HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  BioPellets  »  SeaSlug Phosballs Part II ~下拵え編~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SeaSlug Phosballs Part II ~下拵え編~

あと数日~数週間、延々とペレットネタが続くと思います。
自分自身が飽きてきました。

ペレットは順調に回っていますが、スキマーの泡が立ちません。

このままでもいいのだろうか?
ちょっと様子見状態です。


昨日の記事を書いてしまうと、何を書いてもいまさら感が強くなってブログのテンションが激落ちします。
が、今日はお休みにも関わらず朝から目が覚めているので、とりあえず更新。

昨日入れたペレットですが、いきなり入れたのではなく数日前から下ごしらえをしてありました。

まずは、ペレット実物
11010402.jpg 
これと開封すると中からこんな粒々が。

11011007.jpg 
まさしく、これがペレット。

実物は?
大きさ、粒の形、硬さなどなど、だいたい想像通りで大した驚きなし。


11011006.jpg 
スケールが見にくいと思いますが、ご勘弁を。
大きさは結構不揃い、わざとかな?


1袋250mlの容量は?
11011004.jpg 
ほぼ250ml。
ほとんどおまけもないですね。
絶対に250ml以下にならず、多過ぎずって感じの分量。


重さは?
11011005.jpg 
きっちり、200gしか入っていませんでした。
やっぱりです。

このペレットは沈むので、比重は1以上のはず。
ということは、250mlのうち、少なくとも50mlは空気です。

だいたい、粒々の固形物をmlで表示している時点で、この結果も予想していましたがそれにしても・・・
初めから200gと表示すれば良いと思うのですが、これがポーランド式か?

大小ばらばらなのも、このdead spaceを減らすための工夫だと思いますが・・・
水につけると、ふやけて容量が増えるのだろうか?
なんて、この時点では思っていました。



本題に入ります。
バイオペレットでは、リアクターへ投入する前にペレットを水に浸しておくことが推奨されています。
これにより導入直後のペレットの浮き現象を減らすことができる、そして導入後の飼育水の白濁が回避できるとされているようです。
白濁の原因が何かはわかりませんが、先日のヤドカリ屋の講習ではバクテリアの異常繁殖が指摘されていました。
あるいは、製品に付着している粉末なのかもしれません。
とりあえず、我が家では海水、それも天然海水に浸すことにしました。


ただ単に容器に入れて浸しても面白くないので、こんなものを引っ張り出して来ました。
11011003.jpg 
Yamamotch じさく りゅうどう ふぃるた~ (ドラえもん風で)

覚えている人の方も少ないでしょう。
以前にこんなものを作っています。
そのあと、落下水ではなくポンプ式に改良し、記事にしたような気もしますが見つけられません。

順調にシロタマは回っていたのですが、伊勢海老以外大した生体もいないのでいったん外してしまいました。
今回は、これを使って下ごしらえをしてみます。

小さな水槽に自作流動フィルターを入れ、とりだしたペレットをそのままドボン。
特に水洗いもしませんでした。

24時間後
11011002.jpg 
思っていたよりうまく回っていました。
動画も撮ったのですが、やめときます。
ただし、このフィルターには問題も多いのでこのまま使わなくて正解でした。

だいたい、3mmのパンチ板から漏れるペレットが多過ぎ。


回し始める時に、おまじないをしました。
11011001.jpg 
20Lそこそこの天然海水にBDを1アンプル入れておきました。
エアレーションもしていましたが、上の写真でなんとなくわかるでしょうか?

海水は思いっきり白濁していました。
これが噂の現象かもしれません。

そして、およそ48時間海水につけたのがこちら
11011008.jpg 
この製剤は、水を含んでもあまり膨らまないみたいです。
容器を移す際に何粒かはこぼれましたが、ほとんど容量が変わっていません。

どれくらい、水を吸ったのか?
この分量も計測したのですが、粒自体がぬれていて正確ではないのでやめておきます。
重さ的には数十グラム増えていただけなので、ほとんど水も吸ってないかも?

でもって、このペレットを125ml分、リアクターに投入しました。 とさ。



ところで、白濁した蕎麦湯みたいな海水。
この海水の中には、バイオダイジェストに含まれるバクテリアが炭素源を得て異常に増殖しているのでは?

これを使えば、自家製ヨーグルトのように1さじのヨーグルトで毎日ヨーグルトが食べられるようになるかも?
つまり、1アンプルのBDから大量のバクテリア製剤を作ることが可能に!!!

な、ことはないと思いますが、そのまま捨てるのももったいないので伊勢海老水槽に足し水しておきました。
エビも元気そうです。
本当ですが、真似しないでください!!。


残りの100gのペレット。
懲りもぜずBDの基材としてペットボトルで培養しています。
11011009.jpg 


ペレットにバイオフィルムが形成されるといいのですが・・・


関連記事
スポンサーサイト
Comment
私と比べたらマメに更新してると思いますが。私も今年はもう少し頑張るつもりです。ただネタがないんですよね。私も自分に欲しい次のネタがあるとすればバイオペレットですね。リンクしてるsebaeさんにも薦められました。

結果が楽しみですね。
念入りな準備ですね.
うちもPO4の方を下げたいので,Yamamotchさんの
結果を参考にさせて頂こうと思ってます.
カトキチ さん
マメに更新していますよ~ 今年になってから、毎日ですから。
ペレット逝っちゃってください。

ハナアレジー さん
参考になるような結果が出ればいいのですが・・
逆に参考にさせてい貰ってます。
頑張ります。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。