HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  Seneye  »  Seneye Step 6

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Seneye Step 6

Step 6まで来て、もうどうでも良くなってしまったセットアップ編。
今回が最後です。

いよいよ48時間飼育水に浸しておいたslideと呼ばれるチップをdevice本体に装着します。
写真忘れました。

ここ、参考にしてください。


でもって、このパッケージに書かれたコードを入力してやっと計測可能に。
12012109.jpg

12012402.jpg
すると残り30日の表示が・・・・・・

この画面でも、sildeの交換方法をvideoで動画で確認できます。

本体は、こんな感じで、付属のキスゴムで水槽に固定
12012601.jpg
この裏面(黒い方)がセンサーです。
時々赤く光ったりしています。

で、計測開始
12012602.jpg
直後はinitalising......でしたが30分程経過したら時間が表示されていました。

12012401.jpg
表示されている日時はインターネット経由でseveye serverにdetaをアップした時間のようです。



さて、問題の計測数値ですが、
free NH4: 0.001ppm
pH: 8.3
temp.: 23.3

計測を始めて約4日経過していますが、大きな変動はありません。
アンモニアは、理想は0でしょうがずっと0.001、数値は安定はしています。
我が家にある水温計は、安物ばかりで信頼のおける温度計が一つもありませんが、クーラーのコントローラーの温度と0.3度程度の違いなので、まあ問題ないでしょう。
実際よりもやや低めかもしれません。

次は、pHです。
手持ちのpHメータでは、毎回7.9~8.1で照明が落ちた直後でも7.9の事が多く、もう少しpHを上げたいと思っていました。
今回、seneyeで計測すると、低くても8.3、高い時には8.5に到達しそうです。

バッファー入れすぎですね・・・たぶん

この時は、seneyeが8.3で、マーフィードのpHメーターでは8.1、比較する相手も安物なのでどっちが正しいのか分かりません。新しい方8seneye)を信じる事にしました。

ちなみに、水温ですがこんな感じでlogが取られています。
おおよそ毎30分に1回
12012603.jpg
マウスの矢印をグラフに合わせると、その時の計測値が表示されます。
水温は23~23.5度の間でしっかり管理されているようです。

ただ、実際には23日から記録を始めたのに・・・・
24日19:00からのデータしかありません。

確かに24日の時点では、23日分のデータがあったはずなのですが・・・・・・
1日分の記録が消えちゃいまいた。

何はともあれ、こんな感じでモニタリングが始まっています。





関連記事
スポンサーサイト
Comment
こんばんは~

私もちょっとPHの事にふれたのですが
理想のPHは8+でしょうか?
さすがに7台になると、ちょっと心配になります。
残り30日の表示がでて期間が終わると
字が見えなくなったりするのでしょうか、、、?
有田海水 さん
pH、正確なpH計が無いので、どれくらいが自分のベストなのか分かりません。
雑誌なので読む限りは、8.2~8.4がreef tankの理想だと思います。
ただ、7.9でも7.8でも飼育は可能ですし、大きな変動をさせない事が大事だと思います。

pHとアンモニアに関して、seneyeは30日で計測できなくなると思います。実際には、35日まで猶予期間があるとマニュアルに記載されています。温度と照明には期限は無いはずです。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。