアンモニア試薬はもうすぐ2年になりますが0ppmはカラーチャートどおりの黄色を呈します。R社の試薬はロットによってカラーチャートも変わる(KHのとか)ものだと思っていましたが、アンモニアの試薬はそうでないんですかね。
それにしてもR社の対応はいただけないですね。残念です。
たらふく さん
やってなんぼのアクアリウム!!
楽しく逝ってしまいます。

カトキチ さん
お悔やみありがとうございます。
本当にアンモニア出て無くてよかったです。

しかぱっち さん
ウチのも以前のものは、黄色を呈していました。
硝酸試薬もカラーチャート変わりましたよ。
ちゃんと回答してくれただけでも、まともな対応だと思います。
はじめまして。今年の夏からメダカを飼育しているものです。

同じくレッドシーのアンモニア試薬を使っていて疑問に思い、検索していたらここにたどり着きました!

私も何度やってもアンモニアが検出され(水の色は完全に黄緑)、ふと思い立って水道水を同様にテストしてみたらやっぱり黄緑だったので、これはおかしいのではと思い検索をかけたわけです。あまり情報がなかったのですが、時間をかけてここにたどり着きました。ここに回答があって少し救われました。。。

でもその後まだ回答はないんですよね。気になります。それに、おっしゃるとおり、それでは0.25ppmの色はどうなるのか?ですよね。微妙な判断ができず困ってしまいます。私のかわいいメダカの命がこの結果にかかっているというのに。。。(ちょっと大げさでしょうか。。。)

実はこのブログに触発されて、本社に写真つきで問い合わせてみたのですが、なしのつぶてです。(-_-;) カラーチャートが間違っているなら新しいチャートを送って欲しいぐらいです。テトラのカラーチャートが案外正しいのかもしれないですが。
http://wiki.aquatribu.com/Tetratest_NH3-NH4
TK さん
ご訪問ありがとうございます。
お察しの通り、その後の報告はありません。
試薬がもったいないのでそのまま使っていますが、アンモニアは、水槽の調子が激落ちの時しか測らないのでなかなか減りません。
0かどうかのシビアな判定をするときは、精製水をコントロールにして比較するようにしています。
時間とともに試薬の精度も落ちますし、カラーチャートも変色してくるので、厳しい精度はあきらめて目安として使用しています。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。