HOME   »  三島情報
Category | 三島情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tokyo Rusk

東京ラスクなるお菓子をご存じでしょか?
東京駅で良く見かける東京土産です。

東京土産の東京ラスク、実は伊豆で作ってるんですね。

12081502.jpg
何とこの建物、昔の町役場です。

先日、記事にした足湯Cafeのすぐ近くですが、工場の隣は売店になっています。
無料でコーヒーとオレンジジュースがふるまわれておりました。

12081501.jpg

伊豆限定わさびラスクなんてものが売られていたような・・・・
お店の2階で、なぜか卓球もできます。


夏休み限定、伊豆観光情報もそろそろネタがつきました。
次からは通常のアクアネタに戻ります。

夏休みの記録

今年も恒例の花火大会に行ってきました。



フィナーレです。
動画を撮っていたために、いまいちの迫力になってしまいました。

そして、週末には八景島
サンゴ礁は家の水槽の方がすごいね。と家族からお墨付きをもらいました。



ジンベイの泳ぎはプール内でも雄大でした。


足湯カフェ

昨日に続き、伊豆らしくない景色を。

12080901.jpg 

12080902.jpg 
森の中のテラス

このテラス、川沿いにあります。
12080903.jpg 
すぐ隣には小さな滝も流れていて、マイナスイオンたっぷり。
ヒグラシが鳴いていてリゾート気分を掻き立てます。


この公園、足湯カフェが有名なパン屋さんの隣にあります。
12080906.jpg 

伊豆にはいたるところに足湯がありますが、他人の足を洗ったお湯に自分の足をつけることに非常に抵抗のあるYamamotchはほとんど浸かったことがありません。

12080904.jpg 

が、もしかしたらここのは気持ちいいかも?
なんて思ったりして入れてしまいました。

12080905.jpg 

パンとコーヒーはおいしかったです。
ただ、やっぱり足湯は・・・・・・・・・

リゾート気分堪能できます。

ワイナリー

伊豆半島のど真ん中にワイナリーがあるのをご存知でしょうか?

中伊豆ワイナリー 

ずっと前からあったのですが、いまさらながらに行ってきました。

12080801.jpg 
立派なシャトーがあります。
中では無料試飲コーナーあり。
有料コーナーもありましたから、おいしいワインは有料かも?

バルコニーからは、伊豆とは思えない景色
12080803.jpg 
何度もドラマの撮影に使われているので、見覚えのある方も?

伊豆の山を証明するのかこの写真
12080802.jpg
眼下に広がるブドウ畑の向こうに富士山。

同じ敷地内に、宿泊施設、日帰り温泉もあるようです。
確か今週末は貸切で、不可だったような・・・・確認してください。

岳南鉄道

ハタタテハゼは、3匹は確認できます。
やっと泳ぎが見られるようになりました。先住魚たちの攻撃も落ち着いてきたいので、今らなもう少し増やせるかも・・・

ひれながはぎをみかけない・・・・


今日からやっと夏季休暇。
盆休みはありません。

しばらくは、アクアからはなれて伊豆ネタで行きます。


鉄オタなら知っている。
そうでなければ、多分知らないローカル線。

岳南鉄道

私は決してオタではありませんが、子供たちに付き合って乗ってきました。

始発駅の吉原駅
12080701.jpg 
単行です。

12080702.jpg
車両庫もノスタルジー だぜ~~
きっと雨漏りしているでしょう・・・・

12080703.jpg 
ポイントも手動?
ジオラマでしか見ないようなポイントでそそられます。

12080704.jpg 
脇にはこんな電車が展示?されていたりして・・
言い訳ですが、こんな記事を書いているYamamotchは撮り鉄でも乗り鉄でもありません。


乗ってみると、いい味の電車です。
昭和の雰囲気いっぱいの単行列車が、製紙工場の近代的プラントの隙間を通り抜ける風景はなかなか。


廃線候補ですからとっても不便ですが、皆様も一度いかがでしょう。
Profile

Yamamotch

Author:Yamamotch

FC2 counter
Category
Recent artcles & comments
Site:1.023world
Reef Ring
List Rank
<5 < > 5>
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ サンゴへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三島情報へ
Links
カウントダウン

ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。