HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  設備&器具  »  実験 と 検証 と ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実験 と 検証 と ?

一応、あく抜き、通水試験終了しました。
スキマーからの漏水、皆様からアドバイスをいただきましたが、シールテープのみで今のところ漏水はありません。再発するようであれば、御指導どおり改修してみます。

結果的には、初めてやった塩ビパイプでの配管作業。大きな水漏れも無く終了しました。
まさか、こんなにうまくいくとは?です。

といっても、使っている倍以上の配管材料を無駄にしました。
でも、だいぶこつもつかめ、今後、配管変更もそれほど苦にせずできそうです。

丸3日間水道水を回しましたが、すでにかすかなにおいを発している様な気がして、早速水道水抜いてしまいました。

その前にいくつか、実験をしています。


実験 その1 

余った配管材料を使ってこんなものを作ってみました。

 08050101.jpg 08050102.jpg

こんな風に使います。

08050103.jpg

噴出し口の一つに接続し、あえてサイホンで排水を試みてみました。
当初、この給水口にはサイホンブレーク(単に給水パイプに穴が開いているだけ)が付いていないと思いましたが、通水試験をしてみると、裏側に穴が開いていました。 果たして意味あるんだろうか?と思いまして、結局こんな感じで吸気口をふさいでしまいました。

08050104.jpg

横に走るパイプの途中の黒いゴムがそれです。はずしたいときにいつでもはずせるよう、結束バンドで密着、これでサイホンが効く様になったはず。

で、ポンプを止めたときにどれくらいまで、サイホン効果で排水できるかを実験しました。

結果はこちら。

08050105.jpg
思ったより、排水されませんでした。この方法で、簡単排水を期待していたのですが、、、、
まあ、水換えの時にはちょうどいいくらいでしょうか?
およそ10cm、約70L程度ということになります。


 実験 その2

ウチのサンプには排水管を設けましたが、第1槽からの排水と、第3槽のオーバーフロー排水です。

理論的には、第2槽、第3槽からポンプで第1槽に水を送ってすべて排水できるように設計しました。
その検証をしてみました。

まず、水槽のオーバーフロー管を抜き、サンプに水を落します。
あっという間に、サンプがいっぱいになり、オーバーフローからの排水が始まりました。

08050106.jpg

25Aのパイプで、大量の排水はできませんが、逆流で貯まる程度の水であれば対応できそうです。ちなみに、この配管の先ですが、こちらにつながっています。

08050107.jpg

洗濯機用の排水口ですが、あらかじめ設置しました。この排水口がちょうど25Aとぴったりなので、サンプの排水も25Aにしました。

 次に、サンプ底からの排水です。
奥のバルブをオープンに

08050108.jpg

排水開始!!!

第3槽、ここは、スキマーの戻りが入ります。最初にここの水が抜けます。

08050109.jpg

多少時間はかかりますが、すんなりと排水。コック一つですから、バケツを持ってくるよりは楽そう。
で、忘れてても、抜けすぎも起きません。

で、スキマーとメインのポンプをONにすると・・・・・・・

08050110.jpg

見る見るうちに、第2槽、第3槽の水が第1槽に集まり空っぽに。
一応、成功しているみたいです。

このシステム、もしポンプが壊れると、水を抜けない槽ができる可能性あり、必ずしもメンテがいいとはいえない感じです。

排水系にも水漏れは無く、、、、大丈夫そうです。


実験 その3

実験というよりは、確認事項ですが、水を抜く前にもう一つの作業を。

水面の高さ調整です。

ポンプを実際の使用時の設定で水を回します。その水位が一番上の線

08050111.jpg

このままでは、水位が高すぎます(実際の使用にはなんら問題ありませんが)。
私としては、2番目の水位が希望。 でこのギャップ分をこうやって修正します。

08050112.jpg

はい、ただフロー管をきっただけです。
The Eighth Seaの店長さんにアドバイスいただきました。

ありがとうございました。

 

水槽の水を抜けるだけ抜いて、次の作業に移りました。

 


 

次の作業とは、

貯水です。 しかも、とってもキレイなお水。

 

使っているのはこちら。

08050113.jpg
本当に写真が悪くてすみません。実物はカキショウテンさんのHPで確認してください。

アクア ウーノPRO-EX3 コンパクトです。

以前から、マ社製を使っていたのですが、生産量が少なく、バージョンアップを相談してみたところ、フィルター、ハウジングなどを交換していると、新品が買えてしまうことが分かり、DIフィルター付が出るのをずっと待ってました。 たまたま、この前までセールをしていたので、思い切って購入です。

08050114.jpg
オリジナル・リストレクター&フラッシングバルブ

こんなのとか、付いていてなんか、かっこよさそう。 って、今一使い方(調整の仕方)良く分かりません。
でも、一応マニュアルどおりにセットして。

ちなみに、前日にフィルターの洗浄は済み。

で、DI水を貯め始めました。

08050115.jpg

実際の純水生産量が分かりませんが、少なくとも24時間はかかると思います。

で、明日には、塩が溶かせると良いんですが・・・

お終い。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
こん○○は、

作業が進んでますね~
今回は人口海水なんですね、てっきり天然海水を使うのかと思っていました、それともブレンド?
この前、はま。さんにカキショウテンさんのHPを教えてもらい、見てましたがいろいろ安くて面白いものがたくさん売ってますよね、今度ベケットヘッドだけでも買っておこうかと思っていますw
カール さん

基本的に人工海水派なんです。最近は人工海水を作るのが面倒で、天然物を使っていました。 でも、思いのほか伊東の海水も良いので、後々は、ブレンドになると思います。
水漏れがなさそうで良かったですね。

配管部材の無駄は僕もどれだけ無駄にしたかわかりません。
何度ホームセンターに走ったことか。。。

現在マ社の75を使っています。10リットルで約1時間程掛かっていますよ。
はま。 サン

今回購入したものも、メンブレンの容量はマ製の75とほぼ同等だと思います。
それ以上にすると、浄水の水質が低下するらしいです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。