HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  Marine Aquarium  »  殺菌灯とバイオペレット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺菌灯とバイオペレット

最近、殺菌灯QL-40の球を交換しましたが、ところどころに変化を感じます。


一番は、スキマー。
今まで、掃除してから3日もすればスキマーの内側にはネットリ、べっとりのバクテリオフィルムが張り付いていましたが、それが無くなりました。
取れるゴミの粘調度が下がり、泡も上がりにくくなりました。
まるで、バイオペレット導入前のような状態。。
取れてるゴミの量はほとんど同じのような気もしますが、分かりません。


そして、バイオペレットリアクター。
こちらもほとんど目詰まりしなくなりました。
殺菌灯を交換する前に、リアクターの逆流防止弁を外し、流量アップを図ったのですが思ったほど目詰まりは解消されず。
流量アップだけではダメかな~と思っていた矢先、殺菌灯を交換したころからほとんど目詰まりしなくなりました。
メッシュ周囲のバクテリオフィルムができにくくなったためと考えています。


ペレットの量はほとんど変わっていないのでおそらく、殺菌灯の交換に循環海水中に浮遊する細菌が減少したものと考えています。かと言って、水質が悪化したかというとPとNは低めが維持できています。
すでに一度は立ち上がっているので、大きな影響が出なかったのかと・・・・
逆に、バイオペレット立ち上げのの際には、他のブログでも書かれているように殺菌灯をOFFにしたほうが早く立ち上がるような気がします。



そして、殺菌灯の効果を再認識しました。
悪い菌が蔓延するといやなので、今後も殺菌灯を使い続けたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト
Comment
なるほど!です。
最近スキマーの濾し取り具合が悪く、掃除したり、絞ってみたり、
いろいろ悩んでたところなんですが、
今思えばビブリオ疑惑の際に気休めで殺菌灯を交換し、
それ以降のことでした。殺菌灯って偉大ですね~
DIG さん
確実に効果がありそうですが、効果を持続しるためには、定期的に球も交換しなくていはいけないようです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。