HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  BioPellets  »  脱窒性リン酸蓄積細菌・・・・・その3 傾向と対策 かも

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱窒性リン酸蓄積細菌・・・・・その3 傾向と対策 かも

この日の記事には、不適切な内容が含まれている可能性があるので削除しました。

Yamamotch
Feb. 7th 2011
関連記事
スポンサーサイト
Comment
我が家でも1ヶ月ほど前からソフト&LPS&魚連結水槽に試しにペレット(ポイントで購入)入れています。G社の外掛けLのバクターセルに入れていますが、流量が少ないのでペレット少量入れて回していました。ゴロゴロしたのは2,3日くらい。
その後は粒同士が癒着してしまって何の意味もない?状態です。
バイオダイジェストは水換えのたびに入れています。
餌やりバンバンなわりにはここのところずっと硝酸1ppm(ELOS)、リン酸0.15ppm(HANNNA)なので悪くはない値です。
バイオダイジェストONLYの時の値を覚えていないので、それがペレットの力なのかどうかはわかりません。何しろ固まっていますし^^;
RF-Picoあたりをサンプに入れようか検討中です。
栄養塩若干あるほうがいい水槽なので少量しか使いません。ペレット余りますので今度あのおまけにつけます^^

しかぱっち さん
ペレット、すでに逝ってましたか~。
ペレットが固まっていても、脱窒とリン酸除去は進むのでは? 
嫌気になりすぎず硫化水素が発生しなければ、特に害もないように思います。

そのうちSNMがペレット専用リアクターを発売するような気がしません?

我が家は、Phosballsが発売されるのを待っています。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。