HOME   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  Seneye  »  Seneyeの照度計をネタにできない訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Seneyeの照度計をネタにできない訳

Seneyeに飛びついてしまった理由の一つが照度が計測できるからです。
計測できる単位はPAR、LUX、ケルビンです。

PARとは?光合成有効放射の事らしいのですが・・・・・・・?
LUXとは?1平方メートルの面が1ルーメンの光束で照らされるときの照度の事らしいのですが・・・・・
KELVINとは?これは時々出てくるのでなんとなく

なのですが、そもそもPARとかLUXが良くわかっていません。
まあ、なんとなくケルビンくらいが計測できればいいのかな?なんて思っていたのですが・・・

にも関わらず、なぜ記事にしていなかったのか?



理由は簡単。

計測値がうまく保存できないからです。
厳密にいうと、保存したデータが閲覧できないからです。


コントロールソフトには、照明データを保存できるようなボタンがあります。
12012113.jpg
フロッピーのマークがそれ。
このボタンを押すと、押してから5秒後のデータが一応保存できます。
データに名前も付けられます。
しかし、そのデータがどこに保存してるかも分からなければ、どうやって見るかも分かりません。



で、Seneyeに問い合わせたところ。
保存したデータは、Seneye.me(サーバー)に保存されるようです。私のデータもちゃんと保存されていると返答をもらいました。ただ、そのデータの閲覧には、現在のソフトが対応していないとの事・・・・・つまり見えないと。

次回のバージョンアップで正式対応するのでそれまでは、保存したデータを見ることができません。
でも、確実にデータは保存できているから心配するなみたいな返事帰ってきました。



もう一つデータを保存する方法に、計測中のデスクトップ画面をスクリーンショットで残す方法があります。
ただし、これを一人でやるのは大変です。
センサーは、水中で計測することが前提になっています。
片手を水槽に突っ込んだまま、PCのFn+Ctrl+Print Screenの三つのキーを同時に押すのは至難の業です。
下手したらPCが海水まみれになって・・・・・・・怖くてできません。
これを実行するには、どうしても大人の手がもう1本必要なのですが、ここはちょっとした家庭の事情が・・・


というわけで、seneyeのdeviceを水面に水平に保持しながら測定値を確認することができないので記事にできてません。
ちなみに
12012113.jpg
虹色のラインは、計測値ではなくて、理想値?のようです。
グラフ内のグレーのラインが計測値の様です。
ケルビンの枠が黄色ですが、測定値によって色が変わるようですが、いまいち確信がありません。

先日のSeneyeへの問い合わせでは、次回のバージョンアップではLED照明用のモジュールが追加されるとの事です。


家庭の事情が許せば、測定値を記事にしてみたいと思っていますが・・・・・

関連記事
スポンサーサイト
Comment
こんにちは!

seneyeは今からのコントローラーってとこなんでしょうか?
でもどんどん新機能、バージョンアップされてるなら
今後に期待して良いのでしょうか?

でもYamamotchさんが苦戦されてるようなら
ちょっと私には無理かも、、、
有田海水 さん
Aquatronicaとの大きな違いはコントロール機能が全くなくただのモニターと言う点です。使い方はとっても簡単ですよ。
ただ、製品としての完成度はイマイチだと思います。
今後バージョンアップして機能が充実するといっても、計測できるパラメーターが増えていくという事だと思います。

苦戦も何も、戦って良くなるものでもなさそうなのであきらめてます。
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。