HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  設備&器具  »  Sea Swirl

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sea Swirl

ここ数日、タツの餌食いが悪いような気がします。
一見やせているようにも見えるのですが、本当に評価が難しく、昨日は餌をあげすぎてしまいました。

平日は、配管作業もしていないので、機材紹介で。

本日は、この前出てきたこちらです。
08041703.jpg

 


 Sea Swirl Wave Maker

08041703.jpg

メーカー
Aquarium Currents, Inc

仕様
Sea Swirl 1/2 inch model, US仕様

サイズ
5" x 7" x 2½"; 127x178x63.5(mm)

その他
Energy efficient (4W) motor is UL Listed and CSA Certified
Max Flow Rate: 550 gph (34.65 LPM)

 


 

日本ではシースワールと読むみたいです。
水槽への給水装置になりますが、排出口が1分間に90度回転し、水槽内によどみない水流を作ることが目的のようです。

 

海外通販で手に入れましたが、本来の電圧仕様は110Vのようです。
日本の100Vでいいかどうかは分かりません。

 

少ない電圧で使用する分には、問題ないかと。直接水量に影響するわけではないので。
家庭用コンセントに接続してみましたが、ちゃんと動いていました。
ただ、1分間に90度回ってくれるかどうかは?です。

 

先日も紹介した通り、国内ではホース接続しようですが、1/2インチのネジ接続仕様です。
13A、16Aのバルソケの接続が可能。

 

水槽への固定ですが、Corner Bracket(国内未発売)なるものを使っています。
標準では、こんな感じで、水槽の壁を挟み込むような形になっていて、フランジのある水槽には設置しにくいのですが

AU1115_1.jpg
from Marine Depot

垂直に取り付けるパーツをはずしてしまいます。

08042605.jpg
はすしたパーツ(2008/4/26追記)

はずすときはネジとボルトが干渉して結構やりにくかったです。 で、買った物を装着するとこうなります。

08041701.jpg
裏から見たところ

08041702.jpg
横から見たところ。

要は、Sea Swirをアクリル板に固定します。
そのアクリル板ともう一つの小さなアクリル板でフランジのガラス板を挟みこんで固定する形です。
おもったよりもしっかり固定されています。
DIYが得意な方でしたら、自作できるであろうレベルの仕上がりです。
アクリル板には、薄いゴムが付いていて滑り止めになっているみたいです。

 

水量に関しては、ポンプが最大で87LPMなので、単純にチャンバー分岐分で1/5では17.4LPM、1つを閉じて、1/4でも21.75LMPなので、たぶん大丈夫だと思います。

もし弱ければ、例の水流を強めるパーツを接続しようかと思っています。
と、同時にこれにはパイプを延長して水槽の中層に流れをつけようかと思っています。

そのために、このルートには、チェックバルブをつけました。

設置後の写真は、ページトップの写真を参照してください。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
通常コンセントは100Vですが場所等によって100V以上あったり、100V以下だったりします。
10%程度の違いであれば特に問題はないと思いますよ。
そして200Vを減圧するものも販売されており、それらには100V設定と115V設定があったと思います。
この装置に関しては詳しくはないのですが、200Vを使うことを考えると電気代が安くなるかもしれませんね。
こん○○は、

いいですね~正直今水流に悩んでいます、やはり首振りはいいですよね、なんというか水が生きてるような感じさえしますよね、そのうちなんとかしてみますw

タツ君の餌食いが悪いですか、食べないと心配になる気持ちわかります、うちはキイロハギが白点でちょっと元気ないような気がして、これで餌を食べなくなったらアウトかなと思っております、
はま サン

貴重な情報ありがとうございます。安心して使用できそうです。アップトランス、ダウントランスも検討していたのですが、使わなくて済みそうです。

カール さん

水流については、ウチの小さな水槽にMJを2台つけナチュラルウェーブIIも使用していましたが、結果的には強めを1台、連続でも大丈夫です。 ダイレクトでは無い、強めの水流が一番のような気がします。 立ち上げ中の物とは矛盾していそうですが・・・・・・
前のブログのPART2ですが、さすがの私も途中からわからなくなりました(笑
これはもう間違いなくフェチ道を進んでます♪
ですが、水流が給水だけで複雑になっているので水中ポンプは最小限でいいかもしれませんね。

シースワールの取り付けですが、うちもフランジありなので取り付けに苦労するかと思いきや、ネジと止めるところの幅が結構あり、そのままスポッと入ったので普通に使っています。

ここまできたらもう一息ですね。
がんばってください。
もうすぐ配管完了ですね!立ち上げ楽しみ^^
ウチもフランジ付き水槽なんで、
シースワールってこんな風に固定できるならイイですね!
かちゃやん サン

はい。フェチの道まっしぐらです。水中ポンプは使わない予定です。 SeaSwirlのもともとが固定できるかどうか確かめてませんでした。 必要なかったかもしれませんね。

たらふく サン

もう少しです。たらふくサン所は早いですもんね~。完全に抜かれました。 がんばります。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。