HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  BioPellets  »  本日よりバイオペレット開始です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日よりバイオペレット開始です。

まだまだ、機材の記事も中途半端でもう少し書きといこともあるのですが、あす以降に紹介しましょう。

何はともあれ、今朝からSeaSlug Phosballsまわし始めました。



昨日より、通水。
丸一日、漏水がないことを確認し下準備していたペレットを入れました。


いまさらですが、わたくしがバイオペレットを始めたきっかけは?

リン酸吸着剤の交換回数を減らして、吸着剤にかかる経費を削減したい!!
という非常にせこい理由です。


これがVertexではなくSeaSlugを選択した理由でもあります。
そもそもこんなきれいにサンゴを色揚げしようなどという大それたことは考えておりません。

そこそこ、栄養塩が減少したらレポートもやめてしまうかもしれませんのであらかじめご了承を。
現時点では、Zeo Systemのように、次から次へ添加剤を追加することも予定していません。ただ、添加しないことを公約しているわけでもありませんが・・・・・


とりあえず、今朝の水質です。

比重:1.026
pH:8.1
NO2:0
NO3:2.5-5
PO4:0.23
KH:7
Mg:1360
Denitrator:43drops/15sec
CO2: 1/5sec

PO4が0.1ppm以上の富栄養環境なので、規定通りいれるとPhosballs: 500ml。
(水槽の全水量は、計算上はもう少し多いのですが、少々少なめに見積もって500Lとしています。)

初期量は以前の記事のごとくSeaSlugでは規定量の50%、LSSでは1/3、今回Phosballsを購入したショップサ珊瑚堂でも25%を勧められました。

11010902.jpg 
125mlのつもりで入れましたが、計量してみると約150ml。
規定量の30%からの開始です。
海水に漬けこんでいましたが、Charmのシロタマと違い乾燥状態の容量とほとんど変わりませんでした。


上の動画は、1時間程度回した後の状態です。
まだ、最適な流量がわかりませんが、ポンプの出力には余力があるので、この倍くらいの流量まで増やせそうです。

試験的にMAXまで流量をあげてみましたが、ペレットが舞い上がるようなことはありませんでした。
動画を見るとわかると思いますが、底の部分で外側から内側に向かう渦のような流れが発生しておりペレットはその渦の中らグルグル回っているように見えます。

流量を増やすと渦の半径が大きくますが、ペレットが舞い上がることもありませんでした。


目標
  • NO3 = 0 ppm
  • PO4 = 0 ppm

できる範囲で、マメに計測したいと思います。


で、バイオペレットを回し始めてみて変わったことは?
ペレットが原因ではないのですが、ある物を追加したらスキマーの泡立ちが悪くなったというか、非常に泡切れが良くなってスキマーの泡があふれなくなってしまいました。




関連記事
スポンサーサイト
Comment
おー!とうとう始まり、始まりですね(°∀°)b 経過が楽しみですね
ひで さん
どうなってしまうのかは?です。
うまくいくといいのですが・・・
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。