HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  設備&器具  »  サイプ循環、排水系

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイプ循環、排水系

町内会の草刈、溝掃除で足腰筋肉痛で・・・・・

その後、配管作業やりました。 進行度、95%程度でしょうか?
スキマー周りを残して、ほぼ完了です。

本日は、複雑な(本人は極めてシンプルなつもりですが・・・)配管をさらに複雑にしている部分を周回します。

08042104.jpg

現状では、こんな感じですが、その配管の意味とは・・・・・・・・

サンプ循環

夏場、水道水の上昇の為に、新しい水を冷やすのに苦労された経験は無いでしょうか? あるいは、冬場の水がなかなか温まらない・・・・・・そんな紛らわしさを避けるために、サンプ循環を設けました。

要は、水槽へ戻さずに、サンプに戻します。この循環には、殺菌灯、クーラー、ヒーターだけを循環します。温度が一定になったところで、水槽へ給水します。 あるいは、自家採取天然海水の場合、殺菌灯を通してからの給水が可能となります。

その間、本水槽の循環は止めなければならない事が、最大のデメリットでしょうか?

屋外クーラーから屋内に戻って最初に入るのが、5連チャンバーですが、その途中に分岐を作りました。 塩ビ接着でも良かったのですが、最後まで長さが決まらず、結果的にMCユニオンを使っています。 今後の状況をみて、変更するかもしれません。

殺菌灯をはずしたところです。
本線は、直線で、できるだけ抵抗が少なくなるような配慮のつもりです。

真上から
08042105.jpg (拡大できます。)

分岐は、3方バルブへ入ります。このバルブは、一方から来た流れを、右、左、両方の3パターンに変更が可能です。
上への流れが、サンプに戻ります。サンプへは、水槽からのオーバーフロー管からウールボックスへの途中に流れ込ませるようにしました。

横から
08042106.jpg 08042107.jpg (拡大できます。)

その途中に、水換え時の給水路を設けました。 
我が家では、海水は屋外でつくります(浄水器を止め忘れても大丈夫なように)。 そのため、屋外からの16Aパイプを引いてあります。 使いようでは、屋外への強制排水も可能。
で、上に上がって、オーバーフローからの配水管へ。

下へは、最終的に管内に残る海水の水抜き用です。下に流れるようにすれば、管内にたまった海水が排水系に捨てられるはずなんですが・・・・・もしかしたら、チーズと3方バルブの間にもう一つバルブがいるかもしれません。出ないと、本線の水も抜けてしまうかも??????

もともと、バルブを入れていたのですが、スペースの問題ではずしてしまいました。実際使ってみて、変更になりそうです。 それよりも今は、メインの循環を完成させることが優先で・・・・・・。
今後、ゆっくり考えます。

か、もしかしたら、この分岐全体を取っ払ってしまうかもしれません。。。。それも含めて大きな検討課題です。


排水系

少しでも、水換えが楽になればと思い、排水系もパイプで配管しました。
まずは、サンプからの排水です。

08042101.jpg キャビネット内
上が、サンプ内のオーバーフロー排水。 常にオープンでサンプからあふれ出さないように・・・・。
内側には、エルボをつけて、オーバーフローする水面を上げています。

下段は、サンプ一番奥からの排水。
理論的には、ポンプを回しながら排水をオープンにすれば、サンプ内の海水はすべて排水されるはずなんですが・・・・・・・

裏から見るとこんな感じです。

08042102.jpg
キャビネットには、敷居があるので、どうしても一度、配管を持ち上げないと排水できません。 たぶん、サイホンが効くと思うのですが・・・・・・・

途中のチーズは、サンプ循環からの排水です。
目的としては、圧は全くかからないはずなので、融通の利くジャバラホースを使いました。

このまま、床面に設けた排水溝へつながります。


と、ほとんどの配管の紹介が終わりました。 ふ~~~~~。
ほとんどの方は、興味も無く、意味不明だと思います。 が、まあ、自己満足ということでお許し下さい。

結果的に、ポンプへの接続もまた変更してこんな感じです。

08042103.jpg
一番シンプルなストレート接続、バルブなしです。
手前が、メインポンプ、奥がスキマー用ポンプです。

後、残るはスキマーですが、先日このスキマーに重大な欠点が見つかったのです。完全に、こちらの責任で補償も効きそうになく・・・・・・・・・・・何とか使えそうではあるんですが、、、、、、、、

あ~~~あって感じなんです。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
こん○○は、

もう本当に凄すぎて、私の頭では付いていけないんですが、サンプへの循環が凄く良いと思います、
話は変わりますが、もしかしてこの水槽は、はじめからベルリンで立ち上げるんですか?

スキマーどうしちゃったんですか?ネジ山のピッチとかの問題とかですかね?Yamamotchさんはどこのスキマーですかね、私の勘ではPMバレットあたりですが、もしかしてそれ以上に高性能なスキマーを見つけてたりして?それはこれから先のお楽しみですね、
カール さん

ベルリンです。
スキマーは、PMみ近いんですが、それよりも静からしい品物です。輸入物ですが、一応、ハイパワーということになっていますが、さて。
問題は、もっと深刻なんです。 状況次第では買い替えが必要かも。
サンプからの排水を配管でするのは楽ですよね。
僕の場合は揚水ポンプ先に付けバケツで排水しています。
なので排水溝直結は羨ましいです。

スキマーの欠点は何だろう?
深刻でこちらの責任となると尚わかりません。

サンプ内循環は画期的ですね!冬はヒーターで暖めるのもそんなに機材が高くないしまだいいのですが、夏はクーラーを別に買うのも高くて無理だし、凍らせたペットボトルで冷やすのですが、これも大変です。
よく考えてられるので、完成したら何かと楽できそうですね♪

スキマーどうしたのかな?なんとか使えるといいですね。
はま サン

不精者で、何でも手抜きしたくなるんです。
スキマー自体の欠点というより、私の欠点といいますか・・・・事故なんです。

かちゃやん サン

夏場の氷ペットボトル、私もやりました。でも、外気も高いのでほとんど冷えず・・・で、このサンプ循環を何とか実現しようと、ずっとこだわっていました。
自分でも楽しみです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。