HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  Marine Aquarium  »  KH試薬

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KH試薬

いつも貴重な情報を提供してくださる しかぱっち さんがKHをいろいろ調べています。

先週、リアクターの掃除とメディアの再充填を行い、うちのKHも心配になり計測してみました。

家に在庫があるのは、Dupla, RedSea(安い方), Tetraの3種類。
いずれも購入から2か月以上は経過したものばかりで、上記の3種は購入順です。
つまりTetraが一番新しいことになります。

 DuplaRedSeaTetra
KH

9

7

8

非常におざっぱですが、こんな値になりました。
RedSeaはアルカリ度をカラーチャートから読み取り、2.8を乗じて求めています。

Duplaの試薬は購入してから1年以上経過した古いものなので、試薬の力価が低下しており、結果が高めに出ている可能性は否定できません。

一応間をとって8dKHということにしておきます。
あちらでは、???な結果のT社の数値が採用値に近いという結果になりました。

しばらくリアクターへの炭酸ガス供給を止めて、カルクワッサーを添加していましたが、pHは7.9が8.2に上昇したもののKHは5~6までしか下がりませんでした。
pH:8.4、KH:4を目指していたのですが、なかなか・・・・・・・・・・
藍藻は一時期よりも勢いは衰えていますが、相変わらずです。

CO2は10秒に1発ですが、消費する珊瑚も少ないので、現状の設定でいいみたいです。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
私の実験は単なる金と時間の無駄遣いだったことが判明しました(涙)。
しかぱっち さん
出費した分成長できれば良いのですが、私の場合はついつい同じことを繰り返してしまいます。
うちにもアンモニア試薬が3つありますよ。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。