HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  Marine Aquarium  »  新たな戦い  Dinoflagellates (Dinos)編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新たな戦い  Dinoflagellates (Dinos)編

ずっと前から、水槽の不調の原因はこれだろうと思っていました。

09090301.jpg

ただ、こいつだとするとあまりにも強敵そうなので、別の原因であってほしいと思いから、色々と探索を続けていました。
結果的には、比重、アンモニアect.などの検査結果に惑わされずいぶんと遠回りをしてしまいましたが、覚悟を決めました。


その敵とは、通称 DINOS!!!
正式名を Dinoflagellates と言うらしい。
アクアリウム界では ”水槽の癌” とまで呼ばれ、多くの水槽をリセットに追い込み、多くのアクアリストが水槽から離れていくきっかけになるような病気らしい。


詳しくは この検索結果 から。

はじめの4、5タイトルを読むと恐ろしさが分かります。
Dinosコレクション

09090301.jpg
トゲサンゴに付いたDINOS
一件フサフサに見えますが意外とねっとり。
やはり、藻の内部に気泡を含んでいます。
内のは、アドバルーンにはなりません。

09090302.jpg
ハイマツに付いたDinos
ポリプ爆開きにもかかわらず、突発的に白化してきます。
翌日には薄らと赤みが見え、数日でネットリ、どんどん白化が進行します。

手前には、珪藻っぽい緑が見えますが、その部分には、生えてきません。

09090303.jpg
09090304.jpg
実は、このサンゴ。カール氏からいただいたものだったのですが、ブログで紹介する前に餌食になってしまいました。
カールさん、本当に申し訳ないです。





言い訳みたいな考察

最初のうちは、シアノバクテリアだと思っていました。
今でも、dinosよりはシアノであってほしいと思っています。

一般的なシアノバクテリアとの違いは、

ミドリイシの白化した枝から増殖してくる。
共肉が覆われる前に、隣接するとも肉が剥がれ落ち白化する。
底砂などにはほとんど存在しない。
シアノの増殖の原因となる、窒素系栄養素が低値にもかかわらず増殖する。
それどころか、水換えをすると増殖するスピードが上がります。
これが本当に厄介。

我が家では週一100Lを日曜日に水換えしています。
火曜日あたりからフサフサが増えてきます。
水、木あたりで気泡が増えます。
一方水曜日ころからガラス面にうっすら茶ゴケが出現してきます。
すると、dinosは徐々に減退していきます。

そして日曜日に水換えをすると次の週には復活。

こんなことをおよそ4ヶ月間も繰り返していました。
その間に、徐々に徐々に進行。

悪いことも重なっています。
当初、水質が原因と考えていたため、リン酸吸着剤をアルミナ系からROWAのFe系に変えてしまいました。これが最悪です。

このdinos、FeとVit-B12が栄養素になるらしい。

ROWAだけならまだしも、水質改善のためにこんな物も、しかもたっぷり。
09090306.jpg

09090305.jpg
特に、後者がdinosの増殖に貢献しているような・・・・・・


この赤コケが本当にdinosかどうかは分かりません。
他のページにあるような魚が食べたら死んでしまうようなものではないようです。
現にほとんどの魚は混泳のストレス以外では落ちていません。
ただし、シッタカなどの貝は、以前よりも減っている気もします。

ウニは、全然大丈夫みたい。
とは言っても、dinosの周囲には近づきません。


自分としては、これらの製品が悪いとは微塵も思っていません。
むしろ、調子が良くなったときには積極的に使おうと思っています。

ただし、一つだけ使わない方がいいと思う製品があります。

09090307.jpg
あるメーカーのコケ取り剤


もし使っている方がいたらごめんなさい。
他意はありません。
勝手な思い込みです。


この赤い藻が、シアノでもdinosでも構わないのですが、こいつが繁殖してしまった原因として生物層の単一化が関連しているような気がします。

もちろん、原因は自分にあります。
一時期、魚の餌付けのために、いい気になって闇雲に餌をあげていた時期があります。
皆さんも御存知の通り。

その後、我が家の水槽はトロロ藻、ヒゲ藻に覆われてきました。
その時、この添加剤を使用しています。

確実に、ハネモを除く緑系の藻は減少、ほとんど出なくなりました。
結果的に競合する藻が減少したために、現在のDinos sp.が繁殖し始めたのでは?

と、考えています。
調子が悪くなった時期にも一致しています。

そこに栄養素をたっぷりぶち込んでいたわけですから・・・・・後はご想像の通り。

シアノだったら、水質改善で自然消失してくれると思い込んでいました。
そのせいで、こいつを積極的に排除していなかったのも状況を悪化させているように思います。



結構マメに水換えしていたにもかかわらず、状況はどんどん悪化。
日ごろの苦労も報われず、必要の無いものばかり買って浪費。
残っているのは、白化してその回りに赤い藻がこびりついたサンゴばかり。

無害なものは、2、3個しか残っていません・・・・・・・・・超泣


もしかしたら、すでに回復できる限界点を超えてしまっているかもしれません。
ひょっとしたら、魚たちに影響が及ぶかもしれません。

ただ、このままの状況では、数週間のうちにSPSがなくなってしまいそうです。
根本的にはLRの入れ替えしかないかもしれませんが、黙って白化を見ているよりは、もうちょっと悪あがきをしてみようという気になりました。

まあ、全滅しても水槽が無くなってしまう訳ではありませんから、その時は、0からやり直します。


悪いことばかりでもありません。
このdinosは、ハネモにもくっつきます。
dinosに覆われたハネモには光が当たらず枯れてきます。
おかけで、ハネモは減退しました・・ハッハッハッハッハ~~~~。


なぜか、LPSやソフトコーラルには影響が出ていません。
ロリペスにも耐性があるのか、いまのところ大丈夫。

遅まきながら、やり始めたこともあるので多少なりとも効果が出れば。
生物層の多様化には あれ を入れてみようと思います。

これを乗り切れたときには、ワンランク上のアクアリストになれると信じて戦いをはじめます。

この戦いは長くなりそうです。
途中で心が折れてしまうかも知れません。

でも、もう後戻りできないくらい、この趣味に大枚をぶち込んでいます。
今さら水槽を撤去する事も出来ないので、更なる浪費を重ねようとも、続けていくしか・・・・・・・・・

傍らでは、別水槽立ち上げようとしているわけですから。



また、経過報告します。
呪いがとけますように。

やっぱり、DINOSでしょ? 違います?
関連記事
スポンサーサイト
Comment
yamamotchさん、
すでに他のリンク先からDinos対策を読まれていると思いますが、念のため書かせていただきます。
・KHの値を落とす
・pHを8.5以上にあげる
・照明時間を減らす
・毎日サイフォンで吸い出す。

yamamotchさんが書かれていますように、生物層の単純化が原因かもしれません。Biodigestなどのバクテリアを入れたり、ベントスやワラワラを投入するものよいかと思います。
個人的には、Dinosよりシアノのような気がします。と、言うのは、見た目が自分の水槽に居るものと似ているので。BiodigestやBioptimをなどのシステムだとシアノが湧きやすくなります。うちでもそうです。そのときの対策は、毎日バクテリアの添加をするというものです。うちではこれでシアノを抑えることに成功しています。ただし、Dinosではないです。
Bioptimの添加はしばらくとめたほうがよいかと思います。これは、Vodkaなどと同じ炭素源だと思いますので。
切ないですね。お気持ちお察しします><;
慢性的にKHが低い我が家の水槽にもほぼ同じに見えるシアノがおります。ただ、触れたミドリイシは白化せず、共存しているようなカンジです。
単なる思い付きですが
・水道水で水換えしてみる(珪酸投入)。
・思い切ってシアバク用の薬を入れてみる。
とか。こんなことしか思いつかなくてすいません。
どうかシアノでありますように。
こん○○は

えっ!?これシアノじゃないんですか!?
これが生きているサンゴについてしまうとなると困っちゃいますね・・・

シアノにしてもダイノスにしても、かなり切ない状況ですね・・・(泣)
回復を願っています。
>~ワンランク上のアクアリストになれると信じて戦いをはじめます。
きっとそうですね。頑張ってください!
前向きなコメもひとつ・・・ハネモ減退おめでとうございます。
TAKA さん
いつもながら適切なアドバイスありがとうございます。
バイオは続けています。

しかぱっち さん
切ないです。シアバク用の薬を入れると、さらに強力な藻類が残るらしいですよ。

カール さん
シアノだったらいいのですが。

くもざる さん
ハネモ減退しただけで、無くなってません・・・
回復するかな~
ちょっとwebを徘徊していて、本件についてふと感じたことがあります。1年以上前に45cm水槽があったと思うのですが、今はリセットしてトリタンでしたっけ?そのときの底砂はどうされました?まさかメインタンク?CASISは底砂のろ過バクテリア含めベントスによくないという記事を見かけたもので。。
しかぱっち さん
45cmは今も回しています。その水槽の砂はメインには使っていません。
CASISは今はリセットしたRefには、入れたことありますが、メインの底砂には入れていません。その影響が今頃ですかね~?
言われてみれば、重金属の一種なのかもしれませんね。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。