HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  BioPellets  »  SeaSlug Phosballs Part III

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SeaSlug Phosballs Part III

昨日の問題。
鋭い指摘をくれた人がおりますが

Level 1の水位でポンプを回すと何が起きるか?

こうなります。
11011201.jpg

これは、BP1600に特有の現象ではありません。
level 1の水位でポンプを回すと、ポンプがエア噛みしてリアクター内が無数の気泡で覆われ、まるでサイダー状態。

この無数の気泡がペレットに付きつつ、上昇水流が発生すると浮力を得たペレットはみ~~ンな、上のフィルターにくっつきました。

例のストッパー作っておいてよかった。 (これがオチといえば落ち)

この現象から想像すると、エアが混入するリアクターでペレットを回すのはちょっと危険かもしれません。

そろそろ、BPネタもこれでおしまいです。
ペレットの本質をもうちょっとレポートしないとですよね・・・・・
関連記事
スポンサーサイト
Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。