HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  BioPellets  »  SeaSlug Phosballs

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SeaSlug Phosballs

バイオペレットの具です。
いくつかのペレットがリリースされていますが、新し物好きとしてはこちらをチョイスしました。

SeaSlug  PhosBalls
11010402.jpg
現在、日本でリリースされているのは1袋250mlのもの1種類みたいです。
500ml, 250ml, 100mlと各種発売されているようです。

うちの水槽の水量がおよそ550L。
規定量通り入れると、550mlのペレットが必要になるため2袋調達(これでも足りてませんが)。


裏側には、輸入元であるLSSの説明書が貼ってあります。
11010501.jpg

11010502.jpg
 
詳細はこちらで
LSS laboratory


こちらの説明書、簡潔にわかりやすく書かれていますが、思いっきり自社製品が推奨されています。
オリジナルにこのような内容が書かれているはずもなく、オリジナルでは何が推奨されているのだろう?

こんなことしたくなるのは自分だけでしょうか?
11010503.jpg

綺麗にはがしてい見るとそこには
11010504.jpg

メーカーHPの記述がそのまま印刷されているだけでした。
Product guidelines


ただし、オリジナルと国内版では記載されている事項に若干のズレがあるようです。

Introduction
LSS
本製品を使用するには専用のリアクターが必要です。
LSS研究所から発売されている2つのリアクターが推奨されます。

1.POLY-REACTOR
2.Reef Octopus Bio PELLETS REACTOR

SeaSlug
Phosballsが良く動き回る流動リアクターの使用が推奨されています。
まずは、規定量の半量から開始して1週間以上様子を見てから規定量に増量することが推奨されています。

Dosage
LSSSeaSlugともに同じです。
■PO4 数値が0.1ppm 以下の水槽の場合・・・100Lに対し50mlのPhosBalls を使用してください。
■PO4 数値が0.1ppm 以上水槽の場合・・・100Lに対し100mlのPhosBalls を使用してください。

Instructions
SeaSlugにはほとんど記載がありませんが、LSSでは詳しく記載されています。
LSS
本製品を水道水などで軽くすすいでください。
専用リアクターの説明に従い設置します。( リアクターによりPhosBallsを循環する流量が異なります)
使用量:
■PO4 数値が0.1ppm 以下の水槽の場合・・・100Lに対し50mlのPhosBalls を使用してください。
■PO4 数値が0.1ppm 以上水槽の場合・・・100Lに対し100mlのPhosBalls を使用してください。
常にPhosBalls は流動していなくてはいけません。設置後1週間程度でバイオフィルムが形成されPhosBallsが重くなり流動率が鈍くなりますので設置後1~2ヶ月間はこまめに流動をチェックして流量を調節してください。
PhosBalls の交換は通常、6~12ヶ月毎に行ってください。また、必要に応じて水質を見ながら継ぎ足し、一部交換を行ってください。

SeaSlug
Phosballの量は、生物学的負荷あるいは飼育している生体によって増減可能である。必要に応じて6-12か月毎にPhosballを補充しなくてはならない。

Remarks
両社で大きく異なるのはこの注意点です。
LSSでは、当たり障りのない当たり前の内容です。
LSS
流量が弱いとPhosBalls は固まってしまいます。リアクターから取り出してバラバラにする事は可能です。
流量が弱く、流動していないと嫌気域ができてしまい硫化水素などが発生し生体にダメージを与える場合があります。
正しく機能しているときにPH などの大きな変化はありません。水質測定を行ってください。
水質測定を定期的に行ってください。測定にはより正確なELOS 社の水質試薬が推奨です。
お子様の手の届かないところで保管してください。
高温多湿を避けて保管してください。

SeaSlug
Please remember to feed regularly your inhabitants - it is very important to feed corals and other invertebrates regularly while using PhosBalls and nutrience level is very low.
給餌、特に無脊椎への定期定期な給餌が強調されているように思います。


いかがだったでしょうか?
ステッカーの裏側。

大した内容ではありませんでした。

Phosballの初期量、SeaSlugでは50%からの開始が推奨されていますが、記載はないものの販売元のブログでも1/2~1/3からの開始が推奨されているようです。
2~3週間様子を見てからの継ぎ足した方が良いみたいです。

さて、我が家ではどれくらいの量から開始しようか・・・・・
直前のNO3とPO4をみて検討したいと思いますが、PO4>0.1ppm以上で計算しなくてはいけないことは間違いないみたいです。


1月4日 NO3: 5ppm(ELOS)、PO4: 0.26ppm(HANNA) <-----BioAquaの前は0.16だったのに~~~~

関連記事
スポンサーサイト
Comment
上手くはがれましたね♪
最近のL●Sの輸入代行品のクオリティはいいとは思いますが、ここまで自画自賛されるとちょっとヒキ気味なのは私だけでしょうか^^;
高級な方のリアクタを購入されましたね.

たしかに,こんな自画自賛は逆効果ですよね..
この手の商品に手を出す人間は,それなりに情報収集してるでしょうから.
聞いたところによると,オリジナルのリアクタを売りたいがために,
ポリリアクタの出荷は止めてたらしいです.

と,人様のブログで毒吐いてみました(^^ 
失礼しました~
しかぱっち さん
注文した時には、こんなに自画自賛しているなんて知らなかったんです。
説明書きを見て化けの皮をはがしてみたくなりました。

ハナアレジー さん
高級な方ですね。 今はちょっと後悔しています。
出荷止めるくらいなら、初めから売らなきゃいいのにって思いますけどね~

毒、吐きまくってください。

Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。