HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  設備&器具  »  Wavy Sea

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wavy Sea

ランダムな水流つくりは非常に難しく、尚且つ太く大きな流れが水槽内での理想的な水流のようです。
現在、立ち上げ中の水槽では、水中ポンプは極力使用せず、動きのある水流でランダムな流れを作ろうと思っています。その一つが、先日紹介のSea Swirlですが、もう一つこっちのほうにも最近は注目が集まっているみたいで、購入しました。

08042401.jpg

 


 

Wavy Sea Wave Maker

 08042401.jpg 08042402.jpg

メーカー
Wavy Sea

08042602.jpg 
(2008/4/26 追加)

08042604.jpg
コントローラー(2008/4/26 追記)

仕様
WavySea Wavemaker Black, US仕様

サイズ
Main Body; 4.5" x 6.75" x 3.5" (12 cm x 17.2 cm x 8.9 cm)
Controller; 5.5" x 3.5" x 1.5" (14 cm x 8.9 cm x 3.2 cm)

その他
360° Rotating Head with selectable angles
Maxijet Powerhead compatible
1" and 3/4" inlet
Max Flow Rate: 2,300 GPH (144.9 LPM)

 08042606.jpg
Maxijet holder (2008/4/26 追加)


 

 Sea Swirlとの違いについて

実際に動かして使っているわけではないので、カタログ上での話しになります。今後、使用状況などレポートします。

最大の違いはヘッドの可動範囲では無いでしょうか?
SeaSwirlが90度/分に対してWavySeaは360度の回転か可能。 かつ回転スピードも変更可能です。

SeaSwirlにできないわけではないのですが、マキシジェトホルダーが標準で付いています。もともとの給水口以外に別方向にMJポンプを装着可能。

接続ホース系、対応流量も違います。選択する機種にもよりますが、WavySeaのほうが接続ホース系が1インチ、3/4インチですから、内径25mmもしくは19mmのホース接続が可能。標準で2種類のホースフィッティングが付いていました。 その接続も簡単です。

 



ウチの水槽では、水槽後壁中央に設置しました。
予定では、180度で回そうと思っています。思っていたよりも大きく、設置すると結構水槽内にはみ出してしまいますが、半径60cmの半円で前、左右にほぼ同等の流量が得られるはずです。

 一番のメイン水流に考えているので、その他のWaveMkaerの流量を犠牲にしても十分な流量を確保するつもりです。そのために、太目の配管、逆支弁の撤去などを行いました。

こんなコマーシャルビデオもあるみたいなので興味がある方はどうぞ。

Commercial Video Clips liked via  Marin Depot and Wavy Sea

関連記事
スポンサーサイト
Comment
こん○○は、

PV見てみました、やはり凄いですね、水流の理想である「水の塊が動く」になるようですね、レポート楽しみにしてます、
カール さん

PVですからチャンピョン映像で、あそこまではと思いますが期待はしています。
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
水流については私もいろいろ考えたのですが、結局PHが7つも付いています(-_-;)

LSS研究所のWAVE2Kが早くでてればこちらにしたんですけどねぇ。

かちゃやん サン

PH7つですか? 追加、追加で増えるばっかりですよね。レイアウトを変えると意外と少なくていいことも。 WAVE2K良いんですか。 知りませんでした。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。