HOME   »  アクアテラリウム
Category | アクアテラリウム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メダカが・・・・・

テラリウムを設置して1か月が経過しました。

10120805.jpg
地上部分は順調に成長しており

10120804.jpg
流木の上に敷いたリシアも水上葉に

10120803.jpg
南米ジャイアントモスも流木に活着しなんとなくいい雰囲気になってきました。

10120802.jpg
水中部分。
キューバパールは、枯れてこそいませんが、あまり増えている感じではありません。
徐々に減退している様な感じ?

生体は、ビーシュリンプとメダカを入れています。

10120801.jpg
ずっと順調に思われましたが、先週末からメダカが・・・・・

1匹、また1匹と、1日に1匹ずつ死んでしまいました。
5匹、4匹と2回に分けて、合計9匹いたのですが、とうとう最後の1匹になってしまいました。
何でも東天光とういう、そこそこ高級なメダカだったのに・・・・・泣


いったい何が起きているのでしょうか?


その間、特別なことはしていませんが、ビーシュリンプを追加(現在9匹)したこと。
CO2ボンベの更新と同時に、CO2の添加量を増やしました。

ろくに水替えはしていません。
海水水槽に添加しているバイオダイジェストを1滴だけ入れてあげました。


ここ最近の冷え込みによる水温低下が原因と思いましたが、そうでもないみたい。
ビーシュリンプたちは元気そうなので、水質でもなさそう。


あとは、酸欠?
流木からの水滴がポタポタしているし、水流は空気に触れている。
しかも、水草が酸素を出していると思いブクブクはしていませんでした。


ブクブクを初めて3日経過。
最後の1匹は、今のところ大丈夫のようですが・・・・・


霧発生装置とか炭酸ガスって酸欠になりやすのかな~?
それとも別の要因だろうか?

苔採取

タイトルの苔。
苔は苔でも、水槽内にはびこる藻ではありません。


伊豆の三島という土地は、西に30分車を走らせれば駿河湾、東に30分いけば箱根の山々があり非常に自然(ただの田舎)に恵まれています。
今回は、テラリウムを立ち上げたこともあり、山側に行ってきました。

そこで採取してきたのがこちら
10111604.jpg
乾いた岩の上に生えているものを取ってきました。



10111601.jpg
ガジュマルの左側、黒い岩の上にウィローモスを貼っているのですがなかなか増えてくれないので、ここに苔を張りました。


10111602.jpg
置いたばかりは、写真のように干からびた苔も30分もしないうちに瑞々しさを回復します。

10111603.jpg



そして、現在の状態がこちら (正面)
10111606.jpg

10111607.jpg   10111605.jpg

完成しそうで、完成しない。

今日はテラネタ

週末、テラに植物を追加しました。
10110901.jpg
ホームセンターハイドロカルチャーコーナーで入手。
ガジュマルとアスパラガス。

二つ合わせても諭吉でおつり。英世でおつり。
ほんとテラリウムは財布にやさしい。


どっぷりはまり始めたテラリウムですが水中部分はこんな感じ
10110902.jpg
キューバパールグラスなる水草を植え込みました。
水草の植え込みは結構難しかった。

はじめは、もうちょっと子株に分けて植えようとしましたが、ことごとく失敗し、この大きさになりました。
うまく育つといいのですが・・・・・


ちなみに、リアクターのミドポンからガスを分岐、今は使っていない電磁弁と一緒に使っています。
10110903.jpg
現在、2秒にⅠ発程度。

ところが、このテラリウムのpHを測ったら、8.7と結構アルカリ。
海水よりアルカリがきついのでびっくりしました。

ソイルの袋には弱アルカリを保つって書いてあったけど・・・・
流木にアク抜き剤を使いましたが、そのアルカリ成分が十分抜けていなかったかもしれません?
 
そのまま、放置しているけど水替えしたほうがいいのかな?


やっぱり植物相手だと生きるか死ぬかの緊迫感がありません。

昨日はテラ

ここ最近、アクアテラリウムなるものに興味がわいてきました。
Reef Aquariumをうたうこのブログですが、たまにはこんな記事もいかがでしょう。


Marine Aquaにどっぷりつかっておりますが、ちゃんとした淡水の水槽を立ち上げたことがありません。
この夏、金魚すくいの金魚は1週間しか飼えませんでした。


何かと大変といわれる海水魚飼育。
その中でも難しいといわれるミドリイシまで手をだしている人間が、キンギョ1匹飼えていないのはいかがなものか?
世の中のSPS keeperの名誉のためにも・・・・・・・・・・・・・????


なんて、大それたことは考えていませんが、初めて淡水水槽を立ち上げてみました。
ネットで情報収集の後、先週からいろいろと機材の収集、

まずは水槽
10110406.jpg
41x25x38cmとちょっと変わった大きさのテトラの水槽。
設置場所が限定(奥行25㎝まで)のため、その制限の中で大きめの水槽を選択。


中身
10110404.jpg

10110405.jpg
流木と岩
拾ってきてもよかったのですが、一応今回はちゃんとした商品を買いました。

ライブロックを買ったと思えば、ずいぶん安い。


初めて使う底面フィルター
10110407.jpg
これがいいか悪いかは別にして、初心者が始めるテラリウムの王道みたい。
塩ビパイプは別ものです。


海水魚飼育で得たノウハウをフルにつぎ込んで、、、、、???
ソイルを入れて岩組。
昨日まで、普通の水道水で空回し。
写真はありません。



その間、流木のアク抜きをしていました。
アク抜きといっても実質3日間。
変えた水の色は若干茶色になったけど・・・・・
写真はありません。



本当は、1週間程度水に浸しておいた方がいいみたいです。
ただ、私の場合、その1週間が辛抱できませんでした。

日、月はアク抜き剤を入れた水に浸しました。
火曜日から、浄水器を通したRO水に24時間。
これで終了してしまいました。


流木を組んで、水回りのチューブを設置。
モス、苔、シダ系を植栽したら、こんな感じになりました。

まずは、遠目から
10110401.jpg


ちょっと近寄って
10110402.jpg


お気に入りです
10110403.jpg
釣り爺さん。


水中の水草は、これからですが上物サンゴ1、2個の予算と休日1日でこんな感じです。
ほとんど、出来上がりでもいいくらいに出来上がってしまいました。


水槽が小さいためか?
やっぱ海水に比べたら何かとお手軽でした。
今のところ魚も入っていないし、アクアリウムというより盆栽の延長みたいな感じです。



テラリウムカテゴリーも作ったので、こっちのネタも時々アップします。



Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。